ゴルフギアの口コミサイト     「間違わないゴルフ用品選び」で楽しいゴルフライフを!

【試打&評価】テーラーメイド Qi10 ドライバー/低スピンとやさしさが両立された

TaylorMade(テーラーメイド) Qi10 ドライバーを2日間かけてじっくりと試打しました。

打った球筋を見ると抜群の安定感。曲がる気配が全然ありません。
高弾道、低スピン、高初速、で爽快にぶっ飛びます。

計測データを検証すると、低スピンと高慣性モーメントの対極的な性能が両立されています。
スピンは減らしたい、でも、直進性は欲しい。高さとつかまりも欲しい。そんな要求を満たしてくれます。

やさしいだけじゃなく、つかまり過ぎや上がり過ぎを懸念せず振り抜ける。ドロップするような手強さもない。
前作(STEALTH2 ドライバー)よりも弾道の統一感が一枚上がった印象です。

どんなクラブなのか、実際に2日間打った体験とトラックマンで計測したデータをもとに、その評価と感想を項目別に解りやすくレビューします。



試打クラブのスペック

TaylorMade(テーラーメイド)
Qi10 ドライバー
/2024年2月発売モデル
【ロフト】
・9°
・10.5°
【シャフト/価格】
・Diamana BLUE TM50 (S)(SR)中調子/¥95,700(税込)
・Tour AD VF-6 (S)中元調子/¥108,900(税込)

【弾道測定の環境】 東京都内インドアスタジオ&ゴルフ練習場 晴れ 最高気温 14℃

Qi10ドライバーの外観


兄弟モデルの評価

【試打&評価】Qi10 LS ドライバー/叩いた時のミスが出にくくなった
【試打&評価】Qi10 MAX ドライバー/キャリーでぶっ飛ぶ

試打を体験した率直な感想は

この3項目が最大のお勧めポイント

  • オフセンターのロスが少ない
  • 直進性が素晴らしい
  • 低スピンなのにやさしい
nao1
Nao
Qi10シリーズ3兄弟のちょうど中間の味付けになっています。やさしく強弾道が打てますよ。

気になった点もあります

  • ややハードなシャフトバリエーション
nao1
Nao
吊るしのアフターマーケットシャフトはすべて60g台です。50g台も欲しいところですね。

カスタムはUSモデルがおすすめです!
数十種類の豊富なシャフト。

テーラーメイド Qi10シリーズ のカスタムが簡単にオーダーできる!


Qi10 ドライバー の評価【9.5/10】

【構えやすさ】9.5

クラウンが後方に伸びたが、ブラックに統一され、むしろコンパクトになったような印象を受ける。
癖のないすっきりとした丸形で、構えやすい顔です。

Qi10ドライバーのクラウン形状

 

【飛距離性能】10.0

試打1日目にDiamana BLUE TM50 (S)を使用して、43m/sぐらいで振った時の平均的な測定値です。

叩いても球が暴れません。ミスに寛容で、平均的にぶっ飛びました。

Qi10ドライバーの飛距離を測定したデータ


下記の表は、試打の2日目に Tour AD VF-6(S)シャフトを装着して、トラックマンで15球測定した平均値です。

Qi10ドライバー9°×Tour AD VF-6(S)
ヘッドスピード45.8m/s
ボール初速67.2m/s
キャリー253.0y
トータル269.8y
打ち出し角13.3°
バックスピン2,595rpm
ミート率(SMASH FAC.)1.47

試打データから解った事

①オフセンターのロスが少ない
②出球の方向と高さに安定感がある
③低スピンなのに球が上がりやすい
④インパクトでフェースがスクエアに戻りやすい
⑤初速が速くてぶっ飛ぶ

低スピンの高弾道で距離が稼げます。


【4/7まで】¥3,980から試せるTRY SHOTキャンペーン
テーラーメイド Qi10 ドライバー が安く購入できる。

【弾道の高さ】9.5

高弾道です。ドロップするような手強さはありません。
9°と10.5°を打ったが、それぞれのロフトが0.5度ずつぐらい大きく感じる。
球の高さの割にスピン量が少ない。
上空でグイグイ伸びてくれます。

【つかまり】9.0

プッシュはほとんど出ません。基本的にストレートバイアス。
お尻が重たいのに、フェースが開かない。ここが最も気に入った点です。
ちゃんとフェースがスクエアに戻りながらインパクトを迎えてくれます。

【操作性】8.0

小幅な範囲なら安心して操作できますが、直進性優先です。

【打感】9.5

軽快な弾きが実に心地いい。ぶっ飛びの満足度が感じられる打感と打音。オフセンターでも悪くない。

【やさしさ】9.0

通常低スピンのドライバーは、球が上がりにくく、曲がりやすく、方向のバラツキが多い。
スピンがかかると、球が上がり、左右に曲がりにくく、方向性がいい。でも飛距離がロスする。

このもどかしい2つの要素を両立させています。
低スピンなのに上がりやすくて曲がりにくい。そしてよく飛ぶ。

よくつかまり、よく上がり、オフセンターでの失速しない。つかまり過ぎも起こらない。吹け上がりも心配ない。
狭いホールのアゲンストでも安心できます。
「低スピン」なのに「やさしい」から飛んで曲がりません。低スピンと高慣性モーメントの対極的な性能が両立されています。
こういう味付けが欲しかったと思うアスリートが多いでしょう。

