ゴルフギアの口コミサイト     「間違わないゴルフ用品選び」で楽しいゴルフライフを!

【試打&評価】 テーラーメイド P790 アイアン(2023)/飛距離と寛容性の底上げ

TaylorMade(テーラーメイド) NEW P790 (’23)アイアン を練習場で3日間じっくりと試打検証した後に、購入してゴルフ場で3ラウンド使用しました。

実際にゴルフ場で体験してみると、芝の上からよく拾い、フェースの広範囲でよく弾いてくれる印象が強いです。
アイアンショットが2ランクぐらい上達したような、いい気分になりました。

計測データを見ると、中空マッスルアイアンのライバルモデルよりも飛距離性能が相変わらずリードしていることが確認出来ました。
弾道のバラツキが軽減されて全体的に打ちやすさが底上げされています。

打感もアップ。外観もさらにカッコ良くなった。
前作からまた進化した4代目は、ゴルフ場で打つとさらに打ちやすさが実感できました。

どんなクラブなのか、トラックマンで計測したデータと実際にゴルフ場で使用した体験をもとに、その評価と感想を項目別に解りやすくレビューします。



試打クラブのスペック

TaylorMade (テーラーメイド)
P790 (’23) アイアン
/2023年9月発売モデル
【番手】
5番~PW
【シャフト/価格 5本セット(6-P)】
・Modus3 Tour 105(S) 元調子/¥159,500(税込)
・MCI 80 for TaylorMade (S) 中元調子/¥165,000(税込)
・RAUNE IRON i90(S) 中調子(※購入したクラブ)

【試打1~3日目】 東京都内の練習場 晴れ/曇り 最高気温 31℃
【購入後のプレー】千葉県内,茨城県内のコース
テーラーメイド P790 アイアン 2023 の外観

打ちやすさに感激。
その後メーカーにカスタムしてカーボンシャフト(ラウネi90)仕様を購入しました。ゴルフ場で使用するとこのアイアンの素晴らしさに感動しまました。

購入したp790アイアン2023 6本セット

P790アイアン(2023)には、ちょっと軽めのシャフトが合いそうです。

あわせて読みたい

GRAPHITE DESIGN(グラファイト デザイン)RAUNE IRON(ラウネ アイアン) i90(S)と i105(S) を試打して、その打ちやすさに腰を抜かしました。ロングアイアンが楽に上がる。ミドルアイアンは狙いやすい。[…]

GRAPHITE DESIGN RAUNE ラウネ IRON i90(S)

試打を終え体験した率直な感想は

この3項目が最大のお勧めポイント

  • よくつかまり、高く上がり、ぶっ飛ぶ
  • 最高に打ちやすい
  • 5本セットになった
nao1
Nao
自分の弾道に惚れ惚れします。いやー、参りました。たまらなく気持ちいいアイアンです。前作が完成形だと思ったけど、進化が止まりません。つかまりも、やさしさも、打感も、、全項目がアップしてます。5番アイアンの「上がりやすさ」と「ぶっ飛び」は感動モノですよ。

気になった点もあります

  • AW(50°)が国内で販売されない
nao1
Nao
今回も残念ながらAW(50°)が国内で販売されません。USモデルのみになります。

USモデルがオススメです。豊富なシャフトバリエーション!
日本未発売のAW(50°)も選べる。

テーラーメイド P790(’23)アイアン のUSモデルをチェック!

30日間返品可能です。


P790アイアン2023 の試打評価【9.6/10】

【構えやすさ】9.5

スクエアに構えやすい顔です。
セミグース&少し分厚いトップブレード。コンパクト感と安心感が共存する構えやすさです。

テーラーメイド P790アイアン 2023 を構えた時のフェースの見え方

【飛距離性能】9.5

試打一日目に、MCI 80 for TaylorMade (S)の仕様で、ドライバーのヘッドスピードが43m/s前後をイメージして振った測定値です。

7番で30°前後のアイアンの中ではトップレベルの飛び。オフセンターの距離がこれまたスゴイ。

テーラーメイド P790 アイアン 2023 の飛距離を計測したデータ

試打データから解ったこと

下記の表は、試打2日目にModus3 Tour 105(S)の仕様で、トラックマンで20球測定した平均値です。(レンジボール使用)

P790アイアン 2023モデル7番(30.5°)×Modus3 Tour 105(S)
ヘッドスピード37.9m/s
ボール初速53.1m/s
キャリー165.8y
トータル174.5y
打ち出し角18.9°
バックスピン5,580rpm
落下角度48.5°
ミート率(SMASH FAC.)1.40

