ゴルフギアの口コミサイト     「間違わないゴルフ用品選び」で楽しいゴルフライフを!

【試打&評価】テーラーメイド ステルス2 ドライバー/1年で大きく進化

TaylorMade(テーラーメイド) Stealth2(ステルス2) ドライバーを2日間じっくりと練習場で試打して弾道を測定した後に、ゴルフ場で3ラウンド使用しました。

実際にゴルフ場で打ってみると、気持ちよくぶっ飛んで、芯を外しても大きなミスになりませんでした。
カーボンフェースを初導入した前作(STEALTH ドライバー)には粗っぽさがありましたが、見事に改善されていることが体感出来ました。また、ディスタンス系のボールとの相性が良くて、音も打感も気持ちよかったです。

計測データを検証すると、オフセンターでもサイドスピンが少ないから方向のブレが少なくて、安定した飛距離になり、ミスに強いことが確認出来ました。

「球の上がりやすさ」と「つかまり」が1段階進化。よりやさしくなって、ユーザー層のハードルが下がった印象が強いです。

どんなクラブなのか、トラックマンで計測したデータと実際にゴルフ場で使用した体験をもとに、その評価と感想を項目別に解りやすくレビューします。


最新モデルの評価

【試打&評価】テーラーメイド Qi10 ドライバー/低スピンとやさしさが両立された



試打クラブのスペック

TaylorMade(テーラーメイド)
Stealth2(ステルス2) ドライバー
/2023年2月発売モデル
【ロフト】
・9°
・10.5°
【シャフト/価格】
・TENSEI RED TM50 (’22) (S)(SR)中調子/¥93,500(税込)
・Tour AD CQ-6 (S)先中調子/¥113,300(税込)
・SPEEDER NX GREEN 60 (S)中調子/¥113,300(税込)
・Diamana GT 60 (S)中元調子/¥113,300(税込)

【弾道測定の環境】 東京都内の練習場 晴れ 最高気温 14.5℃
【使用したゴルフ場】千葉県内、埼玉県内のコース
テーラーメイド ステルス2ドライバー の外観

関連記事
【試打&評価】ステルス2 +プラス ドライバー/振った分だけボールにパワーが伝わる
【試打&評価】ステルス2 HD ドライバー/自然にハイドローが打てる

試打を体験した率直な感想は

この3項目が最大のお勧めポイント

  • 安定感が1割ぐらい増した
  • 球が上がりやすくなった
  • プッシュが出にくくなった
nao1
Nao
試打したら前作(STEALTH ドライバー)はもう使えないかも。全然違いますよ。メッチャ打ちやすくなってます。1年でこれだけの改善が行われるとは、驚きました。

気になった点もあります

  • 前作と同じオリジナルカーボンシャフト
nao1
Nao
テーラーメイドとしては珍しい、前作(STEALTH ドライバー2022)と同じシャフトです。高い買い物だけに、カラーリングだけでもいいので、新鮮味が欲しかったですね。買い替えた時の気分の問題ですが、、、、。性能的には全く問題ありません。

今ならクーポンあります!

【GOLF5】ステルス2シリーズ・ドライバーの激安価格をチェック!

ステルス2 ドライバー の評価【9.4/10】

【構えやすさ】9.5

一目で新作と分かるクラウン。光沢があります。ゴルフ場で使用すると、太陽光線の反射は全然気になりませんでした。
外枠のレッドのラインもなかなか構えやすい。
前作同様に洋梨系の美しい顔です。

テーラーメイド ステルス2ドライバー を構えた時のクラウンの見え方

明るさが増した赤いフェースのおかげで、ロフト角が大きく見えて、安心して構えられました。

【飛距離性能】10.0

試打1日目にTENSEI RED TM50 (’22) (S)を使用して、43m/sぐらいで振った時の平均的な測定値です。

高いミート率でぶっ飛びました。
ヘッドスピードを頑張らなくても高初速になります。

テーラーメイド ステルス2ドライバー の飛距離を計測したデータ


下記の表は、2日目に SPEEDER NX GREEN 60 (S)シャフトを装着して、トラックマンで20球測定した平均値です。(レンジボール使用)

