ゴルフギアの口コミサイト     「間違わないゴルフ用品選び」で楽しいゴルフライフを!

【試打&評価】タイトリスト T200 アイアン 2023/高さ,飛距離,寛容性,どれもスゴイ

Titleist(タイトリスト) T200 アイアン(2023年モデル)を合計4日間じっくりと練習場で試打した後に、ゴルフ場で2ラウンドしました。

練習場ではとにかく打ちやすくて、アイアンが上達したような気分になりました。
前作(T200アイアン 2021)の長所が着実に進化して、欠点が改善されています。

ゴルフ場の芝の上から打つと、「弾道の高さ」と「打点のブレに強い」のが印象的でした。
後半に疲れが出も、手前のバンカーをクリアしてくれたり、池を超えてくれたり、何度も助けられました。
左足下がりから楽に球が上がってくれたのも実感できました。

計測データを見ると、よく飛ぶだけじゃなく、球の高さと飛距離のブレ幅が少ないことが確認出来ました。

打感も改善され、外観もカッコいい。

どんなクラブなのか、トラックマンで計測したデータと実際にゴルフ場で使用した体験をもとに、その評価と感想を項目別に解りやすくレビューします。



試打クラブのスペック

Titleist(タイトリスト)
T200 アイアン
/2023年9月発売モデル
【番手/ロフト】
5番~PW
【シャフト】
・N.S.PRO 105T(S) 先中調子
・N.S.PRO 880 AMC(S) 中元調子
・TENSEI AV AM2 BLUE (S) 中調子 カーボン
【価格 6本セット (5-P)】
¥165,000(税込)

【場所】
東京都内のゴルフ練習場、千葉県内、埼玉県内のゴルフ場
タイトリストT200アイアン(2023)の外観

関連記事

【試打&評価】T100 アイアン 2023/切れ味がアップ,寛容性もある
【試打&評価】T150 アイアン/やさしさと狙いやすさが進化した
【試打&評価】T350 アイアン 2023/中空アイアンになって大きく進化した


試打を体験した率直な感想は

この3項目が最大のお勧めポイント

  • 打感が改善された
  • スイートエリアが一回り広がった
  • コンパクトで構えやすい
nao1
Nao
前作(T200アイアン 2021)も素晴らしかったけど、見事な進化を遂げています。飛距離性能もアップしています。

気になった点もあります

  • 950GH neo、モーダス105 も欲しい
  • 4番(21°)はUSモデルのみ
nao1
Nao
吊るしはタイトリストのオリジナルシャフトのみです。950GH neo とか、モーダス105なども欲しいところです。
国内モデルで4番を入手する場合は、T200Uのカスタムになります。

今ならクーポンあります!

【GOLF5】タイトリスト T200 アイアン の最新価格をチェック!


T200アイアン 2023 の試打評価【9.5/10】

【構えやすさ】9.5

実際にこうして構えると、かなりコンパクトに見える。いい顔してます。コンパクトの中にやさしさも感じられる。
ターゲットに対してスクエアに構えやすい顔です。

タイトリストT200アイアン(2023)を構えた時のフェースの見え方

T100T150、と統一感があるこのカッコいい外観だけでも、購入の動機になってしまう。コンボアイアンでセッティングしても綺麗に収まります。

タイトリストT200アイアン(2023)のバックフェース

【飛距離性能】9.0

試打一日目に、N.S.PRO 880 AMC(S)でドライバーのヘッドスピードが42m/s前後をイメージして振った測定値です。軽く振ってもよく飛びます。

ロフトが少しだけストロング化したのと、吹け上がりが抑えられたのが上手く作用して、飛距離性能がアップしてます。
4日間で合計300球以上試打したけど、軽く振っても飛んでくれるから、疲れても距離が落ちませんでした。

高く上がり過ぎて距離をロスをする懸念も無くなり、満足度が高い飛距離性能になった印象が強いです。

タイトリストT200アイアン(2023)のの飛距離を計測したデータ


下記の表は、試打2日目に N.S.PRO 105T(S) の仕様でトラックマンで20球測定した平均値です。(レンジボール使用)

T200アイアン2023モデル7番(30.5°)×N.S.PRO 105T(S)
ヘッドスピード37.7m/s
ボール初速52.3m/s
キャリー164.5y
トータル170.2y
打ち出し角19.1°
バックスピン5,690rpm
落下角度48.9°
ミート率(SMASH FAC.)1.39