【総合評価】9.5/10

【総合評価 9.5】
構えやすさ  9.5
飛距離  10.0
弾道の高さ  9.5
つかまり  9.0
操作性 8.0
打感 9.5
やさしさ  9.0

nao2
Nao
LSとMAXの中間の存在ですが、ややMAX寄りに位置していますよ。

Qi10ドライバー の口コミ

私と一緒に試打を体験したゴルファーの意見や感想も参考にしてください。

「高弾道でよく飛ぶ」

オリジナルカーボンの(SR)の10.5°がピッタリでした。高弾道でよく飛びます。ミスに強いですね。

《T.Tさん(40代) ゴルフ歴10年,スコア90〜99,39m/s,フェード系 サラリーマン・月2ゴルファー》

「ドローが打ちやすい」

よくつかまりますね。ドローが打ちやすいです。弾道は少し高いです。

《KUNIさん(50代) ゴルフ歴27年,HDCP12,44m/s,ドロー系 夢はシングルのメタボ・ゴルファー》

「優等生です」

叩いてもスピンが増えないので飛距離の安定感がありますね。欠点がなくて、誰でも打ちやすい優等生って感じです。

《RYOJIさん(50代) ゴルフ歴40年,HDCP3,48m/s,フェード系  学生時代はキャプテン。クラチャンは2位が最高。》

【テーラーメイド公式サイト】Qi10 ドライバーがお値打ちです
icon

標準シャフトは・レフティは

標準シャフトは4種類。

レフティモデル(左利き用)も用意されています。
(※10.5°×Diamana BLUE TM50(S,SR,S)、9°×Diamana BLUE TM50(S)以外のレフティは受注生産になります。)

【標準シャフト】

  • Diamana BLUE TM50(S, SR, R) 中調子
  • Tour AD VF-6(S) 中元調子
  • SPEEDER NX BLACK 60(S) 先中調子
  • Diamana WB 63(S) 元調子

オリジナルカーボンシャフトの印象は、

オリジナルカーボンシャフトのDiamana BLUE TM50は、コンタクトしやすくてよくつかまる。重量感があり、オンプレーンに乗せやすい。
(S)で42〜45m/s、(SR)で39〜42m/sぐらい。


Qi10 のデザイナーシリーズ
ヘッドのカラーが変更できる。
テーラーメイド Qi10 ドライバーの自由なカスタムをチェック!

オススメしたいゴルファーは

こんな人にメリットがあります

  • 弾道のバラツキを減らしたい
  • 低スピンで飛ばしたい
  • 高い弾道を打ちたい
  • ある程度スイングが安定している
  • ヘッドスピードは平均前後、またはそれ以上

デメリットもあります

  • 右のミスが多い人、球が上がりにくい人はMAXの方がいい
  • やさしいが、初級レベルの人には難しい
  • 非力なゴルファーには難しい

比較対象となるモデルは

競合するモデルが多いですが、この2モデルがよく似た性能です。

  1. キャロウェイ パラダイム AiスモークMAX ドライバー
  2. ピン G430 MAX 10K ドライバー

甲乙つけがたい3機種です。

ライバルはこちら

Callaway PARADYM Ai SMOKE MAX (キャロウェイ パラダイム Aiスモーク マックス)ドライバー を2日間かけてじっくりと試打しました。打った球筋を見ると、まるで、ビデオ再生のような安定感。何十発打って[…]

パラダイム AiスモークMAX ドライバーのロゴ

前作との違い・進化した点

  • 前作(STEALTH2 ドライバー)よりも飛距離と方向性の安定感がアップした
  • 弾道が揃いやすくなった
  • クラウン部分がスッキリした
  • 打感が改善された

商品情報 (スペック)

メーカーTaylorMade (テーラーメイド)
商品名Qi10 ドライバー
ロフト
  • 10.5°
  • 12°
ライ角(調節可能範囲)56°(STD)-60°(UPRT)
体積460cm3
ヘッド素材 / フェース素材チタンフレームボディ [9-1-1 ti] + インフィニティカーボンクラウン + カーボンソール + 特殊強化カーボンコンポジットリング + MOIバックウェイト(21g) + フロントTSSウェイト / 新60層カーボンツイストフェース + PUカバー
グリップ

TM Tour Velvet 360 Black/Blue CP (径60/47.5g)

シャフト/長さ/価格
  • Diamana BLUE TM50(S, SR, R) 中調子/45.5″/ ¥95,700 (税込)
  • Tour AD VF-6(S) 中元調子/45.25″/ ¥108,900 (税込)
  • SPEEDER NX BLACK 60(S) 先中調子/45.25″/ ¥106,700 (税込)
  • Diamana WB 63(S) 元調子/45.25″/ ¥106,700 (税込)
nao2
Nao
12°はカスタムのみです。Diamana BLUE TM50 の9°の(SR)(R)もカスタムのみになります。


まとめ

テーラーメイド Qi10 ドライバーを試打した計測データと実際の体験をもとに、その評価をレビューしました。

高初速の高弾道で爽快にぶっ飛び、抜群の安定感がありました。
低スピンとやさしさの対極的な性能が両立されています。
スピンは減らしたい、でも、直進性は欲しい。高さとつかまりも欲しい。
Qi10シリーズ3兄弟のスタンダードモデルは、そんな要求を満たしてくれます。


【4/7まで】¥3,980から試せるTRY SHOTキャンペーン
テーラーメイド Qi10 ドライバー が安く購入できる。