ステルス2 ドライバー10.5°×SPEEDER NX GREEN 60 (S)
ヘッドスピード45.9m/s
ボール初速67.9m/s
キャリー253.0y
トータル269.6y
打ち出し角14.3°
バックスピン2,515rpm
ミート率(SMASH FAC.)1.48
試打データから解った事は
①オフセンターでもよく飛ぶ
②10.5°は弾道が高い
③スピン量は平均よりも少なめ
④ミート率が高い
⑤高初速で、高い飛距離性能がある

【弾道の高さ】9.0

平均よりも少し低スピンだが、ある程度のスピン量はちゃんと確保され、前作のようなドロップのミスが出ませんでした。
ソール後方に25gのタングステンバックウェイトが搭載された。後ろから押し込みながら安定した高弾道になります。

テーラーメイド ステルス2ドライバー のソールの後方のタングステンウエイト

持ち球の弾道が高くて、平均レベルのヘッドスピードがあれば、9°を選んだ方が効率よく飛ぶでしょう。

【つかまり】9.0

少し重心距離が短くなった印象が強いです。ドローヒッターは前モデルよりもドローが打ちやすくなったでしょう。
想定外のプッシュが1発も出ませんでした。

【操作性】8.0

直進性がスゴイです。
小幅な範囲なら安心して操作できますが、安定感優先です。

【打感】9.5

よくたわんで軽快に弾き返す。音も打感も相変わらず心地いい。
ディスタンス系のボールとの相性が良くて、音も打感も気持ちよかったです。オフセンターでも悪くない。

【やさしさ】9.0

カーボンフェースを初導入した前作(STEALTH ドライバー)には初導入なりの粗っぽさがあったんだなって、こうして新作と打ち比べると、リアルに体感出来ました。

「球の上がりやすさ」と「つかまり」は1段階アップしてます。

高く上がったり、上がらなかったり、
つかまったり、つかまらなかったり、
のブレが大きく軽減されていました。

オフセンターでもぶっ飛んで、叩いてもサイドスピンが少ないから曲がりません。
左右がOBの、嫌な予感がするティーショットでも、安心できました。
買い替える人は、慣れる必要がないし、同じ打ち方でミスの軽減が体感出来るでしょう。
去年買って失敗した人は、今度は大丈夫かもしれません。

たった一年でこれだけ中身が改良されたことにビックリしました。


今ならクーポンあります!

【GOLF5】ステルス2シリーズ・ドライバーの激安価格をチェック!

【総合評価】9.4/10

【総合評価 9.4】
構えやすさ  9.5
飛距離  10.0
弾道の高さ  9.0
つかまり  9.0
操作性 8.0
打感 9.5
やさしさ  9.0

nao2
Nao
難しさは全然感じません。ターゲット層の裾(すそ)が広がった印象です。

『ステルス2』シリーズがクリアランス価格に!【公式サイト】
icon

ステルス2ドライバー の口コミ

私と一緒に試打を体験したゴルファーの意見や感想も参考にしてください。

「打ちやすくなった」

ミスに強くて曲がりませんね。プッシュ気味にヒットしても持ちこたえてくれます。なんとなく前作よりも打ちやすくなったような気がします。

《T.Tさん(40代) ゴルフ歴10年,スコア90〜99,39m/s,フェード系 サラリーマン・月2ゴルファー》

「高弾道のナチュラルドローに」

普通に打つだけで高弾道のナチュラルドローになります。スピン量が少し増えて丁度いい感じに上がってくれます。SPEEDER NX GREEN 60 (S)の9°が欲しいです。

