ゴルフギアの口コミサイト     「間違わないゴルフ用品選び」で楽しいゴルフライフを!

【試打&評価】タイトリスト T400 アイアン(2022)/より高く,より遠く,超やさしい

Titleist(タイトリスト) T400 アイアン(2022年モデル)を試打しました。

ストロングロフト以上にぶっ飛ぶ飛距離性能。
ロフトが立ってるのに、そんなのお構いなしに高く上がって、高さで止まってくれる。
広いスイートエリアでミスヒットに強く、狙った方向にしか飛びません。

全体重量が軽くて振り抜きやすい。軽くてもフワフワしないからコンタクトしやすい。
この振りやすさこそが最も評価したい点です。

アイアンの飛距離がすぐに手に入ると言っても言い過ぎじゃない。
前作(T400アイアン 2020)も評価が高かったが、すべての面でレベルアップされた凄いアイアンです。

どんなクラブなのか評価と感想を解りやすくレビューします。



試打クラブのスペック

Titleist(タイトリスト)
T400 アイアン(2022年モデル)
/2022年11月発売モデル
【番手/ロフト】
・7番/26°
・PW/38°
【シャフト】
・N.S.PRO 880 AMC(S) 中元調子
・3D401 中調子 カーボン
【価格 5本セット / 7,8,9,P,W】
¥143,000(税込)

T400 Iron 2022 Titleist


30日間返品可能
タイトリスト・アイアン のUSモデルはシャフトの種類が豊富です。

試打を終えた率直な感想は

この3項目が最大のお勧めポイント

  • 標準的なシャフト長で軽快に振り抜ける
  • 高弾道でぶっ飛ぶ
  • ものすごい寛容性で超やさしい
nao1
Nao
素晴らしい! 驚きました。やさしくて、ぶっ飛んで、曲がらないアイアンです。軽くて振り抜きやすいバランスにもビックリです。

気になった点もあります

  • ストロングロフトなのでウェッジの構成を考える必要がある
nao1
Nao
5本セットにはP(38°)とW(43°)が含まれていますが、さらにW2(49°)とW3(55°)が単品で用意されています。

タイトリスト T400 アイアン(2022)が安く購入できる。


T400アイアン(2022)の評価【9.5/10】

【構えやすさ】9.5

グースネックのラージフェースで安心感があり、少し厚めのトップライン。やさしい顔です。
ゴツゴツ感がなく、タイトリストっぽいテイストも感じます。

set up T400 Iron 2022 Titleist

【飛距離】10.0

超ぶっ飛び。7番で26°のロフト以上に飛びます。オフセンターのロスが少なくて安定感抜群です。

T400 Iron 2022 Titleistの飛距離

【弾道の高さ】10.0

これだけロフトが立ってるのにノーマルロフト並みの高さになります。

この上がり方は前作(T400アイアン 2020)よりもさらに楽になった感じ。

T400 Iron 2022 Titleistのソール

ソールは分厚いが、ソール形状が2段に盛り上がっている。接地面積が減り、芝の抵抗が少なくてヘッドが走ります。

T400 Iron 2022 Titleistのソール7番

【つかまり】9.0

適度にフェース・ローテーションしながら、しっかりつかまえます。
真っすぐにしか飛びません。

【操作性】7.0

直進性を求めるゴルファーに。

【打感】9.0

軽快に弾いて、少しだけ包み込むような心地よさもある。オフセンターも悪くありません。

【やさしさ】10.0

7番アイアンはこんな感じです。

シャフト長は7番、
ロフトは5番、
球の高さは8番。
飛距離は4~5番ぐらい。
ミートしやすさは9番ぐらい。

簡単に言うと、、、
9番アイアンのやさしさで、8番アイアンぐらい高く上がり、4番アイアンぐらい飛ぶ。

こんなに打ちやすくてやさしいアイアンは他にあるだろうか、、、

全体重量が軽くてもフワフワしないからコンタクトしやすい。
この振りやすさが最大の長所かも。
T200アイアン と同じシャフト(N.S.PRO 880 AMC)で比較すると、全体重量が大幅に軽い。2番手分ぐらい軽量です。
グリップとヘッドの軽さだけなのか、シャフトの入れ方も違うのか、詳細は分かりませんが、この軽さのおかげで振り抜きやすく、しかもミートしやすく仕上がってます。

