ゴルフギアの口コミサイト     「間違わないゴルフ用品選び」で楽しいゴルフライフを!

【試打評価】プロギア RSX RSドライバー(2024)/丁度いいつかまりと高さでぶっ飛ばす

PRGR(プロギア) RSXシリーズ RS ドライバー 2024年モデル をじっくりと試打しました。

丁度いいつかまり具合と上がり過ぎない強弾道でぶっ飛びます。

タイミングが合わせやすいから、芯で捉えやすい。
再現性が高くて、同じような弾道に揃ってくれる。
風に強い球がやさしく打てます。

外ブラに負けないトップレベルの飛距離性能。
「日本人には日本メーカーがいい」って思わせてくれるやさしさを感じました。

やや、アスリートテイストにシフトアップされた、RSモデル。
どんなクラブなのか、実際に打った体験とトラックマンで計測したデータをもとに、その試打評価を項目別に解りやすくレビューします。



試打クラブのスペック

PRGR RSX RS DRIVER
(プロギア RSXシリーズ RSドライバー)
/2024年7月発売モデル
【ロフト】
・9.5°
・10.5°
【シャフト/価格】
・TENSEI for PRGR (S)(SR) 中元調子/¥93,500(税込)
・Diamana for PRGR (S)(SR) 中調子/¥93,500(税込)

プロギアRSXドライバーのソールデザイン


関連記事・兄弟モデルの評価

【試打評価】プロギア RSX RS MAXドライバー(2024)/ミスに寛容、素晴らしい直進性

【試打評価】プロギア RSX RS F ドライバー(2024)/叩いてもブレないから思い切って叩ける

試打を終えた率直な感想は

この3項目が最大のお勧めポイント

  • 低スピンの強弾道
  • トップクラスの飛距離性能
  • 方向性が素晴らしい
naoの吹き出し画像1
Nao
高初速の気持ちいい弾道でぶっ飛びますよ。

気になった点もあります

naoの吹き出し画像2
Nao
歴代のRSモデルと比べると、少し「F」っぽい味付けにシフトした印象です。

安い!
【GOLF5】プロギア RSXシリーズ ドライバー が早くも大幅値下げに!


RSX RSドライバー の評価【9.4/10】

【構えやすさ】9.5

アスリートっぽい雰囲気のマットブラック。
癖のないきれいな丸型です。スクエアに構えやすい顔です。

プロギアRSXドライバーを構えた時のクラウンの見え方

【飛距離性能】10.0

試打1日目に「10.5°×  Diamana FOR PRGR(S)シャフト」を使用して、43m/sぐらいで振った時の平均的な測定値です。

惚れ惚れするようなきれいなストレートの球筋。トップレベルのぶっ飛び性能です。
球が強くて、アゲンストでもよく飛びます。

プロギアRSXドライバーの飛距離を計測したデータ


下記の表は、試打の2日目に TENSEI FOR PRGR (S)シャフトを装着して、トラックマンで10球測定した平均値です。

PRGR RS X [RSドライバー]9.5°×TENSEI FOR PRGR (S)
ヘッドスピード46.5m/s
ボール初速67.9m/s
キャリー249.2y
トータル273.4y
打ち出し角13.1°
バックスピン2,229rpm
ミート率(SMASH FAC.)1.46

試打データから解った事

①オフセンターでも高初速
②サイドスピンが少ないストレート弾道
③低スピン
④再現性が高い
⑤出球の方向が安定する

オフセンターでも初速の数値が変わりません。ミスに強くて、何発打っても同じような飛距離になります。

【弾道の高さ】8.5

叩いてもけ上がらない。
9.5°は低めの弾道。10.5°は中高弾道。
スリーブで±0.75°に調節可能。

プロギアRSXドライバーの可変ウエイト


今ならクーポンでさらに大幅値引き!

【ヴィクトリアゴルフ】プロギア RSXシリーズが安い!

