ゴルフギアの口コミサイト     「間違わないゴルフ用品選び」で楽しいゴルフライフを!

【試打&評価】テーラーメイド Qi10 MAX マックス ドライバー/キャリーでぶっ飛ぶ

TaylorMade(テーラーメイド) Qi10 MAX(マックス) ドライバーを2日間かけてじっくりと試打しました。

打った球筋を見ると、コスリ、プッシュ、スライスとは全く無縁の安定感です。
芯を外しても高弾道のキャリーでぶっ飛びます。

計測データを検証すると、初速が速くて、オフセンターのロスが少ない。
縦回転がしっかり掛かり、サイドスピンが少ない。球が捻じれず、きれいな放物線を描きます。

スライス回転はほとんど掛かりません。やさしくハイドローが打てるドローバイアスです。
前作(STEALTH2 HD ドライバー)よりも全体重量が重たくなって、さらにミートしやすくなった印象です。

どんなクラブなのか、実際に2日間打った体験とトラックマンで計測したデータをもとに、その評価と感想を項目別に解りやすくレビューします。



試打クラブのスペック

TaylorMade(テーラーメイド)
Qi10MAX ドライバー
/2024年2月発売モデル
【ロフト】
・9°
・10.5°
【シャフト/価格】
・Diamana BLUE TM50 (S)(SR)中調子/¥95,700(税込)

【弾道測定の環境】 東京都内インドアスタジオ&ゴルフ練習場 晴れ 最高気温 14℃

Qi10MAXドライバーの外観


兄弟モデルの評価

【試打&評価】Qi10 LS ドライバー/叩いた時のミスが出にくくなった
【試打&評価】Qi10 ドライバー/低スピンとやさしさが両立された

試打を体験した率直な感想は

この3項目が最大のお勧めポイント

  • オフセンターのロスが少ない
  • 右のミスが出にくい
  • 適度なスピンでキャリーが稼げる
nao1
Nao
前作(ステルス2HDドライバー)からの正常進化版です。全体的に底上げされ、ミートしやすくなった印象です。

気になった点もあります

  • 9°は(S)シャフトのみ
nao1
Nao
10.5度は結構高く上がるので、(SR)にも9°が欲しいところです。

カスタムはUSモデルがおすすめです!
数十種類の豊富なシャフト。

テーラーメイド Qi10シリーズ のカスタムオーダーが簡単です!


Qi10MAX ドライバー の評価【9.6/10】

【構えやすさ】9.5

ずいぶんクラウンが後方に伸び、シャローな形状を感じさせてくれるから、球が上がりそうな印象を受けます。ヒール側に膨らみがあり、つかまりそうな安心感もある。
安心して構えられます。

前作と同様に、スタンダードモデルと比べるとホーゼルが短い。徹底した低重心化が行われています。

Qi10MAXドライバーのクラウン形状

 

【飛距離性能】10.0

試打1日目にDiamana BLUE TM50 (S)を使用して、42~43m/sぐらいで振った時の平均的な測定値です。

ゆっくり振った方がミート率が上がります。初速が速い。
キャリー不足にならない。ビッグキャリーで飛距離アップできます。

Qi10MAXドライバーの飛距離を測定したデータ


下記の表は、試打の2日目に Diamana BLUE TM50 (S)シャフトを装着して、トラックマンで15球測定した平均値です。

Qi10MAXドライバー9°×Diamana BLUE TM50 (S)
ヘッドスピード44.4m/s
ボール初速66.3m/s
キャリー247.9y
トータル264.5y
打ち出し角13.7°
バックスピン2,820rpm
ミート率(SMASH FAC.)1.49

試打データから解った事

①オフセンターのロスが少ない
②右のミスが出にくい
③球が上がりやすい
④安定した縦回転のスピン
⑤ミート率がかなり高く、キャリーでぶっ飛ぶ

平均前後ぐらいのヘッドスピードで打つと効率よく距離が稼げます。


【4/7まで】¥3,980から試せるTRY SHOTキャンペーン
テーラーメイド Qi10 MAX ドライバー が安く購入できる。

【弾道の高さ】10.0

9°でも高弾道。持ち球が高い人が打つと10.5°は上がりすぎる感じ。
逆に、球の高さが欲しい人は10.5°なら気楽に振れるかも。

適度なスピンが球をしっかりと持ち上げてくれます。

「スピンがかかる」と言っても、「兄弟モデルと比べて」という注釈が付きます。スピンが多すぎる感じではありません。
一般アマチュアが飛ばすために丁度いいスピン量です。

【つかまり】9.5

スタンダードモデル(Qi10ドライバー)よりも2度アップライトで、しっかりターンしながら捕まえます。
コスリ、プッシュ、スライスを減らしながら高弾道のナチュラルドローです。

【操作性】7.0

安定感優先です。

【打感】9.5

後方から押し込みながら軽快に弾く感触が心地いい。オフセンターでも悪くない。

【やさしさ】9.5

シャフトが短い。
ヘッドがやや重たい。
ワッグルすると前作よりもずっしりと重たく感じる。
それがスイング軌道を安定させ、インパクト時にフェースがアドレスの位置に戻りやすくなった。
後方からズドン!とボールを押し込んでくれる圧力を感じます。

