楽しい GOLF LIFE

ゴルフギアの口コミサイト「間違わないゴルフ用品選び」

ツアーB「X-CB,X-CBPアイアン2018」試打&評価/大きい違いがある

      2018/09/12

ブリヂストン TOUR B「X-CBアイアン」と「X-CBPアイアン」 の2018年モデルを試打しました。どんなクラブなのか、どんな違いがあるのか、評価と感想をレビューします。

番手バリエーションは2モデルとも7種類です。(4番〜9番、PW)

↓こちらの兄弟モデルも参考にして下さい
ブリヂストン ツアーB X-BLアイアン(2018)の試打&評価/極上の打感

試打クラブ

BRIDGESTONE GOLF /2018年9月発売モデル

(1)TOUR B X-CB アイアン
【番手(ロフト)】
・5番(25°)
・7番(32°)
【シャフト】
・MODUS³ TOUR105 (S)
・MODUS³ TOUR120 (S)

(2)TOUR B X-CBP アイアン
【番手(ロフト)】
・5番(24°)
・7番(31°)
【シャフト】
・N.S.PRO 950GH (S)
・MODUS³ TOUR105 (S)

前作の2種類はよく似てたけど、今度のニューモデルは違いが大きかった。キャラが明確に区別されています。じっくりクチコミしますね。

旧モデルと同じ名前で登場

前モデルの「ツアーB X-CB アイアン」「ツアーB X-CBP アイアン」と同じネーミングなので、購入する時は間違えないように気をつけて下さいね。

私は前作のXCBアイアンを1年以上使用しました。マジで素晴らしいアイアンでした。

↓旧モデルのレビューも参考にしてください↓
「X-CBP」と「X-CB」アイアンを打ち比べ
X-CBP アイアン の試打&評価
 X-CB アイアン の試打&評価
X-CB アイアン の購入後の評価は

設計上の特徴は

↑X-CB

X-CBは単一素材の軟鉄鍛造キャビティ。
”えぐれ”が深くなって、”B”マークのブレードが薄っぺらくなった。
スイートエリアは広がったように見える。
すっきりデザインでかっこいい。

↑X-CBP

X-CBPは高反発フェースをプレスした軟鉄鍛造のポケットキャビティです。
前モデルよりもバックフェースが分厚くなって、ポケットの幅が深くなった。
構造上はかなりやさしくなったように見える。

【ロフト設定】

ロフト角は、X-CBPの方が全番手1度ずつ立っている。(旧モデルは両者同じロフト角だった。)

試打の評価/比較すると

【構えやすさ】

構えると、クセがなくアスリートアイアンのスタンダードな顔つきで、ターゲットに集中できます。

↑X-CB(左)とX-CBP(右)

X-CBが少しだけトップブレードが薄く、フェース長がコンパクトだが、ほとんど同じ顔に見える。

両者とも構えやすさは評価が高い。

【飛距離】

飛距離性能に大きな違いがあった。

↑X-CBの7番アイアンでこんな感じ。アスリートアイアンの標準的な飛距離性能です。

X-CBの前モデルは力が入ると飛びすぎちゃう場面があったが、ニューモデルは想定外に飛びすぎる球が1発もありませんでした。飛ぶアイアンではないがトップアスリートには安心できる。

↑X-CBPの7番アイアンでこんな感じ。よく飛んでくれます。

X-CBPは、よく弾いてオフセンターでも初速が速く、平均的によく飛んでくれる。安定感があって、グリーンまでの距離をやさしくクリアできそう。

【弾道】

X-CBは、中高弾道の安全な球筋。安定したスピン量だがサイドスピンは少なめなのがありがたい。

X-CBPは、高弾道。やや少なめのスピン量で吹け上がらない。サイドスピンも少なく、ストレート系のボールです。全球が同じような弾道で飛距離もそろってくれます。

【つかまり】

X-CBは、ダウンブローに打ち込むと、つかまり過ぎない程度にフェースがターンして、ボールをつかまえる。抜けもいい。レベルブローで打つと、薄い当たりになりやすく、やや失速する。でもプッシュのミスにはならない。

