ゴルフギアの口コミサイト     「間違わないゴルフ用品選び」で楽しいゴルフライフを!

【試打&評価】タイトリスト T150 アイアン 2023/やさしさと狙いやすさが進化した

Titleist(タイトリスト) T150 アイアンを、じっくりと試打しました。

球筋に安定感があり、前作(T100Sアイアン2021)よりも飛距離のバラツキが軽減されています。
ゴルフ場で使用してみると、5番アイアンが球が上がりやすくなってます。
ショートアイアンは狙いやすさが進化しました。
ダウンブローに打ち込んだ時の打感が1ランク改善されています。

アスリートがやさしくピンを狙えるアイアン。
どんなクラブなのか、その評価を項目別に解りやすくレビューします。



試打を体験した率直な感想は

タイトリスト T150アイアン の外観

この3項目が最大のお勧めポイント

  • シャープな顔つきなのに寛容性もある
  • 極上の打感
  • 距離と方向性の安定感が素晴らしい
nao1
Nao
マッスルのようなシャープな顔なのに、打ってみると、やさしい。このギャップがたまりません。

気になった点もあります

  • 単品のW(48°),4(22°)がカスタムのみになった
nao1
Nao
単品アイアンの吊るしはありません。カスタムが必須になってしまいました。ちょっとめんどくさいですね、、、

豊富なシャフト
タイトリスト T150アイアン はUSモデルがおすすめ! 
標準仕様は30日間返品可能です。


T150アイアン の試打評価【9.3/10】

【構えやすさ】9.5

リーディングエッジに丸みがあり、やさしさも漂っている。
顔だけ見てると、マッスルバックの雰囲気。アスリートが構えやすい顔です。

タイトリスト T150アイアン を構えた時のフェースの見え方

【飛距離性能】8.5

試打一日目にドライバーのヘッドスピードが43m/s前後をイメージして振った測定値です。
7番で32°としては飛ぶ部類に入るでしょう。

タイトリスト T150アイアン の飛距離計測データ


下記の表は、購入後のマイクラブを使用して、トラックマンで20球測定した平均値です。

T150アイアン7番(32°)
ヘッドスピード37.7m/s
ボール初速51.7m/s
キャリー161.2y
トータル166.2y
打ち出し角18.8°
バックスピン6,178rpm
落下角度48.6°
ミート率(SMASH FAC.)1.37
試打データから解った事は
①7番で32°のモデルの中ではよく飛ぶ
②安定した飛距離とスピン量
③落下角度が高く、グリーンで止まりやすい

【弾道の高さ】9.0

フェース下部でもまずまずの高さになる。高さは十分です。
購入してからゴルフ場で打つと、ロングアイアンが高い弾道になりました。

タイトリスト T150アイアン のソール形状

キャビティ内部には前作同様の「マッスルチャンネル」が装備
前作(T100Sアイアン2021)よりもその効果がアップされ、5番アイアンが明らかに上がりやすくなっています。

タイトリスト T150アイアン のキャビティ部分

【つかまり】9.0

フェースローテーションが少し控えめに。それでも必要十分なつかまり具合。引っかけのミスが出にくくなった印象です。

【操作性】9.0

ミスに寛容なのに操作性は失われていません。ライン出しも問題なし。縦距離も合わせやすい。

【打感】9.5

打感が改良されている。柔らかくて心地いい感触です。

【やさしさ】8.5

超難しいアイアンをいとも簡単に打ちこなしているような錯覚をさせてくれるから、いい気分になりました。

購入したT150アイアンのセット

5番アイアンがよく飛び、ショートアイアンの切れ味がアップされている。
ミドルアイアンはよりミスに寛容になり、ショートアイアンは切れ味がある。
今回名称が変わった T150 は、前作を熟成した完成形です。
番手間の距離の差をしっかりと刻めるようになりました。
アマチュア・アスリートゴルファーの泣き所をクラブが助けてくれます。

