楽しい GOLF LIFE

ゴルフギアの口コミサイト「間違わないゴルフ用品選び」

リョーマ アイアンの試打&評価/一生モノとして買いたい

   

RYOMAアイアン を試打しました。どんなクラブなのか評価と感想をレビューします。

試打クラブ

RYOMA IRON(リョーマ アイアン)
/2018年10月発売モデル
【番手(ロフト)】
・7番(29度)
【シャフト】
・Tour AD RYOMA IRON (R),(SR)


RYOMA IRON

番手バリエーションは8種類。(5番〜9番、PW、AW、SW)

RYOMAアイアンの評価

【構えやすさ】

厚めのトップライン、セミグースネック、ラージフェース、やさしさを予感させる設計。アベレージゴルファー向けのスタンダードな顔といった印象。安心して構えられる。

RYOMA IRON 構えると

ロフトはセミストロング、シャフト長は標準的な長さ。飛び系アイアンの仕様ではないですね。

【飛距離】

飛ばないわけじゃないけど、ぶっ飛びアイアンとはちょっとキャラが違う。飛びすぎてグリーンオーバーするようなミスにはならないかも。

RYOMA アイアン 飛距離

オフセンターでの飛距離のロスが小さい。平均的によく飛ぶので飛距離の絶対的な安定感があります。

【弾道】

スピン量は少なめだが、打ち出し角が高くて、高さで止めることができる。薄めにヒットしてもよく上がってくれます。サイドスピンが極端に少なかった。アゲンストで流されない球が打ちやすい。

RYOMA IRON キャビティ

【つかまり】

フェースローテーションは控えめだが、インパクトでフェースがたわんでパクッと喰いついてくれる感じ。その動きがブレないから、開いたり閉じたりのバラツキがない。引っかからないし、柔らかめのシャフトを選べばコスリもない。ちょっと不思議な安定感があります。

RYOMA IRON ソール

【打感】

一般的なチタンフェースの打感とは全然違います。”たわみ”が感じられ、ホールド感もあり、好感触。フェースのどこでヒットしたか、ちゃんと情報が伝わってきます。よくぞここまでの打感に仕上げたものだと感心しました。

RYOMA IRON ポケット

【操作性】

直進性がめっちゃいいのでドローとフェードの出し入れが難しかった。ただし、距離のコントロールはやりやすいので、アスリートにも使えそうな印象。

【やさしさ】

スイートエリアが広い。打点がブレてもミスになりません。その広さがハンパない感じがする。ほぼ、同じエリアに着弾します。低重心という表現では物足らないくらいによく拾うし、方向がのブレがほとんどない。グリーンに乗る確率が格段に上がるでしょう。

チタンなのに打感がいいし、飛びすぎる不安がないから、アスリートが競技でも使える。

アベレージゴルファーがミスに強いアイアンを求めるなら、これは最高の選択肢になる。また、バリバリのアスリートが、シニアになって楽なアイアンに変えるならこれがオススメ。価格は高いが一生モノとして使いたくなるアイアンです。

普段より少し軽くて柔らかめのシャフトで、楽に打ってください。

シャフトは

カスタムで様々なシャフトに対応しているが、専用のカーボンシャフトが素晴らしい。

・Tour AD RYOMA IRON

このシャフトはグニャグニャせず、よく捕まって振り抜きやすい。ヘッドの挙動が感じられて合わせやすい。これならスチールシャフトからカーボンに違和感なく切り替えられます。

N.S.PRO 950GH(S)のユーザーなら、(R)シャフトでちょうどいい感じがした。かなりしっかりしたシャフトです。

おすすめしたいゴルファーは

・安定した飛距離が欲しい。
・払い打ちするタイプ。
・打感は妥協したくない。
・ミスに強いアイアンが欲しい。

まとめ

リョーマ アイアン は、あらゆるゴルファーを満足させる究極のやさしさがある。一生モノとして使いたくなるアイアンです。

・打ちやすい
・高弾道
・よくつかまる
・よく拾う
・平均的によく飛ぶ
・ミスに強い
・やさしい

アベレージゴルファーもアスリートも、終(つい)のアイアンを選ぶならコレかも。素晴らしい。

【総合評価 9.2】

飛距離  9
やさしさ  10
弾道の高さ  9.5
つかまり  9
構えやすさ  9
操作性 7.5
打感 9

 - RYOMA, アイアン