ゴルフギアの口コミサイト     「間違わないゴルフ用品選び」で楽しいゴルフライフを!

【試打&評価】ピン i530 アイアン/欲しいものが全部詰め込まれている

PING(ピン) i530 アイアンをじっくりと試打しました。

コンパクト感があり、実に構えやすい顔。
中空っぽくない心地いい打感。操作性もいい。

やさしさはトップレベル。フェースの広範囲でたわんでくれるから、当然オフセンターのロスが少ない。

ロフト設定がかなりストロング化されたのに、さらに上がりやすくなっている。
飛距離は一段階アップ。いい事尽くめのロフト変更です。

前作(i525アイアン)は素晴らしかったが、まだこんなに伸びシロがあるとは、驚きました。

寛容性と切れ味が同時に味わえる、欲しいものが全部詰め込まれた、最強の飛び系ツアーアイアン。

どんなクラブなのか、実際に打った体験とトラックマンで計測したデータをもとに、その評価と感想を項目別に解りやすくレビューします。



試打クラブのスペック

PING(ピン)
i530 アイアン
/2024年4月発売モデル
【番手/ロフト】
・7番/27.5°
【シャフト】
・MODUS3 TOUR 105 (S) /¥31,900(税込)
・N.S.PRO 850GH neo (S) /¥31,900(税込)
・N.S.PRO 750GH neo (S) /¥31,900(税込)

ピン i530 アイアン

試打を終えた率直な感想は

この3項目が最大のお勧めポイント

  • ミスに強い
  • 高弾道でぶっ飛ぶ
  • 顔も打感も素晴らしい
nao1
Nao
7番は前作(i525アイアン)よりも1.5°も立ってるのに、球が上がりやすくなった印象です。飛距離は一段階アップしています。

気になった点もあります

  • 下の番手がかなりストロング化された
nao1
Nao
前作(i525アイアン)と比べると、PW(41°)、UW(46°)は、3°も立ってます。ウェッジの本数を増やす必要がありますね。

【表示価格から、さらにクーポンでお値打ちに!】 
ピン i530アイアン が大幅プライスダウン!


i530アイアンの評価【9.6/10】

【構えやすさ】9.5

アスリート向けのブレードアイアンから買い替えても、違和感なく構えられます。
小さ過ぎず、ちょうどいいサイズ。安心して狙える構えやすい顔。
薄めのトップブレード、ストレートネックがピンを刺してくれます。

ピン i530 アイアンのフェース

【飛距離】10.0

試打1日目に N.S.PRO 850GH neo (S) で、ドライバーのヘッドスピードが40m/sぐらいをイメージして振った時の平均的な測定値です。

ストロング化されたロフトの効果なのか、ヘッドの性能なのか、その両方でしょう。間違いなく前作(i525アイアン)よりも飛びます。

ピン i530 アイアンの飛距離データ


下記の表は、モーダス 105(S)シャフトを挿入したモデルで、トラックマンで10球測定した平均値です。

i530アイアン7番(27.5°)×Modus3 Tour105(S)
ヘッドスピード39.3m/s
ボール初速54.5m/s
キャリー168.2y
トータル178.1y
打ち出し角20.1°
バックスピン5,746rpm
落下角度50.2°
ミート率(SMASH FAC.)1.40

試打データから解った事

①出球が高くて高弾道になる
②方向性がいい
③フェースの広範囲での反発力が強い
④スピンは平均レベル
⑤飛距離性能は飛び系アイアンの中でもトップレベル

軽く振ってもぶっ飛ぶ。飛距離性能は、最高レベルです。

【弾道の高さ】9.5

ロフトが27.5°なのにノーマルロフト並みの高さです。ストロングロフトとは思えぬ上がりやすさです。

ピン i530 アイアンのソール形状

【つかまり】9.0

重心距離は長く感じない。意識しなくても普通にターンしてしっかりつかまります。

【操作性】8.5

曲がり過ぎないから、安全な範囲で操作できる。

【打感】9.0

フェースがたわんで包み込みながら、軽快に弾き返す。
芯を外しても悪くない。
中空っぽい感じが改善されている。

【やさしさ】9.5

前作同様に本家のUSモデルとはロフトが違う。日本では、いわゆる「パワースペック・ロフト」が標準仕様。その分だけバンスが少ないから日本の芝には打ちやすい。

フェースの開閉がしやすくなって、ダウンブローに打ち込みやすくなった。なんだかお尻が軽くなって軽快に振り抜ける。
重心設計が見直され、より高弾道になり、プッシュも出にくくなった。
軽く振ってもぶっ飛んでくれる。オフセンターのロスが極めて少なくて、方向性も抜群にいい。

