楽しい GOLF LIFE

ゴルフギアの口コミサイト「間違わないゴルフ用品選び」

プロギアRSアイアンとRSフォージドアイアンの試打&評価/魅力的な小顔の2種

      2018/09/05

PRGRプロギア「RSアイアン」と「RS FORGED アイアン」の2018年モデルを試打しました。どんなクラブなのか評価と感想をレビューします。(2018/9/4追記)

こちらにランクインしました↓
アスリートの2018年はこれに決まり! プロも使うやさしいアイアン7選

試打クラブ

PRGR (プロギア)

(1)RSアイアン(2018)
【番手】5番(23°) 7番(29°)
【シャフト】スペックスチールⅢ Ver.2 S(M-43)

(2)RS FORGED(フォージド) アイアン(2018)
【番手】5番(24°) 7番(30°)
【シャフト】ダイナミックゴールド 105 (S200)

(1)RS アイアン(2018)の評価

【構えやすさ】

意外に小顔です。やや厚めなトップラインとセミグースネックが、捕まえてくれそうに見える。また、コンパクト感が抜けの良さをイメージさせてくれます。

5番アイアンはボールを左足寄りで構えた時にバックフェースの出っ張りが少しだけ視界に入ってくるが、顔にこだわる熟練ゴルファーにも満足できそうな顔ですよ。

正面からフェース面を見ると、リーディングエッジに丸みがない。真っ直ぐです。これが構えた時に低重心っぽく見える要因なのかな。

【飛距離】

飛距離性能は高い。フェースがよく弾いて初速が速い。

↑5番アイアンでかなり飛んでます。

【弾道】

ロフトが立ってるのに高弾道になる。まるでアイアン型ユーティリティのような吹け上がらない強い弾道が打ちやすい。

【つかまり】

このジャンルのアイアンは、ラージフェースで重心距離が長いモデルが多いが、これはフェースがコンパクトだから、しっかりとターンして右プッシュを回避してくれます。

【打感】

よく弾く感触が軽快で心地いい。キャビティ内部に衝撃吸収材が注入されているが、確かに芯を外した時のシビレがほとんど感じられません。高反発系のアイアンの中では、打感の評価は高い。

【操作性】

操作は苦手なアイアンです。とにかく高弾道で真っ直ぐに打てるので、コントロールショットは必要としないゴルファーに使って欲しい。

【やさしさ】

スィートスポットが低いからなのか、マットの上のボールがティーアップしたボールを打つように楽に拾える。

そして大きなミス(フックやスライス)にならない。スピン量がやや少なめだが、オフセンターでもしっかりとキャリーが出るので、グリーンに乗る確率が上がりそうです。

飛距離がやさしく手に入るし、よく拾って、よくつかまる。打ち込まなくてもよく飛んでくれるので、トップ気味のミスが多いゴルファーが使うと、大きなキャリーが打てるようになります。高性能アイアンをコンパクト・ヘッドにすると、こんなに打ちやすくなるんだ。

シャフトは

シャフトは1種類のオリジナルカーボンと、2種類のスチールシャフトがある。

・Diamana for PRGR(S),(SR),(R)
・スペックスチールⅢ Ver,2(S),(SR)
・ダイナミックゴールド 105(S200)

「スペックスチール」は(S)と(SR)では重量が大きく変わります。N.S.PRO 950GH のSシャフトがハードに感じるなら、(SR)を選ぶとかなり楽に振り抜けると思う。

プロギア RS アイアン が安く購入できる。しかも合わなかったら9割保証で。さらに今ならウエッジ1本サービス!