試打データから解った事は
①ミート率が高くて飛距離性能がスゴイ
②よく飛ぶけどある一定の距離以上は飛ばない。想定外の飛び過ぎが出ない。
③スピン量は平均レベル
④高弾道
⑤オフセンターのロスが少ない

【弾道の高さ】9.5

トップ気味でも、よく拾ってくれて高弾道です。
ゴルフ場で打つと、フェアウェイから5番アイアンが楽に上がってくれる印象が強いです。

テーラーメイド P790 アイアン 2023のソールのスピードポケット

ソールの「貫通型スピードポケット」と内部の「タングステンウェイト」が楽に球を拾い上げてくれます。

【つかまり】9.0

少しローテーションしやすくなった。つかまえようと意識する必要はありません。気持ちいいターンです。
普通に打つと、スムーズにフェースがターンしてナチュラルドローになりました。

【操作性】8.5

コース上でも小幅の範囲で安全に操作できました。

【打感】9.0

衝撃吸収材「SPEEDFORM™ AIR充填剤」の効果なのか、弾き感が抑えられ、大人しい感触になった。心地よさが1段階アップしました。オフセンターも悪くありません。

テーラーメイド P790 アイアン 2023のフェースを正面から見た

【やさしさ】9.5

前作 の性能を考えると、もうこれ以上の伸びシロはないだろうと試打に臨んだら、、衝撃でした。
とにかくメッチャ打ちやすい。よくつかまって気持ちいいショットが連発しました。

つかまえやすい。
上がりやすい。
ミートしやすい。
時間を忘れて打ち続けましたが、ナイスショットが連発するので、打ってて気持ちいい気分です。

ミスに寛容な面がアップしたのが実感できました。
よく飛ぶけど飛び過ぎのミスが出ない。
ダフっても飛んだし、トップしても高く上がった。振り遅れてもつかまって、引っ掛けのミスも出にくかった。
モーダス105がいつもよりも柔らかく感じます。ヘッドが打ちやすいからでしょう。

前作 とどこが変わったのか? と聞かれれば、細かい点はいろいろありますが、、
「全項目で長所が底上げされた」という印象が強いです。

自分がこんなにアイアンが上手だったかな??といい気分になる。
正直に言うと、「使わなきゃ損する」と思いました。(だから購入しました)

ツアープロのレベルなら別かもしれないが、アマチュアだったら「軟鉄鍛造の一枚モノしか使わない」という頑固な意思が一瞬にして崩れてしまうのでは。期待以上でした。

【総合評価】9.6/10

【総合評価 9.6】
構えやすさ  9.5
飛距離  9.5
弾道の高さ  9.5
つかまり  9.5
操作性 9.0
打感 9.0
やさしさ  9.5

nao2
Nao
技術の進歩はスゴイですね。初代の登場から6年経過しましたが随分進化しましたよ。ミスした時に手前のバンカーを楽々クリアしてくれて、何度も助けられました。

P790 アイアン (’23) の口コミ

私と一緒に試打を体験したゴルファーの意見や感想も参考にしてください。

「よく飛んで打ちやすい」

よくつかまって、よく飛びます。打ちやすいですね。特にカーボンがメッチャ打ちやすいです。

《T.Tさん(40代) ゴルフ歴10年,スコア90〜99,39m/s,フェード系 サラリーマン・月2ゴルファー》

「スコアメイクが楽」

P770も素晴らしいと思ってたけど、これを打っちゃうと迷う余地がありませんね。これだけ飛んでミスの寛容ならスコアメイクが楽になりそうです。

《KUNIさん(50代) ゴルフ歴27年,HDCP12,44m/s,ドロー系 夢はシングルのメタボ・ゴルファー》

「そろそろ飛ぶアイアンにしたいなら第一候補」

そろそろ飛ぶアイアンにしたいと思うアスリートには第一候補になりますね。ダイナミックゴールドが標準になったので、私も欲しくなってしまいました。

《RYOJIさん(50代) ゴルフ歴40年,HDCP3,48m/s,フェード系  学生時代はキャプテン。クラチャンは2位が最高。》

P790アイアン の購入は公式サイトがオススメです。
icon

シャフトは4種類・レフティは、

標準仕様のシャフトは3種類のスチールと1種類のカーボン。
レフティ(左利き用)はカスタムになります。

  • Dynamic Gold EX Tour Issue (S200) 元調子
  • MODUS3 TOUR 105 (S) 元調子
  • N.S.PRO 950GH neo (S) 中調子
  • MCI 80 for TaylorMade (S) 中元調子
    ※SELECTFIT STORE限定

USモデルがオススメ。シャフトは、カーボンもスチールも種類が豊富!
日本未発売のAW(50°)もあります。

テーラーメイド P790(’23)アイアン のUSモデルをチェック!


