ゴルフギアの口コミサイト     「間違わないゴルフ用品選び」で楽しいゴルフライフを!

テーラーメイド M5アイアンの試打&評価/すべての面で満足度が高い

(2020/02/12 更新) テーラーメイド M5アイアンを試打しました。どんなクラブなのか、評価と感想をレビューします。

試打クラブ

TaylorMade(テーラーメイド)
M5 アイアン /2019年2月発売モデル
【番手(ロフト)】
・7番(30度)
【シャフト】
・N.S.PRO 930GH (S)
・Dynamic Gold (S200)

M5アイアン

番手バリエーションは9種類。(4番〜9番、PW、AW、SW)

M6アイアンの試打レビューはこちら


「スピードブリッジ」に注目

M5&M6アイアンにはバックフェースの上部から下部に作られた架け橋「スピードブリッジ」が採用された。これによりヘッド剛性が上がり、エネルギー伝達効率がアップした。さらに音も向上したとのことです。

M5アイアンの評価

【構えやすさ】

引き締まって見えるストレートネックのフェースがピンを刺すように構えられ弾道がイメージしやすい。厚めのトップブレードが安心感も与えてくれる。

M5アイアン構えると

「フェーススロット」(縦の溝)が無くなったのが前モデル(M3アイアン)との大きな違いです。顔がスッキリしましたね。

【飛距離】

セミストロングロフトのアイアンとしてはまずまずの飛距離。オフセンターでもロスが少ない。飛び過ぎのミスが出ないからアスリートも安心できる。

M5アイアンの飛距離

前モデルのM3アイアンと比べるとシャフト長が約1番手分長くなった。ロフト角もわずかながらストロング化された。軽く打ってもよく飛んでくれます。

【弾道】

払い打ちでも高弾道になり、直進性が高い。スピン量は標準レベル。

【つかまり】

自然にフェースがターンしてよくつかまる。つかまり過ぎた感触でも左に巻くようなミスにならない。

M5アイアンのフェース

【打感】

フェースがボールをよく包み込んでホールド感がある。柔らかくて心地いい。芯を外しても悪くない感触です。

【操作性】

ちょっと曲げたい時に曲げられるし曲がりすぎないから安心できる。セミオートマチックの操作性。

M5アイアンのソール

【やさしさ】

もともと前モデル(M3アイアン)も抜群に打ちやすいが、「スピードブリッジ」が飛距離性能とワイドスイートエリアをサポートしているのが実感できる。長所を残しつつ上手にバージョンアップされた印象です。

構えやすくて、振り抜きやすく、コンタクトしやすい。ミスに強くて打感もいいし操作性も悪くない。すべての面で満足度が高い。

難しいクラブじゃないので、ある程度スイングが固まっていれば問題なく使用できるし、上級者は楽にゴルフを組み立てられる。軟鉄鍛造にこだわらないアスリートなら、このM5アイアンに不満な箇所は見当たらないと思いますよ。

テーラーメイド ゴルフ 直営オンラインショップ

シャフトは

標準仕様のシャフトは2種類ある。
・N.S.PRO 930GH (S)
・Dynamic Gold (S200)

軽量スチーシャフトも重量スチールシャフトも、このアイアンには相性がいい。

おすすめしたいゴルファーは

・アイアンの飛距離が欲しい。
・ミスに強いアイアンが欲しい。
・ある程度フォームが固まっている。
・軟鉄鍛造にこだわらない。

テーラーメイド M5アイアン が安く購入できる。しかも、打って合わなかったら9割保証で。

まとめ・総合点

テーラーメイド M5 アイアン は、ミスに強く、よく飛んで、打感もいい。悪いところが見当たらないM3アイアンがさらに進化しました。

・よくつかまる
・高弾道
・コンタクトしやすい
・よく飛ぶ
・ミスに強い
・欠点が見当たらない

魅力的なアイアンです。アスリートはゴルフが楽になりますよ。

【総合評価 9.2】
飛距離  9
やさしさ  9.5
弾道の高さ  9
つかまり  9
構えやすさ  9.5
操作性 8.5
打感 9