オススメしたいゴルファーは

・アイアンの飛距離が欲しい。
・トップのミスが多い。
・つかまえてしっかりとキャリーを出したい。
・コンパクトなヘッドが好き。

「RS アイアン」のまとめ

「プロギア RS アイアン」(2018) は、よく拾って、よくつかまって、まっすぐに飛ぶ。コンパクトで振り抜きやすく、しっかりとキャリーが打てるアイアンです。

・よくつかまる
・スイートスポットが低い
・よく拾う
・よく飛ぶ
・ミスに強い
・振り抜きやすい
・打ちやすい

これは簡単ですよ! 楽です。簡単にグリーンに乗っちゃう。。いいアイアンです。。

【総合評価 8.7】
飛距離  10
やさしさ  9
弾道の高さ  9
つかまり  8
構えやすさ  9
操作性 6
打感 8

(2)RS FORGED アイアン(2018)の評価

【構えやすさ】

魅力的な小顔でストレートネックのフェースはターゲットにしっかりとフォーカスしやすいし、弾道のイメージが湧いてくる。でも、ゴリゴリのアスリートアイアンと違って、難しそうな印象は全くありません。

正面から見ると「RS アイアン」と同じような形状で、リーディング・エッジが真っ直ぐです。これが構えた時にボールと地面の隙間に入ってくれそうな安心感を演出している。

【飛距離】

ぶっ飛ぶ感じではないが、7番で30°、5番で24° のセミストロングロフト通りの飛距離がやさしく打てます。

↑5番アイアンで安定した飛距離になります。

【弾道】

よくスピンが効いた中弾道。

【つかまり】

少しダウンブローに打つと、自然にフェースがターンしてボールをつかまえてくれる。フェースが小さいから抜けもいい。少し薄くヒットしてもしっかりとつかまる。

【打感】

柔らかいが、軟鉄鍛造っぽさがちょっと薄い感じがする。でも、衝撃吸収材の効果があるので、オフセンターでも悪い感触にならない。

【操作性】

ラインが出しやすいし、距離感も出しやすい。7番で160ヤードと150ヤードを打ち分けることが難しくない。フェードも打てるし、低い球も打ちやすい。これは、やさしいアイアンなのに、コントロール性がいい。

【やさしさ】

ボールにコンタクトしやすく、気持ち良くつかまって、狙い通りの球になる。5番アイアンも打ちやすい。全番手が同じリズムで振れるし、楽に”つかまり感”が、実感できます。

アイアンのやさしさを追求すると、設計がラージフェースになってしまうが、コンパクトフェースの中に、やさしさと、操作性がしっかりと凝縮されたモデルです。このやさしさは、タイトリスト VG3 アイアン に似たものを感じる。

シャフトは

シャフトは3種類のスチールシャフトがある。

・スペックスチールⅢ Ver,2(S),(SR)
・ダイナミックゴールド 105 (S200)
・ダイナミックゴールド 120 (S200)

「ダイナミックゴールド 105」は「モーダス3 105」とライバル関係にあるが、私はこちらの方が振りやすく感じます。

こちらも参考に→ダイナミックゴールド 120 105 95 をモーダス3と打ち比べ

プロギア RS フォージドアイアン が安く購入できる。しかも合わなかったら9割保証で。さらに今ならウエッジ1本サービス!

オススメしたいゴルファーは

・あと少し飛距離アップしたい。
・やさしくて操作性がいいアイアンが欲しい。
・つかまえてしっかりとキャリーを出したい。
・コンパクトなヘッドが好き。

「RS フォージド アイアン」のまとめ

「プロギア RS FORGED アイアン」(2018) は、よくつかまり、ミスに強い。コンパクトヘッドで抜けもいい。やさしいアイアンで操作性も良い。

・よくつかまる
・抜けがいい
・操作性がいい
・構えやすいコンパクトヘッド
・ミスに強い

試打する前は、セミアスリートが対象と思ったが、それだけじゃない。楽にピンを攻められるから、アスリートも満足できます。体力が衰えてきたアスリートや、女子のトップアスリートには強力な武器になりそう。。。

【総合評価 8.8】
飛距離  8
やさしさ  9
弾道の高さ  8
つかまり  9
構えやすさ  10
操作性 9
打感 9

 - PRGR, アイアン