《KUNIさん(50代) ゴルフ歴27年,HDCP12,44m/s,ドロー系 夢はシングルのメタボ・ゴルファー》

「やさしくなった」

頑張らなくても球が上がるし、つかまえようと意識しなくてもしっかりつかまります。平均ぐらいのヘッドスピードの人にはやさしくなったと感じるかもしれません。

《RYOJIさん(50代) ゴルフ歴40年,HDCP3,48m/s,フェード系  学生時代はキャプテン。クラチャンは2位が最高。》

シャフトは4種類・レフティは

標準シャフトは4種類。
レフティモデル(左利き用)もちゃんと用意されています。

【オリジナルカーボン・シャフト】

  • TENSEI RED TM50 (’22) (S)(SR)(R)中調子/45.75インチ

よくしなり暴れずに戻ってくれる。タイミングが合わせやすくてつかまります。
(S)で41〜44m/s、(SR)で39〜42m/sぐらい。

【アフターマーケット・シャフト】

  • Tour AD CQ-6 (S)先中調子/45.25インチ
  • SPEEDER NX GREEN 60 (S)中調子/45.25インチ
  • Diamana GT 60 (S)中元調子/45.25インチ

シャフトのみ(スリーブ付き)の購入はこちら。


オススメしたいゴルファーは

こんな人にメリットがあります

  • 操作性よりも安定感を優先にしたい
  • 弾道のバラツキを減らしたい
  • ある程度のスピンが掛かって欲しい
  • 高い弾道を打ちたい
  • ヘッドスピードは極端に遅くはない

デメリットもあります

  • 球が高い人はロフト選びを注意した方がい
  • やさしくなったが、初級レベルの人には難しい

シャフトもグリップも豊富なバリエーションから選べます。
テーラーメイド ステルス2 ドライバー のカスタムはUSモデルが絶対にオススメ。


比較対象となるモデルは

競合するモデルが多いですが、この2モデルがよく似た性能です。

  1. キャロウェイ パラダイム ドライバー
  2. ピン G430 MAX ドライバー

前作との違い・進化した点

  • 前作(ステルス ドライバー)には粗っぽさがあったが、着弾点のブレが改善された。
  • クラウン部分が光沢仕上げに変更された
  • 「球の上がりやすさ」と「つかまり」がアップしている

商品情報 (スペック)

メーカーTaylorMade (テーラーメイド)
商品名STEALTH2(ステルス2) ドライバー
ロフト・9°
・10.5°
・12°
ライ角(調節可能範囲)56°(STD)-60°(UPRT)
体積460cm3
ヘッド素材 / フェース素材チタンフレームボディ [9-1-1 ti] + 6層カーボンクラウン + 9層カーボンソール + 特殊強化カーボンコンポジットリング + フロントTSSウェイト / 新60層カーボンツイストフェース + PUカバー
グリップ

Lamkin Crossline 360 Black/Red CP (径60)
・オリジナルカーボン:42g
・アフターマーケット:47.5g

シャフト/長さ/価格
  • TENSEI RED TM50 (’22) (S)(SR)中調子/45.75インチ/¥93,500(税込)
  • Tour AD CQ-6 (S)先中調子/45.25インチ/¥113,300(税込)
  • SPEEDER NX GREEN 60 (S)中調子/45.25インチ/¥113,300(税込)
  • Diamana GT 60 (S)中元調子/45.25インチ/¥113,300(税込)
nao2
Nao
12°は全シャフトがカスタム対応です。オリジナルカーボンの9°の(SR)(R)もカスタムのみになります。専用トルクレンチは別売りになりました。


まとめ

テーラーメイド ステルス2 ドライバーを試打した計測データと実際にゴルフ場で使用した体験をもとに、その評価をレビューしました。

実際にゴルフ場で打ってみると、オフセンターでも気持ちよくぶっ飛んで、叩いてもサイドスピンが少ないから曲がりませんでした。音も打感も気持ちよかったです。

計測データを検証すると、方向のブレが少なくて、安定した飛距離になり、ミスに強いことが確認出来ました。

「球の上がりやすさ」と「つかまり」が1段階進化。
よりやさしくなって、ユーザー層のハードルが下がった印象が強かったです。


今ならクーポンあります!

【GOLF5】ステルス2シリーズ・ドライバーの激安価格をチェック!