ゴルフギアの口コミサイト     「間違わないゴルフ用品選び」で楽しいゴルフライフを!

ZOZOチャンピオンシップはタイガー・ウッズが優勝/PGAツアー2019-20

2019年10月24日(木)〜28日(月)※に千葉県のアコーディア・ゴルフ習志野CCで開催された米国男子ツアーのZOZOチャンピオンシップ(ZOZO CHAMPIONSHIP)で、タイガーウッズ(Tiger Woods)(43歳)が第4ラウンドを−3(67)で回り、2位の松山英樹と3打差の通算−19で優勝しました。(※2日目の天候不良の影響で最終日のホールアウトが月曜日にずれ込んだ。)

今年もテーラーメイドのギアで戦うT.ウッズは、これがPGAツアー通算82勝目となり、ついにサム・スニードが持つ最多勝利記録に並びました。

タイガー・ウッズの最新のクラブセッティングはこちら

アジアシリーズ第2戦

PGAツアー史上初めて日本で開催された「ZOZOチャンピオンシップ」は、計3試合あるアジアシリーズの第2戦。先週は韓国、翌週は中国で開催されます。

出場資格

この大会には、昨シーズンのフェデックスカップ・ポイントランキングが60位以内の選手と、日本ゴルフツアーの賞金ランク上位7名、ブリヂストン・オープン上位3名、スポンサー推薦枠8名 の合計78人が招待されました。予選カットはありません。

日本人の出場は

この大会には9名の日本人が出場しました。結果は下記の通りです。

上位の成績と主な選手の結果

1      (−19)     T・ウッズ
2      (−16)     松山 英樹
3T    (−13)     R・マキロイ
3T    (−13)     S・イム
5      (−12)     G・ウッドランド
6T    (−11)     B・ホーシェル
6T    (−11)     C・コナーズ
8T    (−10)     B・アン
8T    (−10)     C・ハウエルⅢ
10T   (−9)      D・リー
10T   (−9)      R・パーマー
10T   (−9)      X・シャウフェレ
13T   (−8)      M・ウルフ
13T   (−8)      S・ローリー
13T   (−8)      I・ポールター
13T   (−8)      K・ブラッドリー
17T   (−7)      P・リード
17T   (−7)      J・トーマス
17T   (−7)      P・ケーシー
17T   (−7)      S・カン
17T   (−7)      D・バーガー

22T   (−6)      J・デイ
33T   (−3)      A・スコット
33T   (−3)      S・ガルシア
37T   (−2)      小平 智
46T   (±0)      K・ナ
46T   (±0)      大槻 智春
51T   (+1)      石川 遼
51T   (+1)      星野 陸也
51T   (+1)      B・ワトソン
57T   (+2)      香妻 陣一朗
59T   (+3)      今平 周吾
63T   (+4)      浅地 洋佑
66T   (+5)      J・スピース
72T   (+9)      堀川 未来夢

※選手名をクリックするとクラブセッティングがご覧になれます。

まとめ

ZOZOチャンピオンシップ(2019-20) で優勝したのはタイガーウッズ(Tiger Woods)(43歳)。これがPGAツアー82勝目となりサム・スニードの記録に並びました。松山選手は2位、小平選手は37位タイでした。

次週は上海で「WGC-HSBCチャンピオンズ」が開催されます。