ゴルフギアの口コミサイト     「間違わないゴルフ用品選び」で楽しいゴルフライフを!

【試打&評価】ピン G425 SFT フェアウェイウッド/よくつかまり、よく飛ぶ

PING(ピン) G425 SFT フェアウェイウッドを試打しました。

右に行かせない動きをするフェースがインパクトでボールをしっかりキャッチ。
オフセンターでもロスが少ない安定感。

芝の上から打ちやすくて、球の高さも方向もブレません。
3兄弟で最もやさしいフェアウェイウッドです。

どんなクラブなのか評価と感想を解りやすくレビューします。



試打クラブのスペック

 PING(ピン)
G425 SFT FW (ストレート・フライト・テクノロジー フェアウェイウッド)
/2020年9月発売モデル
【番手/ロフト】
・5番/19°
【シャフト】
・ALTA J CB SLATE (S) (SR) 42.5インチ (¥43,000+税)
・PING TOUR 173-65 (S) 42.5インチ (¥43,000+税)

G425SFT FW

G425フェアウェイウッドは3タイプ。
・つかまえて飛ばす「SFT」
・低スピンで飛ばす「LST
・ブレずに飛ばす「MAX
となります。


関連記事

【試打&評価】ピン G425 MAX フェアウェイウッド/さらにブレない

【試打&評価】ピン G425 LST フェアウェイウッド/風に負けない低スピン

試打を終えた率直な感想は

この3項目が最大のお勧めポイント

  • ミスに寛容
  • 安定した飛距離
  • よく拾ってよくつかまる
nao1
Nao
自然にハイドローが打てますよ。

気になった点もあります

  • ドローヒッターはつかまり過ぎるかも
nao1
Nao
左のミスが出やすいならMAXをお勧めします。

ピン G425 SFT フェアウェイウッド が安く購入できる。


ピン G425SFT フェアウェイウッドの評価【9.2/10】

【構えやすさ】9.0

どっしりとした大きなクラウン。やさしさ満点の顔です。

空気抵抗を低減してくれる凹凸が無くなりスッキリした顔。構えやすくなりました。

G425SFT FW SET UP

前モデル(G410SFTフェアウェイウッド)とほとんど同じ大きさです。

【飛距離】9.5

前モデルよりも飛びます。
ドローボールになるので球がグイグイ伸びます。キャリー不足の心配もありません。

G425SFT FWの飛距離

【弾道の高さ】10.0

高弾道。5番なのに7番のような高さが出ます。

【つかまり】10.0

MAXよりも0.5°アップライトなライ角でつかまえながらナチュラルなフェースのターンでしっかりつかまえてくれます。
コスリのミスを減らしたいなら即効性があります。

【操作性】6.5

やさしさを優先するゴルファーにオススメです。

【打感】8.5

軽快に弾いてつかまった感触になります。

【やさしさ】10.0

5番ウッドが7番ウッドのように拾いやすくて上がりやすい。
3兄弟の中では、やさしさは間違いなく一番です。

よくつかまり、上がりやすく、ミスに強く、飛距離性能も素晴らしい。

MAXでも十分に上がりやすいけど、プッシュやコスリを減らしたいゴルファーや地面から打つのがどうも苦手なゴルファーは、コレを選んでおいた方が間違いないでしょう。

前モデルから飛距離も寛容さも1段階レベルアップしています。

【総合評価】9.2/10

【総合評価 9.2/10】
構えやすさ  9.0
飛距離  9.5
弾道の高さ  10.0
つかまり  10.0
操作性 6.5
打感 8.5
やさしさ  10.0

