ゴルフギアの口コミサイト     「間違わないゴルフ用品選び」で楽しいゴルフライフを!

【試打&評価】ブリヂストン 245MAX アイアン(2024)/やさしさがマックス

BRIDGESTONE(ブリヂストン) 245 MAX アイアン をじっくりと試打しました。

遅めのヘッドスピードで払い打ちすると、高く上がってよく飛ぶ。
方向性がよくて、オフセンターのロスが少ない。トップしても大きなミスになりません。

カーボンコンポジット素材が飛びとやさしさと安定感を提供してくれます。

1番手分の飛距離のアドバンテージがあるから、楽な気分でグリーンが狙えます。
ミスに寛容な、トップクラスのやさしさ。やさしさマックスのアイアンです。

どんなクラブなのか、実際に打った体験とトラックマンで計測したデータをもとに、その評価と感想を項目別に解りやすくレビューします。



試打クラブのスペック

BRIDGESTONE 245MAX IRON
(ブリヂストン 245 マックス アイアン)
/2024年4月発売モデル
【番手/ロフト】
・7番/27°
【シャフト/価格(5本セット・7~P2)】
・VANQUISH BSi for MAX (S)(R)中調子 /¥154,000(税込)

ブリヂストン 245MAXアイアン

試打を終えた率直な感想は

この3項目が最大のお勧めポイント

  • ミスに強い
  • 払い打ちでも球が上がってくれる
  • 安定した飛び
nao1
Nao
軽くて、ミートしやすくて、ミスに寛容な超やさしいアイアンです。

気になった点もあります

  • 番手表示が1番手ずつズレてるだけ?
nao1
Nao
7番アイアンからの5本セットですが、PWは2本(P1,P2)あります。シャフトは1番手分長いです。番手表記が1番手分違う感じですね。

【表示価格から、さらにクーポンでお値打ちに!】 
ブリヂストン 245MAX アイアン は GOLF5 が安い。


245MAXアイアンの評価【9.1/10】

【構えやすさ】9.0

分厚いトップブレード、グースネック、長めのフェース長。やさしいアイアンのオーソドックスな顔。安心して構えられます。

ブリヂストン 245MAXアイアンのフェース

【飛距離】9.0

試打1日目に VANQUISH BS40 for MAX (R) で、ドライバーのヘッドスピードが38m/sぐらいをイメージして振った時の平均的な測定値です。

7番で27°のロフト通りの飛距離。ぶっ飛びよりも安定感の味が濃い。

ブリヂストン 245MAXアイアンの飛距離データ


下記の表は、VANQUISH BS40 for MAX (S) シャフトを挿入したモデルで、トラックマンで10球測定した平均値です。

245maxアイアン7番(27°)×VANQUISH BS40 for MAX (S)
ヘッドスピード37.2m/s
ボール初速52.4m/s
キャリー163.5y
トータル171.0y
打ち出し角18.0°
バックスピン4,496rpm
落下角度46.2°
ミート率(SMASH FAC.)1.40

試打データから解った事

①ロフト通りの飛距離
②フェース下部のロスが少ない
③距離と方向の安定感がある
④スピンは少なめ
⑤軽く振った方が飛ばしやすい

飛距離よりもやさしさと安定感優先。それでも1番手以上のアドバンテージはある。

【弾道の高さ】9.0

ロフトの割には高く上がる。払い打ちの方が高く上がりやすい。

【つかまり】9.0

ターンは控えめだが、プッシュが出にくい印象。十分なつかまりやすさ。

【操作性】7.0

安定感優先です。

【打感】9.0

フェースがたわんで軽快に弾き、心地いい感触。オフセンターでも悪くない。

【やさしさ】10.0

このアイアンのターゲット層である遅めのヘッドスピードで振ると、打ち込まない方が打ちやすい。高く上がってよく飛びます。
方向性がよくて、芯を外してもちゃんと飛んでくれる。
トップしても球が持ち上げられて、大きなミスになりません。

カーボンコンポジット素材による重量配分の効果なのか、マックスのやさしさを実感できます。

軽く振っても1番手分の飛距離のアドバンテージがあるから、楽な気分でグリーンが狙えるし、飛距離アップのいい気分が味わえます。
ミスに寛容な、トップクラスのやさしさがあり、やさしさマックスのアイアンです。

