ゴルフギアの口コミサイト     「間違わないゴルフ用品選び」で楽しいゴルフライフを!

テーラーメイド M2 ドライバー (2017) の試打&評価

TaylorMade M2 ドライバー(2017年モデル)を試打しました。
「すべてを受け継いだ 全てが進化した」評判の新作ドライバーは、どんなクラブなのか評価と感想をレビューします。

試打クラブ

【ロフト角】
9.5°
【シャフト】
TM1-217(S)
(オリジナルシャフト)45.75インチ

ロフト角は9.5°と10.5°の2種類ある。
テーラーメイド M1 440 ドライバー (2017) の試打&評価
テーラーメイド M1 460 ドライバー (2017) の試打&評価


構えてみると

構えると、ややホワイトの部分が細くなったような気がする。きれいな丸型だが、白黒に目を奪われ、形が気にならない。
白い部分がボールにコンタクトしやすく感じる視覚効果があり、先代と同じく構えやすい。

M1と違って、ウエイトをスライドさせる重心移動機能は付いていない。

打ってみると

素振りをすると、軽くてヘッドが効いて、振りやすそうな感じがする。

打ってみると、よく球が上がってぐんぐん伸びるストレートボールに。前モデル同様に低スピンで高弾道のビッグキャリーが出やすい。全体に軽くて振り抜きやすく、シャフトの長さが(45.75インチ)気にならない。

飛距離は申し分ないが、方向性の素晴らしさが際立つ。サイドスピンがかかりづらくて高弾道で曲がらない球が打てる。

重心距離が長いのか、ライ角がメーカーの表記よりもフラットなのか、時々右に飛び出してしまうのが少し気になったが、カチャカチャで調節するとプッシュする症状が出なくなった。

カーボンコンポジットの独特の打感で、ヘッド全体がたわんで飛ばす感触が手に伝わる。非常に軽い打感で、もう少し手ごたえがあった方がいいのだが、好みが分かれるところです。

センターでヒットするとフェースに乗っかって押し戻すような打感だが、少しセンターを外しても、それほど大きな衝撃にならないし、それほど距離をロスしない。

球が上がりやすいが、引っかからないので、フッカーが安心して叩ける。球筋が暴れないから、やさしいドライバーと言える。このヘッドならシャフト次第でどんなゴルファーでも満足できると思う。

まっすぐに低スピンで曲がらずに飛ぶ。フェースの動きが安定するから楽に打てる。グローレF2によく似たヘッドと言える。

こちらもチェック→テーラーメイド M1&M2(2017)が大幅値下げ!これは賢い買い方です!

シャフトは

シャフトは「オリジナルカーボンのTM1-217 」と「FUBUKI V 60」の2種類で45.75インチです。

「TM1-217」は中から先が、しなやかにしなるシャフトです。先端が暴れずよくつかまる。(S)でもかなり柔らかめで、ヘッドスピードが45m/s以上のゴルファーには物足らないかもしれない。

テーラーメイドのドライバーが安く購入できる。

ゴルフパートナーで中古クラブを検索

まとめ

「テーラーメイド M2 ドライバー (2017)  」は、軽くて振り抜きやすい。高弾道で曲がらないビッグキャリーボールが打てる。

・直進性
・低スピンで高弾道
・軽くて振りやすい
・ミスに強く曲がらない
・やさしい

名器のモデルチェンジは期待が大きすぎて難しいが、これは見事に進化してます。


飛距離 5
構えやすさ 4
デザイン 4
打ちやすさ 5
操作性 3.5
打感 4