nao2
Nao
つかまるから飛んでくれます。

G425 SFT フェアウェイウッドの口コミ

下記の意見も参考にしてください。

「FWが苦手な私でも」

よく上がります。FWが苦手な私でも打ちやすいし、いつもより距離が出てます。

T.Tさん(45)  スコア 90〜99、39〜42m/s、フェード系

「つかまり過ぎ」

う~ん、、高く上がりますがつかまり過ぎてフックが連発です。

KUNIさん(53)  スコア 80〜89、43〜46m/s、ドロー系

「スピン量が多い」

よくつかまって楽に上がりますね。スピン量が多いのが気になりました。

RYOJIさん(51)  スコア 70〜79、47〜50m/s、フェード系


ピン G425 SFT フェアウェイウッド が安く購入できる。

シャフトは7種類

標準仕様は5種類のオリジナルカーボンと2種類のアフターマーケットシャフトから選ぶことが出来ます。

【オリジナルカーボン】
・ALTA J CB SLATE
(R/先調子)(SR/中先調子)(S/中調子)(X/中調子)
・PING TOUR 173-55
(SR/中調子)(S/中調子)
・PING TOUR 173-65
(R/中調子)(S/中元調子)(X/手元調子)
・PING TOUR 173-75
(R/中調子)(S/中元調子)(X/手元調子)
・ALTA DISTANZA
(先調子)
【アフターマーケットシャフト】
・Speeder 569 EVOLUTION VII
(S/先中調子)
・TENSEI CK Pro Orange 60
(S/元調子)

ALTA J CB SLATEは、よくしなりヘッドが走り軽快に振り抜ける。シャフトが仕事をしてくれます。
(S)で41〜44m/s、(SR)で39〜42m/sぐらい。
PING TOUR 173-65は合わせやすい、叩きやすいシャフト。コスパがいいシャフトです。アスリートにオススメ。
(S)で43〜46m/sぐらい。

オススメしたいゴルファーは

  • 右のミスを減らしたい
  • 芝の上からしっかりつかまえたい
  • 安定した高弾道が打ちたい

商品情報

メーカーPING (ピン)
商品名G425 SFT (ストレート・フライト・テクノロジー)
フェアウェイウッド
番手(ロフト・ライ角)・3W (16°・58°)
・5W (19°・58.5°)
・7W (22°・59°)
体積・3W :189cm3
・5W :178cm3
・7W :168cm3
長さ・3W :43インチ
・5W :42.5インチ
・7W :42インチ
※ALTA DISTANZAシャフトは、+0.25インチ
素材フェース:FORGEDマレージング鋼C300
ボディ:17-4ステンレススチール
製法鋳造
グリップ

ARCCOS GP 360 LITE TOUR VELVET ROUND AQUA
(バックライン無し)

シャフト【オリジナルカーボン】
・ALTA J CB SLATE
(R/先調子)(SR/中先調子)(S/中調子)(X/中調子)
・PING TOUR 173-55
(SR/中調子)(S/中調子)
・PING TOUR 173-65
(R/中調子)(S/中元調子)(X/手元調子)
・PING TOUR 173-75
(R/中調子)(S/中元調子)(X/手元調子)
・ALTA DISTANZA
(先調子)
【アフターマーケットシャフト】
・Speeder 569 EVOLUTION VII
(S/先中調子)
・TENSEI CK Pro Orange 60
(S/元調子)
価格【オリジナルカーボン】
¥43,000+税
【アフターマーケットシャフト】
・Speeder 569 EVOLUTION VII・¥55,000+税
・TENSEI CK Pro Orange 60・¥58,000+税
nao2
Nao
各番手のロフト角がMAXよりも1.5°ずつ大きいです。バリエーションは 3W,5W,7W ですがロフトは 4W,6W,8W というイメージでしょうか。


まとめ

PING G425 SFT フェアウェイウッドは、よくつかまり、上がりやすく、ミスに強く、飛距離性能も素晴らしい。

フェースが右に行かせたくない動きをしてくれます
オフセンターでもロスが少ない安定感もある。

芝の上から打ちやすくい、3兄弟で最もやさしいフェアウェイウッドです。


ピン G425シリーズのフェアウェイウッド が安く購入できる。