ゴルフギアの口コミサイト     「間違わないゴルフ用品選び」で楽しいゴルフライフを!

【試打&評価】ピン G425 LST ドライバー/低スピンの強弾道でぶっ飛び

PING(ピン) G425 LST ドライバーを試打しました。

重心が浅い小顔のヘッドで振り抜くと低スピンの強弾道が打てます。
いつもと同じスイングなのに、球筋が強い!

小顔でブレないヘッドは、ヘッドスピードが速めのゴルファーが安心してぶっ叩けるやさしさがあります。

空気抵抗を抑える”タービュレーター”がヘッドを走らせてくれるし、ウエイトポジションでつかまり具合も調節可能。
さらに、価格設定がお値打ちです。

どんなクラブなのか評価と感想を解りやすくレビューします。



試打クラブのスペック

 PING(ピン)
G425 LST ドライバー
/2020年9月発売モデル
【ロフト】
・9°
・10.5°
【シャフト】
・ALTA J CB SLATE (S) 45.75インチ (¥70,000+税)
・PING TOUR 173-65 (S) 45.25インチ (¥70,000+税)

G425LSTドライバー

G425ドライバーは3タイプ。
・つかまる「SFT
・左のミスを減らせる「LST」
・最大慣性モーメントの「MAX
となります。


関連記事

【試打&評価】ピン G425 MAX ドライバー/ブレない、飛んで曲がらない

【試打&評価】ピン G425 SFT ドライバー/3兄弟の中で最もやさしい

試打を終えた率直な感想は

この3項目が最大のお勧めポイント

  • 低スピンの強弾道
  • 抜きやすい小顔のヘッド
  • ミスに強くなった
nao1
Nao
風に負けない強烈な中弾道が打てます。

気になった点もあります

  • かなりの低スピン
nao1
Nao
前モデルよりもスピン量が少ないので非力なゴルファーにはお勧めできません。

ピン G425 LST ドライバー が安く購入できる。しかも合わなかったら9割保証で。


ピン G425LSTドライバーの評価【9.1/10】

【構えやすさ】9.0

サイズは445ccですが それ以上に引き締まって見えます。吹け上がらないオーラが出てます。ハードヒッターには構えやすい顔でしょうね。

G425LSTドライバーを構えると

【飛距離】10.0

G425MAXと同じように振り抜くと確実にこちらの方が飛んでます。スピンを減らしたいゴルファーは飛びますよ。

G425LSTドライバーの飛距離

【弾道の高さ】8.0

低スピンのナチュラルフェードの中弾道。強いです。

【つかまり】8.5

意外によくつかまります。プッシュの連発になるようなミスは出ません。

【操作性】9.0

高さも方向もしっかりコントロール出来ます。ドローが打ちにくい。

【打感】8.5

フェースのたわみが感じられて心地いい打感。オフセンターで少し硬く感じます。

【やさしさ】9.0

前モデルよりもスピン量が減って、よりLSTらしさが復活。
しかもプッシュのミスは出にくくなってます。
吹け上がらないし引っ掛からないけど、右のミスが出ない安心感があります。
ヘッドスピードが速めのゴルファーにはやさしいクラブです。

ハードヒッター向けだとか、変な意識をせず、いつもと同じスイングで振り抜くと自然に低スピンの強烈な弾道になってぶっ飛んでくれる。
軽めのシャフトでも吹け上がらないので、ヘッドスピードを上げながらより遠くへ飛ばすことが出来ます。