試打データから解った事は
①高初速でよく飛ぶ、飛距離が安定している
②スピン量は平均レベル
③高弾道。球の高さの安定感が優れている

【弾道の高さ】9.5

ロフトが7番で30.5°ですが、34°ぐらいの高さです。
私はもともと弾道が高いのでアゲンストでは苦戦しましたが、
高さが欲しい人にオススメです。
スピンで止めるよりも、高さで止められる感じ。

タイトリストT200アイアン(2023)のバックフェースの出っ張り部分

【つかまり】9.0

イメージ通りにつかまえてくれました。想定外のプッシュは一度も出ませんでした。つかまり過ぎのフックも出ません。フェースがボールをつかまえて、そのまま目標方向に弾き返してくれます。

【操作性】8.5

安全な範囲で操作しやすかったが、私の技量では低い弾道を打つのは苦戦した。距離感は合わせやすい。

【打感】9.0

気持ちいいです。マイルドで手首や肘にやさしい打感。”弾き”の中に”たわみ”も感じました。

【やさしさ】9.5

これだけたくさん試打しても、気になる点は見つかりません。
スイートエリアが一回り広くなった印象が強い。オフセンターでもロスが少なくて高弾道でよく飛びます。評価が高かった前作(T200アイアン 2021)よりも方向性が良くて、やさしさが確実に進化していました。

練習場とゴルフ場でいろんな打ち方で試したが、多くのスイングタイプに適合します。
打ち込んでもいい。払ってもいい。
スイートエリアが広いから、芯に当てようと頑張らなくていい。
リラックスして、フィニッシュまで一気に振り切ればいい。綺麗なスイング作りにはこういうアイアンがいいかも。

だからと言って、初級者を助けてくれるほどの寛容性ではありません。ある程度フォームの安定感が必要です。

ペラペラのアイアンからそろそろ楽なモデルに変えたい熟練アスリートにドンピシャですが、現役バリバリのアスリートにはコンボアイアンでのセッティングもオススメしたい。

しっかりとしたフォームを身に着けて上達したいゴルファーにも使って欲しい。

やさしさとカッコよさを軸に楽しくラウンドしたいエンジョイ・ゴルファーにもおすすめです。

【総合評価】9.5/10

【総合評価 9.5】
構えやすさ  9.5
飛距離  9.0
弾道の高さ  9.5
つかまり  9.0
操作性 8.5
打感 9.0
やさしさ  9.5

nao2
Nao
やさしくて振り抜きやすいから、女子プロのような、綺麗なスイング作りがしっかりと出来そうです。

T200 アイアン 2023 の口コミ

私と一緒に試打を体験したゴルファーの意見や感想も参考にしてください。

「カーボンシャフトが打ちやすい」

楽に上がってくれますね。ミスに強いアイアンです。カーボンシャフトはしっかり目ですがメッチャ打ちやすいです。

《T.Tさん(40代) ゴルフ歴10年,スコア90〜99,39m/s,フェード系 サラリーマン・月2ゴルファー》

「前作よりもやさしい」

弾道が高くて曲がりません、つかまり過ぎのミスが出ないから安心して振り切れます。前作よりもやさしい感じがします。

《KUNIさん(50代) ゴルフ歴27年,HDCP12,44m/s,ドロー系 夢はシングルのメタボ・ゴルファー》

「コンボでセッティングしたい」

いいですね。5番アイアンが打ちやすくて、よく飛びます。これなら4番アイアンも簡単に打てそう。T100アイアンとコンボでセッティングしたいですね。

《RYOJIさん(50代) ゴルフ歴40年,HDCP3,48m/s,フェード系  学生時代はキャプテン。クラチャンは2位が最高。》

シャフトは3種類・レフティは

標準仕様のシャフトは2種類のスチールと1種類のカーボン。レフティ(左利き用)はメーカーカスタムになります。

オリジナルシャフトの印象は

  • N.S.PRO 105T(S) 先中調子
    中から先が柔らかくてよくつかまります。モーダス105よりも球が上がりやすい。(S)で42〜46m/sぐらい。
  • N.S.PRO 880 AMC(S) 中元調子
    ウエイトフロー設計。長めの番手に苦労してる人、短めの番手に安定感が欲しい人にオススメです。(S)で40〜44m/sぐらい。
  • TENSEI AV AM(2) BLUE (S) 中調子
    軽すぎず、柔らかすぎず、コンタクトしやすいニュー・カーボンシャフト。好印象でした。ヘッドの挙動にぴたりとハマります。(S)で38〜42m/sぐらい。