タイトリスト T150アイアン の外観

寛容性や飛距離性能を武器にやさしくピンを狙いたい中級以上のゴルファーにお勧めです。

【総合評価】9.3/10

【構えやすさ】9.5
【飛距離】8.5
【弾道の高さ】9.0
【つかまり】9.0
【操作性】9.0
【打感】9.5
【やさしさ】8.5

nao2
Nao
ミスに寛容なので18ホールずっと調子を保てるような安定感がありますよ。

T150アイアン の口コミ

カッコいいですね。こんなアイアンをバッグに入れてみたいですが私には難しいです。

《T.Tさん(40代) スコア90〜99,39m/s,フェード系》

よくつかまって、高弾道のドローボールの安定した球筋になります。打感も改善されて文句なしです。

《KUNIさん(50代) HDCP12,44m/s,ドロー系》

高く上がって、よく飛んで、ミスに強くて、操作性もいい。欠点はありませんね。

《RYOJIさん(50代) HDCP3,48m/s,フェード系  》

数十種類のシャフトとグリップ、
ライ角、ロフト角、長さ、本数が選択可能

タイトリスト Tシリーズアイアン(2023) をカスタムするならUSモデルがおすすめです!
3番(19°)も単品で購入可能。

オススメしたいゴルファーは

こんな人にメリットがあります
・操作性や打感を重視する
・平均レベルまたはそれ以上のヘッドスピード
・やさしくピンを狙いたいアスリート

こんな人にはデメリットも
・ヘッドスピードが遅い人


買い替えなら「下取り割」
試せる「TRY SHOT」

タイトリスト T150 アイアン が安く購入できる。

比較対象となるモデルは

競合が多いアスリートモデルのカテゴリーですが、これらのモデルがよく似た性能です。


兄弟モデルの記事

【試打&評価】T100 アイアン 2023/切れ味がアップ,寛容性もある
【試打&評価】T200 アイアン 2023/高さ,飛距離,寛容性,どれもスゴイ
【試打&評価】T350 アイアン/中空アイアンになって大きく進化した

前作との違い・進化した点

・先代(T100S アイアン 2021)から、安定感がアップした
・引っ掛けのミスが出にくくなった
・ロングアイアンが上がりやすくなった
・ショートアイアンの切れ味が上がった
・打感が改善された

商品情報(スペック)

メーカーTitleist (タイトリスト)
商品名T150 アイアン (2023モデル)
番手(ロフト/ライ角/シャフト長)
  • 3(19°/61°/39″)※
  • 4(22°/61.5°/38.5″)
  • 5(25°/62°/38″)
  • 6(28°/62.5°/37.5″)
  • 7(32°/63°/37″)
  • 8(36°/63.5°/36.5″)
  • 9(40°/64°/36″)
  • P(44°/64°/35.75″)
  • W(48°/64°/35.5″)
素材Precision CNC Face /高比重タングステン(D18)/Muscle Channel
製法鍛造
仕上げクローム仕上げ
グリップ

Titleist Universal 360 Grip/口径60/50g

シャフト
  • Modus3 Tour 120(S) 中元調子
  • Modus3 Tour 105(S) 手元調子
価格[6本セット(5-P)]¥165,000(税込)
[単品(4)]¥27,500 (税込)
nao2
Nao
6本セットになりました。 前モデルは5本セットで、単品販売の5番が品薄で手に入れるのに苦労しましたね。※3番(19°)はUSモデルのみになります。レフティ(左利き用)はカスタムになります。


まとめ

タイトリスト T150 アイアン の試打評価をレビューしました。

やさしくピンを狙える寛容性と緻密なショットが打てる切れ味を持ち合わせていました。

直進性、ロングアイアンの球の上がりやすさ、飛距離の安定感、打感の向上。どれも素晴らしい事がしっかりと体感出来ました。
やさしさと飛距離を求めるアスリートにオススメです。
購入しましたが、大満足です。


豊富なシャフト。私もお世話になってます。

タイトリスト T150アイアン のUSモデルの価格をチェック!