ゴルフギアの口コミサイト     「間違わないゴルフ用品選び」で楽しいゴルフライフを!

オノフ ラボスペックRD-390Dドライバーの試打&評価/叩きたいヒッターに

ONOFF LABOSPEC RD-390D ドライバー を試打しました。どんなクラブなのか評価と感想をレビューします。

試打クラブ

ONOFF LABOSPEC
(オノフ ラボスペック)
RD-390D ドライバー
【ロフト】
・10.5°
【シャフト】
・LABOSPEC TATAKI : 50 (S)
・LABOSPEC TATAKI : 60 (S)

LABOSPEC RD390Dドライバー

ロフトバリエーションは1種類のみ(10.5°)

メーカーから推奨されるシャフト長は45インチです。

LABO SPEC・ラボスペック

オノフ・ラボスペックのヘッドは、好きなシャフトやグリップと組み合わせて、オリジナルのクラブを作る数量限定のヘッドパーツ。限定生産の為、在庫がなくなり次第販売が終了になります。

2つの小顔モデルがラインナップさています。スインガーでも高弾道がやさしく打てる超小顔のRD−330Sと、こちらのハードヒッター向けの2モデルです。

LABOSPEC RD390Dドライバー

LABOSPEC RD-330S の試打レビューはこちら

ラボスペックRD-390Dドライバーの評価

【構えやすさ】

ディープフェース&ハイバックの390ccなので、投影面積がかなり小さい。でも、これぐらいの大きさの方が集中して構えられます。私は嫌いじゃない。

LABOSPEC RD390Dドライバーのクラウン部分

各メーカーからハードヒッター向けの小ヘッドがリリースされているけど、この小顔は別次元のサイズ。 タイトリスト TS4 ドライバー は430CC、テーラーメイド M5 TOUR ドライバー は435ccです。

【飛距離】

弾道が強くて、ライナー性の球筋で飛び出して、ランも多い。ぶっ飛ぶ感じではない。

RD-390Dの飛距離

なかなかミート率が上がらなかった。ミスヒットすると大きなロスになります。

【弾道】

低スピンの中弾道。ロフトは10.5度だが9度以下の感覚です。球筋が強い。私のヘッドスピードでは、目一杯ぶっ叩いても一切吹け上がらなかった。

LABOSPEC RD390Dドライバーの側面

【つかまり】

つかまりません。インサイドアウトにドローボールを打とうとすると、プッシュ連発。一般的にこのような小顔はよくターンするものだが、ターンは控えめ。

【打感】

ちょっと硬め。大きく弾く感じでもないし、ホールド感もない。

LABOSPEC RD390Dドライバーのフェース

【操作性】

フェードボールは打ちやすい。左に行かないのでフェードの出し入れがやりやすい。ドローは打ちにくい。

【安定感】

私のようなドローヒッターには逆球が懸念されるから、あえてこのモデルを選択するメリットを感じないが、フェードで攻めたいハードヒッターがピタッとハマればエースドライバーになるかも。ハードヒッターは吹け上がりのロスがないからしっかり叩いていけるでしょう。

クルクルとフェースをローテーションしながら操作するようなクラブではないです。引っかかりを遮断したいハードヒッターに安定感が得られるかも。これは左殺しのドライバーです。

ミスが出やすいし、寛容度は低い。ターゲットは上級者に絞られると思います。

シャフトは

カスタムオーダーで様々な種類のシャフトが選べます。

LABOSPEC シャフト

手元調子の「LABOSPEC TATAKI」は先が硬くてしっかり叩いていける。

おすすめしたいゴルファーは

・強い弾道が打ちたい。
・吹き上がりを抑えたい
・ヘッドスピードが速い。
・上級者

まとめ・総合点

オノフ LABOSPEC RD-390D ドライバー は、低スピンの強い弾道が打てる超コンパクトヘッド。ハードヒッターが左を気にせずに叩けるドライバーです。

・中弾道
・強い弾道
・低スピン
・つかまり過ぎないコンパクトヘッド
・吹け上がらない

大型ヘッドにイライラするハードヒッターにおすすめ。ハマる人にはハマります。

【総合評価 8.1】
飛距離  8.5
やさしさ  7
弾道の高さ  7.5
つかまり  7.5
構えやすさ  9
操作性 9
打感 8.5