ただし、スピン量を減らしたくても、非力なゴルファーにはオススメしません。ヘッドがズシリと感じるし、球が上がらず失速すると思います。

【総合評価】9.1/10

【総合評価 9.1/10】
構えやすさ  9.0
飛距離  10.0
弾道の高さ  8.0
つかまり  8.5
操作性 9.0
打感 8.5
やさしさ  9.0

nao2
Nao
アゲンストで威力を発揮してくれます。

G425 LST ドライバーの口コミ

下記の意見も参考にしてください。

「上がらない」

球が上がりません。MAXと全然違うクラブです。

T.Tさん(45)  スコア 90〜99、39〜42m/s、フェード系

「ドローも打てる」

メッチャ飛びます。ドローボールも打てますね。

KUNIさん(53)  スコア 80〜89、43〜46m/s、ドロー系

「やさしい、よく飛ぶ」

やさしいです。球が強くてよく飛びます。ヘッドが小さいからシャープに振り抜けます。

RYOJIさん(51)  スコア 70〜79、47〜50m/s、フェード系

シャフトは7種類

標準仕様は5種類のオリジナルカーボンと2種類のアフターマーケットシャフトから選ぶことが出来ます。

【オリジナルカーボン】
・ALTA J CB SLATE・45.75インチ
(R/先調子)(SR/中先調子)(S/中調子)(X/中調子)
・PING TOUR 173-55・45.25インチ
(SR/中調子)(S/中調子)
・PING TOUR 173-65 ・45.25インチ
(R/中調子)(S/中元調子)(X/手元調子)
・PING TOUR 173-75・45.25インチ
(R/中調子)(S/中元調子)(X/手元調子)
・ALTA DISTANZA・46インチ
(先調子)
【アフターマーケットシャフト】
・Speeder 569 EVOLUTION VII・45.25インチ
(S/先中調子)
・TENSEI CK Pro Orange 60・45.25インチ
(S/元調子)

ALTA J CB SLATEは、よくしなりヘッドが走り軽快に振り抜ける。シャフトが仕事をしてくれます。
(S)で41〜44m/s、(SR)で39〜42m/sぐらい。
PING TOUR 173-65は合わせやすい、叩きやすいシャフト。コスパがいいシャフトです。アスリートにオススメ。
(S)で43〜46m/sぐらい。

オススメしたいゴルファーは

  • 左のミスを減らしたい
  • 低スピンの強弾道で飛ばしたい
  • 平均以上のスイングスピードがある

商品情報

メーカーPING (ピン)
商品名G425 MAX ドライバー
ロフト・9.5°
・10.5°
ライ角58°
体積445cm3
素材フェース:FORGED T9S+チタン(フェース)
ボディ:811チタン
製法鋳造
グリップ

ARCCOS GP 360 LITE TOUR VELVET ROUND AQUA
(バックライン無し)

シャフト【オリジナルカーボン】
・ALTA J CB SLATE・45.75インチ
(R/先調子)(SR/中先調子)(S/中調子)(X/中調子)
・PING TOUR 173-55・45.25インチ
(SR/中調子)(S/中調子)
・PING TOUR 173-65 ・45.25インチ
(R/中調子)(S/中元調子)(X/手元調子)
・PING TOUR 173-75・45.25インチ
(R/中調子)(S/中元調子)(X/手元調子)
・ALTA DISTANZA・46インチ
(先調子)
【アフターマーケットシャフト】
・Speeder 569 EVOLUTION VII・45.25インチ
(S/先中調子)
・TENSEI CK Pro Orange 60・45.25インチ
(S/元調子)
価格【オリジナルカーボン】
¥70,000+税
【アフターマーケットシャフト】
・Speeder 569 EVOLUTION VII・¥82,000+税
・TENSEI CK Pro Orange 60・¥85,000+税
nao2
Nao
ラウンド中のショットを自動で記録してくれる「ARCCOSセンサー搭載グリップ」が標準で装着されます。


まとめ

PING G425  LST ドライバーは、小顔のヘッドで振り抜きやすく、低スピンの強弾道が打てます。

ヘッドスピードが速めのゴルファーがいつもと同じスイングで振り抜くと低スピンの強弾道でぶっ飛んでくれます。

空気抵抗を抑える”タービュレーター”がヘッドを走らせてくれるし、ウエイトポジションでつかまり具合も調節可能。
価格設定がお値打ちです。


ピン G425 LST ドライバー が安く購入できる。しかも合わなかったら9割保証で。