X-CBPは、打ち込まなくてもボールをつかまえてくれる。フェースローテーションが少なめの深重心っぽいつかまり感で、フェース面がブレずにつかまってくれます。

【打感】

X-CBは、”軟鉄鍛造らしさ”はあるが、固めの感触。フェース面のたわみは感じるが、ボールが吸い付くようソフトな感触ではない。薄めにヒットするとガツンと手に響きます。また前モデルのような分厚い打感でもない。

X-CBPは、フェース全体が軽快に弾き返して心地いい。オフセンターでも悪くない。芯を喰った時の分厚さは物足らないが、心地よい打感です。

【操作性】

X-CBは、操作性がいい。「球の高さ」と「縦の距離」は操作しやすい。つかまえに行ってもフェースが過度にターンしないから安心して曲げられる。フェース面をブロックしやすいからフェードも打ちやすい。

X-CBPは、操作性は普通レベル。高弾道でストレートに打ちやすいので、安定感を優先にするゴルファーに使って欲しい。

【やさしさ】

X-CBは、方向性が良くて、よく拾う。飛びすぎるミスも出ないから、上級者にはやさしいかも。ラフから引っかかりが出にくそうな動きをしてくれる。ダウンブローに打ち込まないと失速しやすい。

X-CBPは、振り抜きやすく、払い打ちでも高弾道になり、オフセンターでもよく飛んでくれる。ミスに強く、スライスも引っかかりも少ない。慣性モーメントの高さが実感できた。とにかく直進性がよく、やさしくグリーンに乗せられる、打ちやすいアイアンです。

明らかに両者の違いは大きい。操作性重視のX-CBと、やさしさを前面に出したX-CBP。ターゲット層が明確に分かれたようです。

シャフト・バリエーション

3種類のスチールシャフトが用意されています。

・MODUS³ TOUR120
・MODUS³ TOUR105
・NS PRO 950 GH

↓こちらも参考にしてください↓
人気の MODUS3 TOUR105 を打ち比べて解った事/今後の主力になる

こんなゴルファーにおすすめ

《ツアーB X-CB アイアン》

・打ち込むタイプ。
・フォームが固まっている中級者以上。
・操作性を重視する。
・かっこいいアイアンが欲しい

 TOUR B X-CB アイアン (2018モデル) が、安く購入できる。しかも合わなかったら、代金の9割を保証。

《ツアーB X-CB アイアン》

・ミスに強いアイアンが欲しい。
・払い打ちするタイプ。
・ある程度フォームが固まっている。
・操作性は重視しない。

 X-CBP アイアン (2018モデル) が、安く買える。しかも合わなかったら9割を保証。

まとめ・総合評価

《ブリヂストン TOUR B X-CB アイアン(2018)》

飛びすぎのミスが少ない、ミスにも寛容なアスリート向けアイアンです。

・安定したスピン
・ミスに強い
・操作性がいい
・抜けがいい
・よくつかまる

打ち込んだときに良さが分かるアイアン。なかなかかっこいい。

TOUR B X-CB アイアン 2018
by カエレバ

【総合評価 8.6】
飛距離  8
やさしさ  8.5
弾道の高さ  8
つかまり  9
構えやすさ  9
操作性 9
打感 8.5

《ブリヂストン TOUR B X-CBP アイアン(2018)》

よく拾って、よくつかまって、オフセンターでも高弾道でまっすぐに飛んでくれます。

・よくつかまる
・よく拾う
・ミスに強い
・打ちやすい
・乗せやすい

どこからでもグリーンに乗っちゃう、とってもやさしいアイアンです。

TOUR B X-CBP アイアン
by カエレバ

【総合評価 8.9】
飛距離  8.5
やさしさ  9.5
弾道の高さ  9
つかまり  9
構えやすさ  9
操作性 8
打感 8.5

 - BRIDGESTONE, アイアン