楽しい GOLF LIFE

ゴルフギアの口コミサイト「間違わないゴルフ用品選び」

ヤマハ インプレスUD+2ドライバー(2019)の試打&評価/やさしく飛ぶ

      2018/10/04

ヤマハ インプレス UD+2ドライバー (2019年モデル) を試打しました。どんなクラブなのか評価と感想をレビューします。

試打クラブ

YAMAHA inpres(ヤマハ インプレス)
UD+2(プラス ツー) ドライバー/2019年モデル (2018年10月発売)
【ロフト】
・10.5°
【シャフト】
・TMX-419D (S),(SR) オリジナルカーボン

インプレスUD+2ドライバー2019

ロフトバリエーションは2種類 (9.5°/10.5°)

ソールのデザインは爆発的にヒットした前モデルのカラーリングとそっくり。キープコンセプトっぽく見えるが、プラス2番手の飛びは継承されたのかな。

UD+2 ドライバーの評価

【構えやすさ】

クラウン後方の張り出しがかなり大きくなった。見た感じの投影面積は最大級です。どっしりとしてるが、丸型とは呼べないやや奇形な感じがする。

インプレスUD+2ドライバー2019クラウン

超アップライトな61度は前モデルと同じ設定。少しグースっぽくて、シャローフェース&シャローバック。球が上がりそうでつかまりそうな安心感はあります。

【飛距離】

平均的によく飛んでくれます。一発のぶっ飛びよりもオフセンターでもロスしない印象が強い。スイング軌道が安定しないゴルファーが飛距離アップになりそう。

Sシャフトで、43m/sぐらいが上限。それ以上速く振るとフックになった。

【弾道】

比較的スピン量が少ない高弾道。上がりすぎが出ないから、吹け上がりもない。安定した球筋です。

【つかまり】

重心距離が長いが重心角が大きいから、控えめながらヘッドがターンして捕まえてくれる。そして、アップライトなライ角とよくしなるシャフトがさらにつかまりをサポートしています。つかまり過ぎの心配はない。

【打感】

重心が奥の方にあるような打感。よく弾きながら分厚さもあって、なかなかいい感触です。音もいい。

【操作性】

直進性がもっぱら高く、曲げたくてもなかなか曲がらない。そもそもこのクラブのターゲット層には操作性を求めるゴルファーはいないと思うが、、

インプレスUD+2ドライバー2019シャロー

【安定感】

ミスに強く、慣性モーメントの高さが実感できます。フェースのどこに当たっても、どんな動きをしても、ロスが少なくて、曲がりも少ない。フェースの開閉が少なめで、プッシュも引っ掛けも出ない。なのに、ライ角とシャフトがつかまりを助けてくれる。

つかまりながらまっすぐにフェースが動く。ヘッド、シャフト、グリップの全体のバランスが上手く料理され、抜群の安定感を達成しています。

振り抜きやすくて打ちやすい。スイング軌道が不安定でもクラブが仕事をしてくれますよ。前モデルよりも、さらにミスに寛容になりました。

シャフトは

標準仕様はオリジナルカーボンの TMX-419D (S),(SR),(R) のみの設定。
(※9.5°は(S)のみ)

振り抜きやすくて中から下がよくしなり、程よいトルクがしっかりとつかまえてくれます。グリップも軽くてバランスがいい。

(S)で41〜43m/s、(SR)で39〜41m/sぐらい。

こんなゴルファーにおすすめ

・安定した飛びが欲しい。
・直進性を高めたい。
・やさしく飛ばしたい。

YAMAHA インプレス UD+2ドライバー が安く購入できる。しかも合わなかったら9割保証で。

まとめ

ヤマハ インプレス UD+2ドライバー (2019年モデル) は、安定感抜群。飛距離と方向性をクラブが助けてくれる。

・振り抜きやすい
・安定感抜群
・ミスに強い
・平均的によく飛ぶ
・やさしい

評価が高かった前モデルの長所を引き継ぎながら、よりやさしくなった。

ヤマハ インプレス UD+2 ドライバー
by カエレバ

【総合評価 9.1】
飛距離  9.5
やさしさ  10
弾道の高さ  9.5
つかまり  9
構えやすさ  8
操作性 6
打感 9

 - YAMAHA, ドライバー編