楽しい GOLF LIFE

ゴルフギアの口コミサイト。間違わないゴルフ用品選びで飛距離アップ、スコアアップ。ライバルに差をつけてゴルフをエンジョイしましょう。

PRGR プロギア RS ユーティリティ(2018) の試打&評価

   

PRGR プロギア RS ユーティリティ 2018年モデル を試打しました。どんなクラブなのか評価と感想をレビューします。

試打クラブ
【番手 (ロフト) / シャフト】
・4UT (22°) / Diamana for PRGR  S(M-43)
・5UT (25°) / スペックスチールⅢ Ver.2 S(M-43)

「プロギア RS ユーティリティ (2018)」の番手バリエーションは、3番(19°)、4番(22°)、5番(25°) の3種類ある。ロフト角とライ角を調節するカチャカチャは付いていません。RSシリーズのドライバーアイアンは2種類ずつあるが、フェアウェイウッドとユーティリティは1種類のみの展開です。

U6がないが、、

前モデルには存在した6番(28°)はラインナップから姿を消した。6番は、プロギアの新提案クラブであるQ(キュー)の出番なのかな。確かに「PRGR Q(キュー)」は楽です。一般的なユーティリティよりもしっかりとつかまってくれるし、球がよく上がるのでU6が欲しいゴルファーに超オススメです。。

プロギア Q(キュー)の評価はこちら↓
PRGR Q (プロギア キュー) が窮地を救ってくれる理由とは・試打&評価

プロギア Q(キュー)

構えてみると

構えてみると、RSシリーズならではの「Wクラウン」がはっきりと確認できる。クラウン部分のフェース寄りにある傾斜「Wクラウン」がRSシリーズのウッド系の共通の特徴だが、投影面積が最も小さいUTはこの傾斜が強調され、これがターゲットラインにスクエアに構えやすくしている。

ユーティリティとしては大きめのヘッドで、少しだけセミグースの顔が、つかまりそうな安心感があり、とっても構えやすい。

試打の評価は

カーボンシャフト挿入の4UT (22°) から打ってみると、気持ちよく拾って、力強い中弾道でよく飛びます。やや軽めのシャフトなのに、タイミングが合いやすく、しかもつかまりすぎない。丁度いいつかまり具合なので、安心して振り抜けます。バランスがいいからヘッドスピードが早くても打ちやすいし、遅めのゴルファーがしっかりと叩ける感じもする。

左に行きにくいヘッドの挙動だが、右プッシュはこのカーボンシャフトが補っている。打点が低くてもよく拾うし、シャフトのしなりでしっかりとボールを運んでくれる。オフセンターでも飛距離がロスしないから、ほとんど同じような弾道になります。。しかもグニャグニャしないからコンタクトしやすい。引っかかりやすいユーティリティは使えないが、このヘッドとシャフトを組み合わせた全体の完成度はかなり高い。上げて下ろすだけでまっすぐ飛んじゃう感じ、、、この仕上がりはなかなかいい。

打感は少し硬めの印象。分厚い打感じゃないので、芯を食った満足度は少ないかも。

スチールシャフト挿入の5UT (25°)を打つと、ややヘッドが返りにくい。どうやら、よくつかまるカーボンシャフトとのマッチングの方がスムーズな動きをしてくれそうです。スチールシャフトで軽く払い打つと、本来のヘッドの特徴が明らかになってくる。インパクトでフェースがブロックされてなかなかターンしてくれません。

少し右足寄りに置いて、ショートアイアンでライン出しをするようにコンパクトに打ち込んでみると、これが一変して、ピンを刺すように正確なショットが打てるようになった。ただし、ウエイトバランスが軽く感じるので、タメが作りにくいのが気になる。しっかり打ち込めずにタイミングがブレることがあるのです。でも、ブレても左に行かないから、想定内のミスで収まってくれますが、、、お助けクラブとしての条件は満たしています。

8番アイアン感覚で振れる

このユーティリティは、近年多くなったやさしいアイアン(ラージフェースで重心距離が長いアイアン)の8番アイアンあたりを振るような感じです。低重心でよく拾ってくれるし、フェースのターンが控えめで引っ掛けのミスが出にくい。アマチュアゴルファーに多いスイングタイプに適合しそうな動きをしているのです。そこに肉薄フェースとWクラウン構造が大きな反発性能を発揮して、オフセンターでもしっかりと距離を保証してくれる。

ターゲット層は、フォームが固まっている熟練ゴルファーや、スコアにこだわりたいセミアスリートあたりです。これは安心できるお助けクラブにもなってくれますよ。

シャフトは

シャフトはカーボンの「Diamana for PRGR(S),(SR),(R)」と軽量スチールの「スペックスチールⅢ Ver.2(S),(SR)」が標準仕様です。

カーボンシャフトは、前述した通り、よく拾ってくれるし、とにかく振り抜きやすい。しなりを感じながらゆったりと振ると、しっかりつかまえてくれる。暴れないから方向が定まるし、タイミングがブレにくい。(S)で42〜44m/s、(SR)で39〜41m/s ぐらい。このRSシリーズ(2018)専用のディアマナは、素晴らしい。

プロギア RS ユーティリティ(2018) が安く購入できる。しかも合わなかったら9割保証で。

スチールシャフトは、よくしなって、よく走ってくれる。コンパクトに振り抜きたいならこちらの方が安定する。(S)で42〜45m/s、(SR)で39〜41m/s ぐらい。パワーヒッターには少し物足らないかも。

まとめ

プロギア RS ユーティリティ(2018)は、よく拾って、大ミスにならない。特にカーボンとの組み合わせがいい。

・強い弾道
・よく拾う
・方向がブレにくい
・ミスに強い
・合わせやすいカーボンシャフト

ユーティリティの歴史があるプロギア。やっぱり安定した物作りを感じる。後悔しないと思う。

飛距離 4.5
構えやすさ 4.5
デザイン 4.5
打ちやすさ 4.5
操作性  4
打感 4

 - PRGR, ユーティリティ