【つかまり】9.0

ニュートラルなつかまり具合のストレートバイアス。重心距離が長く感じるが、ターンさせればつかまります。
ライ角を+1.5°にしたら右に出なくなった。
スリーブとウエイトの変更でつかまりと高さが調節できます。

【操作性】9.5

安全な範囲で操作しやすい。

【打感】9.0

たわみよりも弾きが優先の感触だがなかなか心地いい。オフセンターでも不快になりません。

【やさしさ】9.0

直進方向に出球が出る。方向性は◎です。

つかまり過ぎず、ほど良いつかまり感。
球が上がり過ぎず、低過ぎず、風に強い球が打てる。
操作性もいい。
すべてが丁度いい感じ。

飛距離は外ブラに負けていない。
タイミングが合わせやすいから芯でヒットできる。
低スピンのモデルの中ではトップレベルのやさしさ。「日本人には日本メーカーがいい」って思わせてくれるやさしさを感じます。

ただし、初級者や、非力なゴルファーを助けてくれるような特別やさしいモデルではない。
中級以上で平均レベル以上の体力のゴルファーにはやさしくぶっ飛ばせるドライバーです。

【総合評価】9.4/10

【構えやすさ】9.5
【飛距離】10.0
【弾道の高さ】8.5
【つかまり】9.0
【操作性】9.5
【打感】9.0
【やさしさ】9.0

naoの吹き出し画像1
Nao
芯で捉えやすくて、軽く振っても初速が速いです。

オリジナルカーボンシャフトの印象は

・TENSEI for PRGR S(M-43),SR(M-40) 中元調子
中から先がしっかりして、叩いても方向がブレない。吹け上がらず、弾道が強い。
(S)で42〜47m/s、(SR)で39〜43m/sぐらい。

・Diamana for PRGR S(M-43),SR(M-40),R(M-37) 中調子
軽量で振り抜きやすくて、つかまえやすい。先が暴れないからミートしやすい。
(S)で41〜45m/s、(SR)で38〜41m/sぐらい。


安い!
【GOLF5】プロギア RSXシリーズ ドライバー が早くも大幅値下げに!


RS X [RS ドライバー]をオススメしたいゴルファーは

こんな人にメリットがあります

  • 低スピンで飛ばしたい
  • 球の高さを抑えたい
  • 中級以上
  • ヘッドスピードは平均レベル、またはそれ以上

こんな人にはデメリットも

  • 弾道が低い人
  • 非力なゴルファー
  • 初級者

プロギア RSX RS ドライバーの競合モデルは

これらのモデルが比較対象になります。

前作との違い・進化した点

・先代モデル(プロギア RS ドライバー 2022)と比較すると、ややアスリートテイストになった
・スピン量が減り弾道が強くなった
・弾道が低くなった
・可変ウエイトが1か所増えて2つになった
・シャフトバリエーションが2種類になった
・クラウン素材がカーボンからチタンに戻された

プロギア RS X RSドライバー の口コミ

時々右に出ますが、飛距離はかなりいい感じでした。

《T.Tさん(40代) HDCP25, スライス系 39m/s,》

10.5°でも球が低めで、歴代モデルよりもハードになった感じです。

《KUNIさん(50代) HDCP11, ドロー系 44m/s》

Fモデルと間違えたかなと思ったぐらい低スピンの強弾道になります。これはぶっ飛びます。

《RYOJIさん(50代) HDCP3, フェード系 48m/s》

今ならクーポンでさらに大幅値引き!
【ヴィクトリアゴルフ】プロギア RSXシリーズが安い!

商品情報 (スペック)

引用:PRGR 公式ホームページ

メーカーPRGR (プロギア)
商品名RS Xシリーズ
RSドライバー  2024年モデル
ロフト・9.5°
・10.5°
ライ角57°
フェースアングル-2.5°
体積460cm3
ヘッド素材フェース:チタン(Ti-6Al-4V)
ボディ:チタン(Ti-8Al-1V-1Mo)
ウェイト:8g(ステンレス/SUS630)、3g(チタン/Ti-6Al-4V)
製法フェース:CNC加工
ボディ:真空精密鋳造
グリップ

重量50 径59 コード無 バックライン無

長さ

45.5インチ

シャフト・TENSEI for PRGR 中元調子
S(M-43),SR(M-40)
・Diamana for PRGR 中調子
S(M-43),SR(M-40),R(M-37)
価格¥93,500(税込)
naoの吹き出し画像1
Nao
レフティモデル(左利き用)の設定はありません。別売りのウエイトが8種類(2g~12g)あります。


まとめ

プロギア RSXシリーズ RSドライバー 2024年モデルは、やや、アスリートテイストにシフトアップされて強弾道でぶっ飛びます。
つかまり過ぎず、上がり過ぎない。
タイミングが合わせやすいから、芯で捉えやすい。外ブラに負けないトップレベルの飛距離性能。
「日本人には日本メーカーがいい」って思わせてくれるやさしさを感じました。


安い!
【GOLF5】プロギア RSXシリーズ ドライバー が早くも大幅値下げに!