楽しい GOLF LIFE

ゴルフギアの口コミサイト「間違わないゴルフ用品選び」

2018 ISPS ハンダ・メルボルン・ワールドカップ・オブ・ゴルフの結果

   

2018年11月22日〜25日にオーストラリアのメルボルンにあるザ・メトロポリタンGC で開催された国別対抗戦「ISPS ハンダ・メルボルン・ワールドカップ・オブ・ゴルフ」で、ベルギー (T.ピータース、T.デトリー)が2位と3打差の通算−23で初優勝しました。

ISPS HANDA GOLF

ワールドカップ・オブ・ゴルフとは

ワールドカップ・オブ・ゴルフとは、その国の世界ランク最上位の選手がペアを指名して2名で参加する国別対抗戦。今年の大会は28ヶ国が出場した。近年は2年に1度の開催になっています。

日本チームは過去に2度の優勝(1957年 中村寅吉×小野光一、2002年 丸山茂樹×伊沢利光)。今回は松山英樹が出場を辞退したため、繰り上げで小平智が谷原秀人を指名して参戦した。

競技方法は

競技方法はたびたび変更になる。今回は、初日と3日目がフォアボール(各ホールの2人のベストスコア)、2日目と最終日はフォアサム(1つのボールを交互に打つ)で4日間の合計ストローク数で順位が決まります。

最終順位

1  ベルギー
2T オーストラリア
2T メキシコ
4T カナダ
4T デンマーク
6T イタリア
6T 韓国
8  イングランド
9  スウェーデン
10T フランス
10T インド
10T アイルランド
13   中国
14T スコットランド
14T タイ
16T アメリカ合衆国
16T ウェールズ
18T フィンランド
18T ニュージーランド
18T 南アフリカ
21   スペイン
22   マレーシア
23   日本
24T オランダ
24T ベネズエラ
26   ドイツ
27   ジンバブエ
28   ギリシャ

まとめ

国別対抗戦「ISPS ハンダ・メルボルン・ワールドカップ・オブ・ゴルフ(2018)」で、ベルギー (T.ピータース、T.デトリー)初優勝しました。

日本チーム(小平智、谷原秀人)はx位で4日間を終えた。

次週はバハマで「ヒーロー・ワールドチャレンジ」が開催されます。松山くんも出場予定です。楽しみですね。

 - トーナメント結果