ミートしやすくて、自然に球が上がり、ナチュラルにドローが掛かりながらぶっ飛んでくれる。
力任せに振りたい人には向かないが、ゆったりスイングで、ヘッドの重みを利用して飛ばすことができる。

コスリ、プッシュ、スライスが出にくくて、初速が速くて、オフセンターのロスが少ない。
縦回転がしっかり掛かるから球が上がりやすくて左右に捻じれません。やさしくハイドローが打てるドローバイアスです。

ほとんどのアマチュアゴルファーは、スタンダードモデルよりもこちらの方が圧倒的に打ちやすいでしょう。

【総合評価】9.6/10

【総合評価 9.6】
構えやすさ  9.5
飛距離  10.0
弾道の高さ  10.0
つかまり  9.5
操作性 7.0
打感 9.5
やさしさ  9.5

nao2
Nao
強振するよりもゆっくり振った方が飛びました。力は必要ありませんよ。

Qi10マックス ドライバー の口コミ

私と一緒に試打を体験したゴルファーの意見や感想も参考にしてください。

「コスリが出ません」

球が上がりやすくて、芯で捉えやすいです。コスリが出ません。10.5°の(SR)がピッタリです。

《T.Tさん(40代) ゴルフ歴10年,スコア90〜99,39m/s,フェード系 サラリーマン・月2ゴルファー》

「前作と似ている」

ドローが掛かりやすくて、つかまり過ぎのミスも出ません。打ちやすいです。ただし、前作と違いがよく分かりませんでした。

《KUNIさん(50代) ゴルフ歴27年,HDCP12,44m/s,ドロー系 夢はシングルのメタボ・ゴルファー》

「上がりやすい」

球が上がりやすいのでやさしいです。ドローバイアスというよりも、直進性と上がりやすさが優先って感じがします。

《RYOJIさん(50代) ゴルフ歴40年,HDCP3,48m/s,フェード系  学生時代はキャプテン。クラチャンは2位が最高。》

【テーラーメイド公式サイト】Qi10 MAX ドライバー がお値打ち!icon

標準シャフトは・レフティは

標準シャフトは1種類。
レフティモデル(左利き用)も10.5°のみ用意されています。(受注生産になります。)

【標準シャフト】
・Diamana BLUE TM50(S, SR, R) 中調子

オリジナルカーボンシャフトの印象は、

オリジナルカーボンシャフトのDiamana BLUE TM50は、コンタクトしやすくてよくつかまる。重量感があり、オンプレーンに乗せやすい。
(S)で42〜45m/s、(SR)で39〜42m/sぐらい。

オススメしたいゴルファーは

こんな人にメリットがあります

  • プッシュやスライスなどの右のミスを減らしたい
  • ある程度のスピンが掛かって欲しい
  • 高い弾道を打ちたい
  • 安定感を重視する
  • ヘッドスピードは速い方ではない

デメリットもあります

  • スピン量が多い人は距離が伸びない
  • 操作は難しい

Qi10 のデザイナーシリーズ
ヘッドのカラーが変更できる。
テーラーメイド Qi10 ドライバーの自由なカスタムをチェック!


比較対象となるモデルは

競合するモデルが多いですが、この2モデルがよく似た性能です。

ドローバイアスの3モデル。標準シャフトや全体重量に違いがあります。

ライバルはこちら

Callaway PARADYM Ai SMOKE MAX D (キャロウェイ パラダイム Aiスモーク マックスD)ドライバー を2日間かけてじっくりと試打しました。打った球筋を見ると、全部ハイドロー。球の高さもドローの曲がり具合[…]

パラダイム AiスモークMAX D ドライバーの外観

前作との違い・進化した点

  • 前作(STEALTH2 HDドライバー)よりもミートしやすくなった
  • 方向性が上がった
  • クラウン部分がスッキリした
  • シャフトが0.25インチ短くなった

商品情報 (スペック)

メーカーTaylorMade (テーラーメイド)
商品名Qi10 MAX (マックス) ドライバー
ロフト
  • 10.5°
  • 12°
ライ角(調節可能範囲)58°(STD)-62°(UPRT)
体積460cm3
ヘッド素材 / フェース素材チタンフレームボディ [9-1-1 ti] + インフィニティカーボンクラウン + カーボンソール + 特殊強化カーボンコンポジットリング + MOIバックウェイト(30g) + フロントTSSウェイト / 新60層カーボンツイストフェース + PUカバー
グリップ

TM Tour Velvet 360 Black/Blue CP (径60/47.5g)

シャフト/長さ/価格Diamana BLUE TM50(S, SR, R) 中調子/45.5″/ ¥95,700 (税込)
nao2
Nao
9°の(SR)(R)はカスタムのみになります。


まとめ

テーラーメイド Qi10 MAX ドライバーを試打した計測データと実際の体験をもとに、その評価をレビューしました。

打った球筋を見ると、プッシュ、スライスが出にくくて、芯を外しても高弾道のキャリーでぶっ飛びます。
計測データを検証すると、初速が速くて、縦回転がしっかり掛かり、サイドスピンが少なくて、オフセンターのロスが少ない。
球が捻じれず、やさしくハイドローが打てます。
前作よりもミートしやすくなった印象です。


【4/7まで】¥3,980から試せるTRY SHOTキャンペーン
テーラーメイド Qi10 MAX ドライバー が安く購入できる。