【総合評価】9.1/10

【総合評価 9.1】
構えやすさ  9.0
飛距離  9.0
弾道の高さ  9.0
つかまり  9.0
操作性 7.0
打感 9.0
やさしさ  10.0

nao2
Nao
ショートホールで同伴競技者が7番を使ったときに、「8番で打ったよ」と優越感を味わえますよ。

245マックス アイアンの口コミ

私と一緒に試打を体験したゴルファーの意見や感想も参考にして下さい。

「左右に捻じれない」

コスリが出ません。狙った方向に飛び出して、左右に捻じれません。ダフっても飛んでくれます。

《T.Tさん(40代) ゴルフ歴10年,スコア90〜99,39m/s,フェード系 サラリーマン・月2ゴルファー》

「ユーティリティ並みのやさしさ」

U5かU6のように直線的に飛んで素直な弾道になります。ユーティリティ並みのやさしさがありますね。

《KUNIさん(50代) ゴルフ歴27年,HDCP12,44m/s,ドロー系 夢はシングルのメタボ・ゴルファー》

「高さで止まる弾道に」

打ち込まない方が安定感があります。スピンは少なめですが高さで止まる弾道になります。

《RYOJIさん(50代) ゴルフ歴40年,HDCP3,48m/s,フェード系  学生時代はキャプテン。クラチャンは2位が最高。》

標準シャフトは・レフティは

標準シャフトは、カーボンとスチールが1種類ずつ。
レフティモデル(左利き用)の設定はありません。

【カーボン】
VANQUISH BS40 for MAX (S)(R) 中調子

【スチール】
N.S.PRO 750GH neo (S)先調子

オリジナルカーボンシャフトの印象は、

VANQUISH BS40 for MAX は、シャフト全体に粘りがあり合わせやすいシャフト。ヘッドが走り過ぎず、ミートしやすい。(S)でドライバーのヘッドスピードが38~41m/sぐらい、(R)で35~38m/sぐらい。

オススメしたいゴルファーは

こんな人にメリットがあります

  • 払い打ちするタイプ
  • 操作性は必要ない
  • ミスに寛容なアイアンで安定感が欲しい
  • ヘッドスピードは平均以下

デメリットもあります

  • ロフトがが立ってるからウェッジやUTの構成を考える必要がある
  • 操作性は良くない

比較対象となるモデルは

下記のモデルは、ロフト設定、やさしさ、振りやすさがよく似た性能です。

前作との違い・進化した点

何かの後継モデルではありません。

商品情報(スペック)

メーカーBRIDGESTONE GOLF
(ブリヂストンゴルフ)
商品名245MAX(マックス) アイアン
番手(ロフト/ライ角/長さ)
  • 6(24°/61.5°/38″)
  • 7(27°/62°/37.5″)
  • 8(31°/62.5°/37″)
  • 9(35°/63°/36.5″)
  • P1(39°/63.5°/36.25″)
  • P2(44°/63.5°/36″)
  • AW(50°/63.5°/35.75″)
  • SW(56°/63.5°/35.5″)
ヘッド素材[6~P2]HSメタルX37、CFRP(Carbon Fiber Reinforced Plastics)/外部:タングステンウエイト
[AW,SW]ソフトステンレス、CFRP(Carbon Fiber Reinforced Plastics)/外部:アルミウエイト
ヘッド製法ロストワックス精密鋳造、熱圧成形(CFRP部)
グリップ

オリジナルラバーグリップ ブラック・グレー
バックライン無し/口径φ60/重さ42g (GBX0K)

シャフト
  • VANQUISH BSi for MAX (S)(R)中調子
  • N.S.PRO 750GH neo(S)先調子
価格¥154,000(税込)/7-P2(5本セット)
¥30,800(税込)/6,AW,SW(単品)
nao2
Nao
750GH neo は特注対応になります。


まとめ

ブリヂストン 245 MAX アイアン を試打の体験と計測データをもとに、その評価をレビューしました。

遅めのヘッドスピードで払い打ちすると、高く上がり、方向性がよくて、よく飛びます。

やさしさと安定感はトップクラス。
軽く振っても1番手分の飛距離のアドバンテージが味わえる、やさしさマックスのカーボンコンポジット・アイアンです。


【表示価格から、クーポンでお値打ちに!】 
ブリヂストン 245MAX アイアン は GOLF5 が安い。
早くも大幅プライスダウン!