タイトリストT200アイアン(2023)の標準のカーボンシャフト

新しく採用されたカーボンシャフトの TENSEI AV AM(2) BLUE (S) は、このアイアンのやさしさを全力で引き出してくれます。
カーボンとしては適度なしっかり感があり、カーボン・デビューしたい人にもお勧めです。


数十種類のシャフトとグリップ、
ライ角、ロフト角、長さ、本数が自由に選択できます。

タイトリスト Tシリーズアイアン(2023) をカスタムするならUSモデルがおすすめです!
4番(21°)の単品購入も可能!

オススメしたいゴルファーは

こんな人にメリットがあります

  • ミスに寛容なアイアンでピンを狙いたい
  • 極端なストロングロフトは使いたくないが距離が欲しい
  • 操作性よりも安定感を重視したい
  • 高い弾道が打ちたい
  • スイングスピードは極端に遅い方ではない

デメリットもあります

  • 心地いい打感だが、中空っぽい弾き感がある
  • スイングスピードが極端に遅い人には飛距離性能が十分に発揮できない

今ならクーポンあります!

【GOLF5】タイトリスト T200 アイアン の最新価格をチェック!

比較対象となるモデルは

競合が多いカテゴリーですが、これらのモデルがよく似た性能です。

  1. テーラーメイド P790 アイアン 2023
  2. ミズノプロ 245 アイアン

ライ角、標準シャフト・バリエーション、PWのロフト角 などのスペックの違いが選択のポイントになりそうです。
性能面では大きな差はありませんでしたが、上がりやすさが一歩リードしています。

ライバルのアイアンはコレ

TaylorMade(テーラーメイド)  P790 アイアン (2023) を練習場でじっくりと試打検証した後に、購入しました。実際にゴルフ場で打ってみると、芝の上からよく拾い、フェースの広範囲でよく弾いてくれる印象が強いです。[…]

テーラーメイド P790 アイアン 2023 の外観

前作との違い・進化した点

  • 前作(T200 アイアン 2021)から、方向性がアップした
  • 平均飛距離が上がった
  • 球の高さの安定感がアップした
  • 打感が改善された
  • 外観がカッコ良くなった

商品情報(スペック)

メーカーTitleist (タイトリスト)
商品名T200 アイアン (2023モデル)
番手(ロフト/ライ角/シャフト長)
  • 4(21°/61.5°/38.5″)※
  • 5(24°/62°/38″)
  • 6(27°/62.5°/37.5″)
  • 7(30.5°/63°/37″)
  • 8(34.5°/63.5°/36.5″)
  • 9(38.5°/64°/36″)
  • P(43°/64°/35.75″)
  • W(48°/64°/35.5″)
素材・製法Precision CNC Face/高比重タングステン(D18)/Max Impact
グリップ

Titleist Universal 360 Grip/口径60/50g

シャフト
  • N.S.PRO 105T(S) 先中調子
  • N.S.PRO 880 AMC(S) 中元調子
  • TENSEI AV AM(2) BLUE (S) 中調子 カーボン
価格[6本セット(5-P)]¥165,000(税込)
[単品(4,W)]¥27,500 (税込)
nao2
Nao
スチールシャフトとカーボンシャフトは同価格です。※4番(21°)はUSモデルのみになります。


まとめ

タイトリスト T200 アイアン (2023年モデル)を試打した計測データと実際にゴルフ場で使用した体験をもとに、その評価をレビューしました。

高く上がって、よく飛んで、ミスに強かった。
アスリートも満足のコンパクトフェースと心地いい打感。操作性も悪くない。外観もカッコいい。
アイアンに求めるものが全部ありました。

エンジョイゴルファーから、競技アスリートゴルファーまで、多くのゴルファーにオススメです。


今ならクーポンあります!

【GOLF5】タイトリスト T200 アイアン の最新価格をチェック!