ゴルフギアの口コミサイト     「間違わないゴルフ用品選び」で楽しいゴルフライフを!

バーバソル選手権の結果・全英オープンの裏トーナメント/PGAツアー2019

2019年7月18日(木)〜21日(日)にアメリカ・ケンタッキー州のキーントレースGCで開催された米国男子ツアーの「バーバソル選手権(Barbasol Championship)」で ジム・ハーマン(Jim Herman)(アメリカ・41歳)が最終日を−2(70)で回り、2位と1打差の通算−26で優勝しました。

ミズノのアイアンで戦う J・ハーマン は、これがPGAツアー3年ぶり2勝目。

J.ハーマンの最新のクラブセッティングはこちら

「全英オープン」と同じ週に開催

この大会は今年で第5回を迎え、毎年「全英オープン」と同じ週に開催される裏トーナメント。ランキング上位の選手が出場しないためシードを持たない選手がポイントランクを上げる絶好のチャンスになります。この大会優勝者にはマスターズの出場権が与えられません。

全英オープン(2019)の結果はこちら

日本人選手は

日本人選手は小平智のみが出場。予選は通過したが上位で戦うことなく53位タイで4日間を終えた。昨年の優勝者 トロイ・メリット は予選落ちした。

上位の成績と主な選手の結果

1      (−26)     J・ハーマン
2      (−25)     K・クラフト
3      (−23)     S・ストラカ
4T    (−22)     M・ジョーンズ
4T    (−22)     A・クック
6T    (−21)     D・トラハン
6T    (−21)     M・レアード
6T    (−21)     J・ティーター
9T    (−20)     S・ムニョス
9T    (−20)     D・ボゼリ

53T  (−10)    小平 智

予選落ち

T・メリット

※選手名をクリックするとクラブセッティングがご覧になれます。

まとめ

バーバソル選手権(2019) で優勝したのはジム・ハーマン(Jim Herman)(アメリカ・41歳)。これがPGAツアー2勝目となった。

日本からは小平選手(53位タイ)が出場した。

次週はアメリカ・テネシー州で、「WGCフェデックス・セントジュード招待」が開催されます。ケプカマキロイも松山選手も出場予定です。