楽しい GOLF LIFE

ゴルフギアの口コミサイト「間違わないゴルフ用品選び」

ヤマハ インプレスUD+2フェアウェイウッド(2019)の試打&評価/飛ぶよ

   

ヤマハ inpres UD+2 FW (2019)を試打しました。どんなクラブなのか評価と感想をレビューします。

試打クラブ

YAMAHA inpres(ヤマハ インプレス)
UD+2(プラス ツー)フェアウェイウッド
/2019年モデル (2018年10月発売)
【番手(ロフト)】
・5番(17度)
【シャフト】
・TMX-419F (S),(SR) オリジナルカーボン

inpres ud+2fw2019

番手バリエーションは4種類(3W、5W、7W、9W)

UD+2フェアウェイウッドの評価

【構えやすさ】

構えてみると、投影面積が大きくて、平ぺったく見える。バルジがないストレートなフェース面が目標方向にシャキッと構えやすい。

inpres ud+2fw2019 構えると

少しグースっぽくて、シャローフェース&シャローバック。振り遅れても球が上がりそうでつかまりそうな安心感があります。

【飛距離】

オフセンターでもよく飛んでくれます。ヘッドの重みを感じながらゆったりと振り抜いた方が距離が伸びる。スインガーには飛距離アップになりそう。

inpres ud+2fw2019 飛距離

Sシャフトで、ドライバーのヘッドスピードが43m/sぐらいが上限。ミート率が高くてよく飛びます。

【弾道】

低スピンの中高弾道。上がりすぎずランも多い。吹け上がりもほとんど気にならない安定した球筋です。

【つかまり】

重心角が大きいのかな。自然にターンしてよくつかまります。少々振り遅れてもシャフトのしなりとうまく噛み合ってフェースの上に乗ってくれるが、過剰にターンしないからつかまり過ぎの心配もない。

inpres ud+2fw2019 face

【打感】

極薄フェースがよく弾く感触が軽快で心地いい。オフセンターでもしびれる感じがない。

【操作性】

直進性が高くて曲がらないし、軽く振っても飛んでしまうので操作性を求めるゴルファーには向いていない。

inpres ud+2fw2019 シャローバック

【やさしさ】

ややストロングロフトなのに軽く払うだけで球が上がるし、そのロフト以上に飛距離が伸びてくれる。シャフトの動きとフェースの動きがピタッとはまっているから、とっても振りやすい。この飛距離があれば3Wは必要ないですよ。

前モデルよりもスイートエリアが広くなって、飛距離のロスも少ないし左右にブレません。さらにミスに寛容になった印象です。

FWがつかまらない、上がらない、そんなアベレージゴルファーにぜひこのクラブで、軽〜く払い打ちしてほしい。

シャフトは

標準仕様はオリジナルカーボンの TMX-419F (S),(SR),(R) のみの設定。

振り抜きやすくてグニャグニャせずにしっかりとコンタクトできます。グリップも軽くてバランスがいい。

(S)で40〜43m/s、(SR)で38〜41m/sぐらい。

こんなゴルファーにおすすめ

・ヘッドスピードは速い方じゃない。
・払い打ちのスインガー
・ミスを減らしたい。

YAMAHA インプレス UD+2フェアウェイウッド が安く購入できる。しかも合わなかったら9割保証で。

まとめ

ヤマハ インプレス UD+2フェアウェイウッド (2019年モデル) は、ミスに寛容な飛び系FW。軽くてミートしやすい。

・振り抜きやすい
・よくつかまる
・よく拾う
・ミスに強い
・平均的によく飛ぶ
・やさしい

評価が高かった前モデル以上にやさしくなった。飛んで曲がらないから3Wは必要なし。

ヤマハ インプレス UD+2 フェアウェイ ウッド
by カエレバ

【総合評価 9.0】
飛距離  9.5
やさしさ  10
弾道の高さ  9
つかまり  9
構えやすさ  9
操作性 6
打感 9

 - YAMAHA, フェアウェイウッド