ゴルフギアの口コミサイト     「間違わないゴルフ用品選び」で楽しいゴルフライフを!

【試打&評価】キャロウェイ ROGUE ST MAX LSドライバー/打ちやすさが進化

キャロウェイ ROGUE ST MAX LS(ローグST マックスLS)ドライバーを試打しました。

叩いても吹けない低スピンの強弾道。
左のミスが出ない安心感。

アスリートが安心してぶっ飛ばせる味付け
従来のSUB ZERO(サブゼロ)のような難しさはありません。

フェードも打ちやすいが、ストレート弾道も打ちやすい。

前作(EPIC MAX LS ドライバー)よりもミスに強くなって打ちやすさが進化してます。

どんなクラブなのか評価と感想を解りやすくレビューします。



試打クラブのスペック

Callaway ROGUE ST MAX LS DRIVER
(キャロウェイ ローグ ST マックス LS ドライバー)
/2022年2月発売モデル
【ロフト】
・9°
【シャフト/価格】
・TENSEI 55 for Callaway (S) 45.5″/¥86,900(税込)
・Tour AD UB-6 (S) 45.5″/¥105,600(税込)

ROGUE ST MAX LS ドライバー


関連記事

【試打&評価】ROGUE ST MAXドライバー/打ちやすくてぶっ飛び
【試打&評価】ROGUE ST MAX Dドライバー/つかまえて飛距離アップ
【試打&評価】ROGUE ST MAX FAST ドライバー/体力がなくても飛ばせる


試打を終えた率直な感想は

この3項目が最大のお勧めポイント

  • 低スピンでぶっ飛ぶ
  • 左のミスが出ない
  • 直進性が高い
nao1
Nao
LSという名前でハードルが上がりますが、打ってみると思ったよりも打ちやすいですよ。

気になった点もあります

  • 弾道調節の可変ウエイトが未装備
nao1
Nao
前作のようなつかまり具合が変えられる可変ウエイトがないのがちょっと残念です。

こちらのショップは安いですよ!

ROGUE ST MAX LS ドライバー のUSモデルの価格に驚き!
30日間返品可能


ROGUE ST MAX LSドライバーの評価【9.2/10】

【構えやすさ】9.0

455ccのコンパクトなヘッドですが、投影面積はちょうどいい感じ。
フェース面が切り落とされたように見えるので、もう少しバルジがある方がアスリート的には構えやすいのでは。

ROGUE ST MAX LS ドライバーSET UP

【飛距離】10.0

叩いたら叩いただけ飛んでくれます。
一発の飛びは前モデル(EPIC MAX LS ドライバー)と変わりませんが少しオフセンターのロスが軽減されています。

ROGUE ST MAX LS ドライバーの飛距離

【弾道の高さ】8.5

ある程度のヘッドスピードは必要ですが意外によく上がります。

【つかまり】8.5

ヘッドのターンは控えめ。
フェースローテーションでドロー回転をかけるのは不向きですが、
注意しないと右プッシュするような気持ち悪さはありません。

【操作性】9.5

ストレートとフェードの出し入れはやりやすい。
左のミスが出ないので安心して操作できます。

【打感】9.5

軽快な弾きの中に太い芯があります。
芯を外しても打感が悪くない。
従来のSub Zeroと比べると、ずいぶんオフセンターの打感の違いを感じます。


信頼できるお店でカスタムしませんか?

ROGUE ST シリーズのカスタムはUSモデルが断然オススメ!

画面から簡単入力。数十種類の豊富なシャフトは必見です


【やさしさ】8.5

打ちやすくなりました。

超が付くほどの低スピンじゃないし、
気を抜くとすぐにプッシュしちゃうようなデリケートでもない。
手に負えないようなハードな面は、ほとんど感じません。平均ぐらいのヘッドスピードがあればつかまります。

左のミスは消せるので、右だけ気を付ければいい。
右もそれほど怖くない。

やさしくなったと言っても、スイングプレーンが乱れるとミスヒットになります、
ターゲット層は上級者でしょう。

兄弟分の「ROGUE ST MAX ドライバー」がよくつかまるので、左のミスを消しながら叩きたいならこの”LS”がオススメです。

【総合評価】9.2/10

【総合評価 9.2】
構えやすさ  9.0
飛距離  10.0
弾道の高さ  8.5
つかまり  8.5
操作性 9.5
打感 9.5
やさしさ  8.5

nao2
Nao
叩きたい場面でも逆球が出ないから安心してアドレスできますよ。

トリプル ダイアモンド(Triple Diamond LS Driver)もあります!!
ROGUE ST をカスタムするならUSモデルが断然オススメ!


