楽しい GOLF LIFE

ゴルフギアの口コミサイト「間違わないゴルフ用品選び」

タイトリスト TS2 ユーティリティの試打&評価/高弾道のキャリーで乗る

      2019/08/27

Titleist(タイトリスト) TS2 ユーティリティ メタル を試打しました。どんなクラブなのか評価と感想をレビューします。

タイトリストTS2ユーティリティ

タイトリスト TS2 ユーティリティ
by カエレバ

試打クラブ

Titleist(タイトリスト)
TS2 ユーティリティ メタル/2019年8月発売モデル
【ロフト角】
・21°
【シャフト】
・N.S.PRO 950GH neo (S)
・Titleist Tour AD T-60 (S)(SR)
・Titelst MCI Matte Black 70 (S)

試打を終えた率直な感想は

この3項目が最大のおすすめポイント

弾道が高い

よく拾う

ミスに強い

nao
nao
818H1の後継です。ずいぶんやさしくなりました。

気になった点もあります

よく似た重量のカーボン2種

nao
nao
もう少し重たいカーボンが欲しいアスリートも多いのでは。 

>> タイトリスト TS2,TS3 ユーティリティが安く購入できる。しかも、合わなかったら9割保証で。

タイトリスト TS2ユーティリティの評価

【構えやすさ】9.5

きれいな丸型のどっしりとしたクラウン形状。ショートウッドの雰囲気があって、やさしそうな印象です。

タイトリストTS2ユーティリティを構えると

フェアウェイウッドからの流れで構えやすいストレートネックの顔です。

タイトリストTS2ユーティリティを前方から見ると

【飛距離】9.0

打点がブレても番手通りの飛距離がキャリーでしっかり稼げる。一発の飛びよりも、安定した飛距離性能。ミート率が高くて平均距離が優れています。

タイトリストTS2ユーティリティの飛距離データ

【弾道の高さ】9.5

よく拾って高弾道の大きい球。7Wや9Wのように高く上がります。左右のスピン量が少ない。

【つかまり】9.0

引っかからない程度によくつかまります。ターンは控えめ。先代モデルよりもライ角が0.5度アップライトになったからなのか、コスリやプッシュが出にくい。

【操作性】8.0

小幅な範囲で安心して操作できるけど、高さのコントロールが難しかった。

【打感】8.5

インパクトの衝撃が軽くて優しい感触。フェアウェイウッドのような重心の深さを感じる。

タイトリストTS2ユーティリティのフェース

【やさしさ】9.5

スイートエリアが広くオフセンターでもキャリーが出て直進性も高い。200ヤード先でも迷わず狙って行けそうなやさしさがあります。

払い打ちでもよく拾って、まるで9番ウッドを短く持って打つような打ちやすさ。素晴らしい。左足下がりの傾斜がキツいライでも、拾ってくれそうです。

ショートウッドの代わりといった感じです。アスリートが3番アイアンや4番アイアンの代わりに入れるのもいい。

アイアンが苦手なら、このTS2ユーティリティの下に、アイアン型ユーティリティや、ポケキャビの5、6番を入れて、アイアンは6か7番からという感じのやさしいセッティングがイメージできます。

トッププロから中級レベルのアマチュアまで、広範囲に支持されそうなユーティリティです。

「TS2ユーティリティ」はフェアウェイウッドからの流れで打ちやすい。アイアンからの流れで打ちやすい「TS3ユーティリティ」と、はっきり差別化されている。

【総合評価 9.1】
構えやすさ  9.5
飛距離  9.0
弾道の高さ  9.5
つかまり  9.0
操作性 8.0
打感 8.5
やさしさ  9.5

nao
nao
この安定感はスコアメイクのお助けになります!

タイトリスト TS2 ユーティリティ の口コミ

下記の意見も参考にしてください。

「キャリーで乗る」

花道を使わなくてもキャリーで乗りそうな感じ。高く上がります。

GONさん(58)  スコア 80〜89、43〜46m/s、フェード系

「引っかからない」

つかまりすぎないから、引っかかりを気にしなくていい。

KUNIさん(53)  スコア 80〜89、43〜46m/s、ドロー系

「ヒール気味でもよく上がる」

Tour AD T-60(SR)がちょうどいい感じ。ヒール気味でもよく上がります。

T.Tさん(44)  スコア 90〜99、39〜42m/s、フェード系

シャフトは

1種類の軽量スチールと、2種類のオリジナルカーボンが標準で用意されています。

・N.S.PRO 950GH neo (S) 98g 中調子
・Titleist Tour AD T-60 (R)(SR)(S) 68g 中調子
・Titelst MCI Matte Black 70 (S) 72〜75g 先中調子

Tour AD T-60 はバランスが良くて打ちやすい。
MCI Matte Black70 はクセがなくて合わせやすい。ややヘッドスピードが速めのゴルファーに。

オススメしたいゴルファーは

・UT(ハイブリッド)でやさしくピンを狙いたい。
・距離と方向性を安定させたい
・ロングアイアンが苦手

商品情報

番手(ロフト) 19°  21°  23°  25°  27°
ヘッド素材 【ボディ】ステンレス17-4
【フェース】455カーペンタースチール
製法 鋳造
グリップ ゴルフプライド ツアーベルベット・ラバー 360° (M60)
シャフト ・N.S.PRO 950GH neo (S) 98g 中調子
・Titleist Tour AD T-60 (S)(SR)(S) 68g 中調子
・Titelst MCI Matte Black 70 (S) 72〜75g 先中調子
長さ 【スチール】21°/39.5″、25°/38.5″
【カーボン】21°/40″、25°/39″
価格 【スチール】 ¥36,000+税
【カーボン】 ¥40,000+税
nao
nao
2°刻みのロフトバリエーションがタイトリストの特徴です。便利な設定ですね。
タイトリスト TS2 ユーティリティ
by カエレバ

まとめ

タイトリスト TS2 ユーティリティ メタル は、よく拾って高弾道のキャリーでグリーンがとらえられるやさしいウッド型ユーティリティです。

安定した飛距離と方向性が強い味方になってくれます。

>> タイトリスト TS2,TS3 ユーティリティが安く購入できる。しかも、合わなかったら9割保証で。

 - Titleist, ユーティリティ