ゴルフギアの口コミサイト     「間違わないゴルフ用品選び」で楽しいゴルフライフを!

【全米プロ2020】C・モリカワが優勝/松山は22位タイ

2020年8月6日(木)〜9日(日)にアメリカ・カリフォルニア州のTPC ハーディング・パークで開催された第102回 全米プロゴルフ選手権(PGA Championship)でコリン・モリカワ(Collin Morikawa)(アメリカ・23歳)が最終日を-6(64)で回り、2位と2打差の通算-13で優勝。注目されたB.ケプカの3連覇はなりませんでした。

テーラーメイドのギアで戦うC.モリカワは、PGAツアーで今シーズン2勝目、通算3勝目、メジャー初優勝となりました。


C.モリカワの最新のクラブセッティングはこちら

日本からは2名が出場

日本からは2名が出場。松山英樹は22位タイ(-4)、石川遼はカットラインに1打及ばず予選落ちでした。

上位の成績と主な選手の結果

1       (-13)    C・モリカワ
2T     (-11)    P・ケーシー
2T     (-11)    D・ジョンソン
4T     (-10)    M・ウルフ
4T     (-10)     J・デイ
4T     (-10)    B・デシャンボー
4T     (-10)    T・フィナウ
4T     (-10)    S・シェフラー
9        (-9)     J・ローズ
10T    (-8)    X・シャウフェレ
10T    (-8)    J・ダーメン
10T    (-8)    C・チャンプ
13T    (-7)     P・リード
13T    (-7)     J・ラーム
13T    (-7)    キム・シウー
13T    (-7)    D・バーガー

22T    (-4)    松山 英樹
22T    (-4)    A・スコット
29T    (-3)    B・ケプカ
33T    (-2)    R・マキロイ
37T    (-1)    J・トーマス
37T    (-1)    T・ウッズ
71T    (+4)   P・ミケルソン

予選落ち

石川 遼
R・ファウラー
K・ナ
M・クーチャー
S・ガルシア

※選手名をクリックするとクラブセッティングがご覧になれます。

次週はレギュラーツアー最終戦

次週はレギュラーツアー最終戦となるウインダム選手権がノースカロライナ州で開催されます。