ゴルフギアの口コミサイト     「間違わないゴルフ用品選び」で楽しいゴルフライフを!

フォーティーン FH 900 FORGED アイアンの試打&評価

FOURTEEN(フォーティーン) FH900 フォージド アイアン を試打しました。
この美しいアスリート用アイアンはどんなクラブなのか、その評価と感想をレビューします。

試打クラブ

【番手】
7番(33°)
【シャフト】
MODUS3 TOUR 105(S)

フォーティーンの商品ラインナップを見ると、よく似た軟鉄鍛造のキャビティアイアンがずらりと並んでいる。
ゴルファーの力量に合わせて選べるように用意されているが、どのモデルも打感がよくてカッコいい。

このモデルは、ツアープロにとっての打ちやすさを追求して 設計開発された。
なんだか難しそうなイメージだが、どんなクラブかな。


構えてみると

構えると、ストレートネックの操作しやすそうなシャープな小顔です。クセのないオーソドックスな顔立ちで、アスリートが球筋をイメージしやすくて構えやすい。

バックフェースの外枠部分のメッキ仕様が美しくて、質感が高い。

打ってみると

プロのために設計されたアイアンなので、手に負えないレベルかなとビビりながら打ってみると、、全然楽に打てる。それほどダウンブローに打ち込まなくてもよく拾うし、よくつかまる。

打点がブレてもまあまあ真っ直ぐに飛んでくれる。無理に手首を使わなくても自然にフェースがターンして分厚い打感になる。やや多めのバックスピン量で、グリーンによく止まる球が打てる。

飛距離性能は普通です。従来のプロモデルのロフトと比較すると、ややストロングの7番で33度だが、これが現在のプロ用ノーマルロフトなんですね。やはり、ストロング化が進行してます。

ボールの進化も手伝って、最近のアイアンは球が上がりやすいので、さらにこのストロング化の傾向が強まると思う。

打感は、かなり柔らかい。純粋に、これぞ軟鉄鍛造の心地よい打感です。ミズノのMPアイアンと匹敵するような柔らかさです。

ぶっ飛びすぎて驚いた軟鉄鍛造アイアンの「フォーティーン TC-544 フォージド アイアン」(レビューはこちら)も柔らかくて気持ち良い打感だが、フェースのどこに当たっても感触が悪くないから、打感と球筋が一致しない時がある。

でもこれは、細かい情報が手に伝わってくるから、球筋を見なくても、どこに、どんな球筋で、どれくらいの距離が飛んだのか、がリアルに分かる。距離のコントロールも、球筋の高低もライン出しも、やってて楽しくなるぐらい操作しやすい。

、ミスに強くコントロール性も抜群にいいアイアンです。まさに、プロが年間を通して安定感のある成績を収めるスペックです。

上級者のみならず、中級者以上なら問題なく使えるし、打感でミスが分かるから、腕を上げたいゴルファーにオススメです。

アイアンのスイングのセオリーがダウンブローからレベルブローに変わりつつある。長いインパクトゾーンで薄く長いターフを取り、少なめのスピン量で高弾道で攻める。そんなスイングに適したハイバウンスのソールが主流になってきました。

深く刺さらず抜けがいいショットが打てるし、ダフリにくい。このアイアンもしっかりとバウンス効果があります。

こちらも参考になります→2018年上級者にオススメしたい ハーフキャビティ・アイアン5選

シャフトは

シャフトは「Dynamic Gold (S200)」「MODUS3 TOUR 105 (S)」の2種類のスチールシャフトが標準で用意されている。「MODUS3 TOUR 105」は、USPGAで大人気です。軽量シャフトの時代がやってきた。これからの主力になっていくのでは。
フォーティーンのアイアンが安く購入できる。

ゴルフパートナーで中古クラブを検索

まとめ

フォーティーン FH 900 FORGED アイアン は素晴らしい打感でコントロール性抜群。ミスにも強くて、かっこいいアイアンです。

・打った情報が手に伝わる素晴らしい打感
・ミスに強い
・操作性がいい
・よくつかまる
・抜けがいい
・ハードなアイアンではない



「研ぎ澄まされる感性が至高のショットを生む。」
手に伝わる情報でショットの精度を上げられる、勝つための素晴らしいアイアンです。

【総合評価 8.3】
飛距離  7
やさしさ  8
弾道の高さ  8
つかまり  9
構えやすさ  8
操作性 10
打感 10