ゴルフギアの口コミサイト     「間違わないゴルフ用品選び」で楽しいゴルフライフを!

【試打&評価】ブリヂストン B1ST フェアウェイウッド(2023)/カーボン+チタンと可変ウエイト

BRIDGESTONE(ブリヂストン) B1ST フェアウェイウッド を2日間にかけてじっくりと試打しました。

前作(B1フェアウェイウッド)とは別物です。
ヘッドの素材が刷新され、サイズが大きくなった。

フェースの広範囲で弾き、強い弾道でよく飛び、オフセンターのロスが少なくなってます。

叩いても球が捻じれません。
フェースの反発が飛ばしてくれるから軽く振ればいい。平均以上のヘッドスピードのゴルファーには一味違う飛びが体感できるでしょう。

可変ウエイトが新装備されたのも魅力です。

操作しやすくて、上手い人ほどやさしく感じる、使えば使うほど良さが分かるでしょう。

どんなクラブなのか評価と感想を解りやすくレビューします。



試打クラブのスペック

BRIDGESTONE B1 ST FAIRWAY WOOD
(ブリヂストン B1ST フェアウェイウッド)
/2023年9月発売モデル
【番手/ロフト】
・5W/18°
【シャフト/価格】
・VENTUS BS-6(S)中調子/¥57,200(税込)
・SPEEDER NX BLACK 60(S)先中調子/¥73,700(税込)

BRIDGESTONE B1ST フェアウェイウッド

試打を終えた率直な感想は

この3項目が最大のお勧めポイント

  • 弾道が強い
  • 可変ウエイトが装備された
  • 芯が広くなった
nao1
Nao
前作(B1 FW)と比較するとオフセンターでもよく弾き、芯を外した時の飛びが違います。

気になった点もあります

  • 価格が高い
nao1
Nao
チタンの採用が影響してるのでしょうか、随分高くなりました。兄弟モデルのB2HTフェアウェイウッドの方がお値打ちな価格になってます。

「TRY SHOT」でお試し可能!
「下取り割」がお得!

ブリヂストン B1ST フェアウェイウッド が安く購入できる。


B1ST フェアウェイウッド(2023) の評価【9.0/10】

【構えやすさ】9.5

3W、5Wの体積がそれぞれ一回り大きくなった。それでも、投影面積が小さくて引き締まった顔。シャープで構えやすい顔です。

BRIDGESTONE B1ST フェアウェイウッドを構えると

関連記事

【試打&評価】B2HT フェアウェイウッド/打ちやすい!芝の上からハイドロー

【飛距離】9.0

時間をかけて何発もいろんな打ち方をしたが、よく飛びます。
オフセンターでも初速が落ちません。

BRIDGESTONE B1ST フェアウェイウッドの飛距離

【弾道の高さ】8.5

力強い中高弾道。やや少なめのスピン量。サイドスピンも少ないから叩いても捻じれません。

【つかまり】9.0

可変ウエイトが初期設定の状態でナチュラルドローです。自然にターンしてくれるからプッシュの心配がない。
ウエイトを入れ替えると、フェードバイアスに。その差が大きい。中間の設定も欲しくなります。

BRIDGESTONE B1ST フェアウェイウッドの可変ウエイト

【操作性】9.0

大きくは曲がらないが、安全な範囲で操作しやすい。意思が伝わりやすいです。

【打感】9.0

よく弾きます。弾きが前面に出るが、衝撃が小さいから心地よく感じる。慣れれば問題ないかも。

【やさしさ】8.5

カーボンクラウンだった前々作(TOUR B  X-F  フェアウェイウッド)、ステンレスヘッドの前作(B1フェアウェイウッド)、今回は再度カーボンを採用して、フェースにチタンを新採用。
ちょっと迷走してますが、ヘッドスピードが速めの上級者を満足させるテイストに仕上がってます。

前作(B1フェアウェイウッド)は操作しやすくて手に馴染みやすいFWだったが、イメージが一新されました。後継モデルと言っていいのか、、かなり違います。

日にちをまたいでじっくり試打したが、全般的に好結果が出てくれます。フェースの広範囲で弾き、強い弾道でよく飛び、オフセンターのロスが少ない。
叩いても吹け上がらないし、球が捻じれない。