アスリートも満足できる顔。操作性も悪くない。
外観デザインは、またさらにカッコ良くなった。

前作が完ぺきな仕上がりだったが、全面的にブラッシュアップされ、早くも前作が古臭く感じてしまう。

寛容性、飛距離、構えやすさ、打感、切れ味、、、欲しいものが全部ある、最強の飛び系ツアーアイアンです。

前作(i525アイアン)は素晴らしかったが、まだこんなに伸びシロがあるとは、驚きました。

各メーカーがしのぎを削るアスリート向け中空マッスルだが、完全に一歩抜け出した印象です。

【総合評価】9.6/10

【総合評価 9.6】
構えやすさ  9.5
飛距離  10.0
弾道の高さ  9.5
つかまり  9.0
操作性 8.5
打感 9.0
やさしさ  9.5

nao2
Nao
欠点はありません。あとはシャフト選びだけですね。

i530 アイアンの口コミ

私と一緒に試打を体験したゴルファーの意見や感想も参考にして下さい。

「750GH neo が打ちやすい」

打ちやすいです。カッコよくて、やさしくて、よく飛びます。750GH neo が新加入ですね。打ちやすいです。

《T.Tさん(40代) ゴルフ歴10年,スコア90〜99,39m/s,フェード系 サラリーマン・月2ゴルファー》

「この打ちやすさはすごい」

高弾道のナチュラルドローでぶっ飛びます。この打ちやすさはすごいですね。

《KUNIさん(50代) ゴルフ歴27年,HDCP12,44m/s,ドロー系 夢はシングルのメタボ・ゴルファー》

「ライバルは見当たりません」

前作よりも打感がいいし、音がいい。飛距離も寛容性も素晴らしいです。ライバルは見当たりませんね。

《RYOJIさん(50代) ゴルフ歴40年,HDCP3,48m/s,フェード系  学生時代はキャプテン。クラチャンは2位が最高。》

i530アイアンのUSモデルは30日間返品保証。

標準シャフトは・レフティは

吊るしもありますが、カスタムでいろんなシャフトが用意されています。
レフティモデル(左利き用)はちゃんと用意されています。

推奨標準シャフトスペック 

【カーボン】

  • ALTA J CB BLACK (S)中調子,(SR)中先調子,(R)先調子
  • PING TOUR 2.0 CHROME I (S)中元調子
  • SPEEDER NX 35 先調子
  • SPEEDER NX 45 先中調子

【スチール】

  • AWT 2.0 LITE (R)中先調子,(SR)中調子,(S)中調子
  • N.S.PRO 750GH neo (S)先調子
  • N.S.PRO 850GH neo (S)中調子
  • N.S.PRO 950GH neo (S)中調子
  • MODUS3 TOUR105 (S)元調子
  • MODUS3 TOUR115 (S)元調子
  • MODUS3 TOUR120 (S)中元調子
  • Dynamic Gold (S200)元調子

オリジナルカーボンシャフトの印象は、

ALTA J CB BLACK は、ヘッドが走り球が上がりやすい。(S)でドライバーのヘッドスピードが39~42m/sぐらい、(SR)で37~40m/sぐらい。
PING TOUR 2.0 CHROME I は、軽量スチールとカーボンのいいとこどりのような打ちやすさがあります。(S)でドライバーのヘッドスピードが42~46m/sぐらい。


USモデルは、数十種類の豊富なシャフト・バリエーション

i530アイアンのカスタムはコチラがお勧めです。


オススメしたいゴルファーは

こんな人にメリットがあります

  • 引き締まった顔が好み
  • ミスに寛容なアイアンでもっと飛ばしたい
  • 操作性も欲しい
  • ヘッドスピードは極端に遅くはない

デメリットもあります

  • PWのロフトがが立ってるからウェッジの構成を考える必要がある
  • 低い弾道が打ちづらい

比較対象となるモデルは

P790T200245、などがセミアスリートモデルとして競合しますが、飛距離性能や寛容性などは、まったくレベルが違います。
やさしさや飛距離性能では下記の3モデルがよく似た性能です。

アスリートが満足できる点ではi530が唯一無二の存在かも。

前作との違い・進化した点

  • 前作(i525アイアン)と比較すると、ロフトがストロング化された
  • より高く上がる
  • 飛距離性能がアップした
  • 打感が改善された
  • ミスに寛容になった

商品情報(スペック)

メーカーPING (ピン)
商品名i530 アイアン
番手(ロフト/ライ角(スタンダード・ブラック)/長さ)
  • 4(18°/60.5°/38.88″)
  • 5(21°/61°/38.25″)
  • 6(24°/61.5°/37.63″)
  • 7(27.5°/62°/37″)
  • 8(31.5°/62.8°/36.5″)
  • 9(36°/63.5°/36″)
  • PW(41°/64.1°/35.5″)
  • UW(46°/64.1°/35.5″)
ヘッド素材マレージング鋼C300(フェース)/17-4ステンレススチール(ボディ)
仕上げハイドロパールクローム仕上げ
製法ボディ:鋳造
フェース:鍛造
グリップ

GP360 LITE TOUR VELVET ROUND(バックライン無し)

推奨シャフト【カーボン】

  • ALTA J CB BLACK (S)中調子,(SR)中先調子,(R)先調子
  • PING TOUR 2.0 CHROME I (S)中元調子
  • SPEEDER NX 35 先調子
  • SPEEDER NX 45 先中調子

【スチール】

  • AWT 2.0 LITE (R)中先調子,(SR)中調子,(S)中調子
  • N.S.PRO 750GH neo (S)先調子
  • N.S.PRO 850GH neo (S)中調子
  • N.S.PRO 950GH neo (S)中調子
  • MODUS3 TOUR105 (S)元調子
  • MODUS3 TOUR115 (S)元調子
  • MODUS3 TOUR120 (S)中元調子
  • Dynamic Gold (S200)元調子
価格(1本)カーボン:¥34,100(税込)
スチール:¥31,900(税込)
nao2
Nao
PINGのアイアンは1本から購入できるのでコンボセッティングが可能です。


まとめ

ピン i530アイアン を試打の体験と計測データをもとに、その評価をレビューしました。

コンパクトで実に構えやすい顔。心地いい打感。操作性もいい。
やさしさはトップレベル。ロフト設定がかなりストロング化されたのに、さらに上がりやすくなっている。
飛距離は一段階アップされた。

寛容性と切れ味が同時に味わえる、欲しいものが全部詰め込まれた、最強の飛び系ツアーアイアンです。


【表示価格から、クーポンでお値打ちに!】 
ピン i530アイアン が早くも大幅プライスダウン!