ローグ ST MAX LSドライバーの口コミ

下記の意見も参考にしてください。

「つかまらない」

やさしくなったとか、私には分かりません。全然つかまらないし球が上がりません。

T.Tさん(46)  スコア 90〜99、39〜42m/s、フェード系

「一番打ちやすい」

つかまりますね。ローグSTシリーズの中で、私はこれが一番打ちやすいです。

KUNIさん(53)  スコア 80〜89、43〜46m/s、ドロー系

「プッシュが耐えてくれる」

打ちやすいです。プッシュしても耐えてくれるし、フェードは逆球が出ません。ハードなシャフトで叩きたい人には安定感があるでしょうね。

RYOJIさん(52)  スコア 70〜79、47〜50m/s、フェード系

シャフトは4種類

【オリジナルカーボン】
・TENSEI 55 for Callaway (S)(SR) 中調子

ちゃんと暴れずに戻るからミートしやすいシャフトです。
(S)で42〜46m/sぐらい。

【アフターマーケット・シャフト】
・Tour AD UB-5(S) 中調子
・SPEEDER NX 50(S) 中調子
・Diamana PD 50(S) 中元調子


トリプル ダイアモンド(Triple Diamond LS Driver)もあります!!

ROGUE ST シリーズをカスタムするならUSモデルが断然オススメ!

画面から簡単入力。数十種類の豊富なシャフトは必見です!


オススメしたいゴルファーは

  • 左を気にせず叩いて飛ばしたい
  • 操作性を重視する
  • 平均以上のスイングスピードがある

商品情報

  • AI設計のFLASHフェースSS22
    従来のようにボール初速の向上やターゲットゴルファーの打点位置が考慮されているだけではなく、今回は飛びの3要素である、スピン、打ち出し角、ボール初速の3組み合わせも含めた新しいアルゴリズムによってAIが設計。
  • NEW JAILBREAK AI スピードフレーム
    フェースが効率良くたわむように2021年のEPICシリーズに初搭載されたJAILBREAK AI スピードフレームは、変更が加えられました。下辺のフレームの高さをアップし、ソール側の剛性が向上。その結果、よりフェースが効率良くたわむようになった。
  • NEW タングステン・スピードカートリッジと前後長の短いヘッドで低スピン
    タングステン・スピードカートリッジは、ヘッド最後方部のセンターに設置され、やや前後長の短いヘッド形状も加わることにより、ニュートラルバイアスで、他のモデルよりも低重心となっています。結果、打ち出されるボールは、低スピンの強い弾道となります。
  • ボディを一体成型したUNIボディ構造
    これは、レーシングカーやクルマなどにも採用されているモノコック構造と同様の考え方によるもの。インパクト時のエネルギーを溶接、接着箇所の歪みで逃がすということがなく、しっかりと受け止めることができ、効率よくインパクトのパワーへと変換させることにつながる。
  • トライアクシャル・カーボンや空力を考慮したヘッドシェイプ
    一体成型のボディには、トライアクシャル・カーボンクラウン&ソールが組み合わされ、剛性が高く、とても軽量なため、余剰重量を生み出して重心の最適化に大きく貢献。またヘッドシェイプは、ダウンスイング時の空気抵抗を削減して、スイングスピードの増大を実現。
メーカーCallaway (キャロウェイ)
商品名ROGUE ST MAX LS
(ローグ ST マックス LS)
ドライバー
ロフト・9°
・10.5°
ライ角57°
体積455cm3
フェース素材 / 構造鍛造 FS2S チタン / FLASH フェース SS22
ボディ素材8-1-1 チタンボディ+トライアクシャル・カーボンクラウン & ソール+タングステン・スピードカートリッジ約11g
グリップ

GOLF PRIDE Tour Velvet 360 ブラック/グレー
BL無し,口径60
[TENSEI 55 for Callawayシャフト装着]約45g(5717048)
[アフターマーケットシャフト装着]約50g(5717047)

長さ

45.5インチ

シャフト【オリジナルカーボン・シャフト】
・TENSEI 55 for Callaway (S)(SR)中調子
【アフターマーケット・シャフト】
・Tour AD UB-5(S) 中調子
・SPEEDER NX 50(S) 中調子
・Diamana PD 50(S) 中元調子
価格【オリジナルカーボン・シャフト】
¥86,900(税込)
【アフターマーケット・シャフト】
¥105,600(税込)
nao2
Nao
アフターマーケットシャフトの10.5°、オリジナルカーボンシャフトの9°の(SR)は受注生産になります。


まとめ

キャロウェイ ROGUE ST MAX  LSドライバーは、アスリートが安心して叩けます。

低スピンの強弾道と左のミスが出ない安心感があり、従来のSUB ZERO(サブゼロ)のような難しさはありません。

フェードも打ちやすいが、ストレート弾道も打ちやすい。
打ちやすさが進化してます。
左のミスを消しながら叩きたいアスリートにお勧めです。


こちらのショップは信頼できるお店です。私もお世話になってます。

ROGUE ST MAX LS ドライバー のUSモデルの価格に驚き!
30日間返品可能