辛口かもしれないが、
非力なゴルファーやミート率が低いゴルファーには、お助け要素は少ない。
平均以上のヘッドスピードでフェアウェイウッドに苦手意識がない人は、ショットを格上げできるし、一味違う飛びが体感できます。「コレはいいクラブだ」と思うかも。

私は試打を重ねるとだんだん良さが分かってきましたが、打つ人によって評価が分かれるでしょう。
上級者を満足させるフェアウェイウッドであるのは間違いありません。

【総合評価】9.0/10

【総合評価 9.0】
構えやすさ  9.5
飛距離  9.0
弾道の高さ  8.5
つかまり  9.0
操作性 9.0
打感 9.0
やさしさ  9.0

nao2
Nao
重たいシャフトの方が打ちやいです。手元調子の重たいシャフトで打ってみたいと思いました。

B1STフェアウェイウッドの口コミ

下記の意見も参考にしてください。

「打てません」

まったく打てません。ピッチャーゴロになります。私にはムリでした。

T.Tさん(40代)  スコア 90〜99、39〜42m/s、フェード系

「よく飛んで打ちやすい」

それほど重たくもないし、難しく感じません。平均的によく飛んで方向性も問題ありません。打ちやすいですよ。SPEEDER NX BLACK 60は高弾道のドローが打てます。

KUNIさん(50代)  スコア 80〜89、43〜46m/s、ドロー系

「なかなかの飛距離性能です」

高く上がってぶっ飛びます。ウエイトをフェードにしたら強弾道のフェードになりました。なかなかの飛距離性能です。

RYOJIさん(50代)  スコア 70〜79、47〜50m/s、フェード系

シャフトは3種類

3種類のカーボンが標準設定。

  • VENTUS BS-6(S)中調子/¥57,200(税込)
  • TENSEI Pro Blue 1K 60(S)中調子/¥79,200(税込)
  • SPEEDER NX BLACK 60(S)先中調子/¥73,700(税込)

VENTUS BS-6(S) は、よくしなってヘッドを走らせてくれる。つかまえやすいシャフト。(S)でドライバーのヘッドスピードが42〜45m/sぐらい。


買い替えなら「下取り割」がお得、
お試ししたいなら「TRY SHOT」が便利

ブリヂストン B1ST フェアウェイウッド が安く購入できる。

オススメしたいゴルファーは

  • 強い弾道で飛ばしたい
  • フェアウェイウッドは苦手ではない
  • 平均以上のスイングスピードがある

商品情報

メーカーBRIDGESTONE GOLF(ブリヂストン ゴルフ)
商品名B1ST FAIRWAY WOOD (フェアウェイウッド)
番手/ロフト/ライ角/シャフト長
  • 3W/15°/57°/43″
  • 5W/18°/57.5°/42.5″
体積[3W] 177cm3
[5W] 160cm3
素材[ボディ] Ti811チタン合金
[クラウン] CFRP(Carbon Fiber Reinforced Plastics)
[可変ウェイト] タングステンスクリュー(8g)、アルミスクリュー(2g)
製法[ボディ] ロストワックス精密鋳造、CNCミーリング、レーザー加工
[クラウン] 熱圧成形(CFRP部)
シャフト/価格
  • VENTUS BS-6(S)中調子/¥57,200(税込)
  • TENSEI Pro Blue 1K 60(S)中調子/¥79,200(税込)
  • SPEEDER NX BLACK 60(S)先中調子/¥73,700(税込)
グリップ

オリジナルライトラバーグリップ
バックライン無し/ブラック・グレー
(GBX0L)口径 φ60/重さ 45.5g

nao2
Nao
ヘッドの体積は大きくなりましたが、ロフト、ライ角、長さなどのスペックは前作と変わっていません。


まとめ

ブリヂストン B1ST フェアウェイウッド(2023) は、ヘッドの素材が刷新され、ミスに強くなり、より強い弾道が打てます。
可変ウエイトが新装備されたのも魅力です。

高反発のフェースが高初速で跳ね返して、叩いても球が捻じれません。
平均以上のヘッドスピードのゴルファーにオススメです。一味違う飛びが体感できるでしょう。


買い替えなら「下取り割」がお得、
お試ししたいなら「TRY SHOT」が便利

ブリヂストン B1ST フェアウェイウッド が安く購入できる。