オススメしたいゴルファーは

こんな人にメリットがあります

  • ミスに寛容なアイアンでピンを狙いたい
  • 極端なストロングロフトは使いたくないが距離が欲しい
  • 操作性よりも安定感を重視したい
  • スイングスピードは特別遅い方ではない
  • カッコいいアイアンが欲しい

デメリットもあります

  • 番手間のビトイーンの距離が合わせにくい
  • スイングスピードが極端に遅い人には飛距離性能が十分に発揮できない
  • マット仕上げの外観に傷が付きやすい

比較対象となるモデルは

競合するモデルが多いですが、同時期に発売されたこの2モデルがよく似た性能です。

  1. タイトリスト T200アイアン(2023)
  2. ミズノプロ 245 アイアン

ライ角、標準シャフト・バリエーション、PWのロフト角 などのスペックの違いが選択のポイントになりそうです。
性能面では大きな差はありませんでしたが、飛距離性能はP790アイアンが優れています。

ライバルのアイアン

Titleist(タイトリスト) T200 アイアン(2023年モデル)を合計4日間じっくりと練習場で試打した後に、ゴルフ場で2ラウンドしました。練習場ではとにかく打ちやすくて、アイアンが上達したような気分になりました。前作(T[…]

タイトリストT200アイアン(2023)の外観

前作との違い・進化した点

  • 前作(P790アイアン 2021)よりもスイートエリアが広がった
  • 7番アイアンと8番アイアンの距離の差が大きかった点が改善された
  • 全体的に性能が上がっている
  • 外観がより精悍になりアスリートっぽくなった
  • シャフトバリエーションが増えた

商品情報(スペック)

メーカーTaylorMade (テーラーメイド)
商品名New P790 (’23) アイアン
番手(ロフト/ライ角/シャフト長)
  • 3(19°/60.5°/39″)
  • 4(21°/61°/38.5″)
  • 5(23.5°/61.5°/38″)
  • 6(26.5°/62°/37.5″)
  • 7(30.5°/62.5°/37″)
  • 8(35°/63°/36.5″)
  • 9(40°/63.5°/36″)
  • PW(45°/64°/35.75″)
ヘッド素材 / フェース素材(製法)【3-7】
軟鉄[8620] (鋳造) + 内蔵タングステンウェイト + SPEEDFOAM™ AIR / クロモリ鋼[4140] (鍛造)
【8-PW】
軟鉄 [8620] (鋳造) + SPEEDFOAM AIR™ / クロモリ鋼 [4140] (鍛造)
グリップ

TM Tour Velvet 360 Black (径60/50g)

シャフト
  • Dynamic Gold EX Tour Issue (S200) 元調子
  • MODUS3 TOUR 105 (S) 元調子
  • N.S.PRO 950GH neo (S) 中調子
  • MCI 80 for TaylorMade (S) 中元調子※
    ※SELECTFIT STORE限定
価格【5本セット(6-PW)】
スチール:¥159,500(税込)
カーボン:¥165,000(税込)
【単品(3,4)】
スチール:¥31,900 (税込)
カーボン:¥33,000 (税込)
nao2
Nao
3番はカスタムのみになります。ロフト角、ライ角は前モデルから変わっていません。


まとめ

テーラーメイド New P790 アイアン (2023年モデル) を試打した計測データと実際にゴルフ場で使用した体験をもとに、その評価をレビューしました。

実際にコースで打ったら、実に気持ちいいショットが連発。芝の上から打つと、やさしさがより実感できました。

計測データを検証すると、オフセンターでもよく飛んで高弾道になることが確認出来ました。
前作よりもミスに強くなり、全体的に打ちやすさが底上げされた印象を強く感じました。

打感が向上して、外観もカッコよくなった。4代目でまたさらに魅力度が上がっています。


買い替えなら「下取り割」
お試しなら「TRY SHOT」

テーラーメイド P790 アイアン2023 が安く購入できる。