ストロングロフト以上にぶっ飛ぶ飛距離性能。
ロフトが立ってるのに、高く上がって、高さで止まってくれる。
広いスイートエリアでミスヒットに強い。

狙った方向にしか飛びません。

このアイアンを手にするだけでの飛距離も方向性もすぐに手に入ると言っても言い過ぎじゃない。
前作(T400アイアン 2020)も評価が高かったが、すべての面でレベルアップされています。


タイトリスト T400アイアン(2022)が早くも値下げ!


【総合評価】9.5/10

【総合評価 9.5】
構えやすさ  9.5
飛距離  10.0
弾道の高さ  10.0
つかまり  9.0
操作性 7.0
打感 9.0
やさしさ  10.0

nao2
Nao
かなりスッキリした外観デザインです。カッコいいですよ。

T400アイアン(2022) の口コミ

下記の意見も参考にしてください。

「弾道が高くてよく飛ぶ」

パワーがなくても打ちやすいです。弾道が高くてよく飛びます。この7番の飛距離はビックリです。

T.Tさん(47)  スコア 90〜99、39〜42m/s、フェード系

「6番は必要ない」

ターンしやすくて気持ちよくつかまります。弾道はストレート。方向性の良さと、ミスの強さが素晴らしいです。7番で十分な距離なので、6番は必要ないですね。

KUNIさん(55)  スコア 80〜89、43〜46m/s、ドロー系

「飛距離も方向も抜群にいい」

ロフトが立ってると思えない高さで飛びますね。低重心のやさしさを感じやすいアイアンです。飛距離も方向も抜群にいいですね。

RYOJIさん(54)  スコア 70〜79、47〜50m/s、フェード系

シャフトは2種類

標準仕様のシャフトは1種類のスチールと1種類のカーボン。

  • N.S.PRO 880 AMC(S) 中元調子
  • 3D401 中調子 カーボン

N.S.PRO 880 AMCは、ロングアイアンは軽くてショートアイアンが重くなるウエイトフロー設計。打ちやすいです。(S)で39〜44m/sぐらい。

3D401カーボンは、軽くてヘッドがよく戻り、よく走り、よく拾います。1フレックスのみ。36〜40m/sぐらい。


30日間返品可能

タイトリスト・アイアン のUSモデルはシャフトの種類が豊富です。


オススメしたいゴルファーは

  • アイアンの飛距離が欲しい
  • シャフトは標準の長さが欲しい
  • 操作性はこだわらない

商品情報

メーカーTitleist (タイトリスト)
商品名T400 アイアン (2022年発売モデル)
番手(ロフト)
  • 5(20°)
  • 6(23°)
  • 7(26°)
  • 8(29°)
  • 9(33°)
  • P(38°)
  • W(43°)
  • W2(49°)
  • W3(55°)
素材D18タングステン、17-4ステンレス、Max Impact 2.0
製法鍛造L型フェースインサート

本体:鋳造

仕上げニッケルクロームメッキ(ミラー仕上げ)
グリップツアーベルベット・ラバー・360ライトプラス・フラットキャップ(M60)
シャフト
  • N.S.PRO 880 AMC(S) 中元調子
  • 3D401 中調子 カーボン
長さ・ライ角7番:37インチ・63°
価格[5本セット(7-W)]¥143,000(税込)
[単品(5,6,W2,W3)]¥28,600 (税込)
nao2
Nao
前作(T400アイアン 2020)は6~Pの5本セットでしたが、7~Wの5本セットになりました。実用的だと思います。


まとめ

タイトリスト T400 アイアン (2022年モデル) は、9番アイアンのやさしさで、8番アイアンぐらい高く上がり、2番手以上ぶっ飛びます。

全体重量が軽くてもフワフワしないからコンタクトしやすい。
この振りやすさが最大の長所。
広いスイートエリアでミスヒットに強く、狙った方向にしか飛びません。

飛距離も方向性もすぐに手に入る、超やさしいアイアンです。


タイトリスト T400 アイアン(2022)が安く購入できる。