楽しい GOLF LIFE

ゴルフギアの口コミサイト。間違わないゴルフ用品選びで飛距離アップ、スコアアップ。ライバルに差をつけてゴルフをエンジョイしましょう。

「Tour AD PT」が打ちやすい/エース・シャフトとの出会い

      2018/04/18

あなたのドライバーには「エースシャフト」が挿入されていますか?
アマチュアゴルファーには「エースシャフト」の認識が薄いけど、シャフト選びは道具を選ぶ時の一番重要なポイントなので、絶対的に信頼出来るシャフトと出会いたいものです。。

私の「エースシャフト」はグラファイトデザインの「Tour AD TP-6s」ですが、この出会いの重要性についてレビューします。

アイアンのシャフトは決まっているゴルファーが多い

アイアン用のスチールシャフトは選択肢が少ないし、概ね「エースシャフト」が決まっているゴルファーが多いと思います。

一方、カーボンシャフトを選ぶ時は標準仕様の中から自分に適合するスペック(硬さ)を選ぶ程度で、わざわざカスタムでフィッティングするゴルファーは少数派です。

N.S.PRO 950GH、MODUS3 TOUR 105、MODUS3 TOUR 120、Dynamic Gold 、、最近いろんなシャフトが増えてきたがそれでもドライバー用のカーボンシャフトみたいに、毎年毎年新商品が出るような環境ではありません。

そんな要素がアイアン選びをシンプルにしています。

つまり、同じシャフト同士で「飛ぶor飛ばない」「つかまるorつかまらない」「ミスに強いorミスに強くない」と判断しやすいのです。同じシャフトだから、前モデルや他メーカーのモデルとの比較がしやすいのです。

逆に言えば、アイアンのシャフトを変更する事はかなり大きな決断になると言えますね。

ドライバーもシャフトを固定するとヘッド選びが楽になる

エースドライバーっていう言葉をよく耳にしますが、それはエースヘッド(こんな言葉はありませんが)にエースシャフトが挿入された全体を指すものだと思います。

毎年新商品がリリースされる中で、ヘッドもシャフトも同時に新しいモノに変更すると、何が何だか分からなくなってしまいます。その中から1本のエースを決めるなんて至難の技だと思う。

例えば、気になるシャフトが4本あって、気になるドライバーが4種あったら、、、
(4種類のニューシャフト)×(4種類のニュー・ドライバーヘッド)=(16種類のドライバー)
合計16種類の中から選ばなければなりません。

でも、「エースシャフト」を決めてしまえば、あとはヘッドを選ぶだけで済むのです。

ドライバーもアイアンと同じように、シャフトが固定するとヘッド選びが楽になります。

トッププロはシャフトを変えない

ツアーの上位で戦うトッププロは、なかなかシャフトを変えられない人が圧倒的に多い。ヘッドは最新のモデルに変えるがシャフトは同じものを長く使用し続けるプロが多いのです。

シャフト選びはなかなか難しい。ドライバーヘッドは1〜2年ごとにモデルチェンジして前モデルは廃番になるが、シャフトは毎年新しいモデルが追加になり、過去の商品もロングランで売り続けている。

シャフトはスイングによって打ちやすいかどうか変わるので、ラインナップが多い方がユーザーのギャップを埋める事になる。そのおかげで、ちゃんと探せば自分にぴったりのシャフトが必ず見つかります。

たまたま今年の新製品が自分にピッタリなんてとってもラッキーな出会いです。。

2017〜2018年のニューシャフトはこちらを参考に→エボ4、ツアーAD IZ、ディアマナRF、アッタスCool どれが飛ぶの?

やっぱり打ちやすい「Tour AD PT-6」

スイングは十人十色。それでも、人気シャフトとそうでないシャフトがあります。

その中で私が「エースシャフト」に選んだのは「Tour AD PT-6」です。

これは打ちやすい。クセがなく、素直にしなり、スイングが安定する。シャフトがスイングを教えてくれる。

「右に行きたくない」「左に行きたくない」、、などの欠点を補うなら「MJ」や「BB」の様な、どちらかに偏ったシャフトを選べばいいが「PT」は本当にクセがなくナチュラルドローで飛ばしたい私にはピッタリなシャフトです。

ツアーADの「PT」と「DI」は発売から長きに渡ってプロに愛用されていますが、石川遼くんも「PT」を愛用してるみたいですね。トーナメントを見に行くとドライビングレンジでこのシャフトを使用してるプロが多い。とても評価が高いシャフトです。

「PT」は2005年に発売され、プロやトップアマに評価され続け、2014年にカラーリングを一新して現在も販売されている。

私は毎年これ以上のシャフトと出会えないかと期待しながら、数え切れない本数のシャフトで、実際にラウンドしたり競技に出たりして使いましたが、これの代わりは見つかりません。

もう、かれこれ5年ほど使っていますが、結局「PT」に戻ってしまいます。現在も3つのヘッドに装着しています。

シャフトに求めるものが2つある

シャフトに何を求めるのか、2通りの考え方がありますが、私は②の考え方を好みます。

①シャフトが欠点を補ってくれる。
前述しましたが、「引っかかりをなくしたいから、つかまりにくいシャフトにする。」っていう考え方で選んでいるプロが多い。
その逆ももちろんいます。「プッシュをなくしたいから、つかまりやすいシャフトにする。」特効薬にもなるし、スイングの欠点だけじゃなく、ヘッドの欠点も補ってくれる。つかまり過ぎるヘッドやプッシュしやすいヘッドにシャフトの特性をミッックスさせると調和することもあります。

②クセがないシャフトを使いたい。
持ち球を活かして攻めたいし、コントロール性も求めるので、極力シャフトには余分な動作をして欲しくない。余分な動作によって、捕まえようと思ったらプッシュしたり、フェードを打とうと思ったらフックになるなどの逆球が出ることもあります。スイングは常にニュートラルな状態にしておきたいのでクセがないシャフトの方が安心できるのです。

4メーカーの中には良いシャフトがある

私は主に4メーカーのシャフトを中心に毎年シャフト探しをしています。

グラファイトデザイン、フジクラ、三菱ケミカル、USTマミヤ の新商品の中で気に入ったものを購入して「PT」以上のエースシャフトを探しているけど、、

2018年は「エボ4」がなかなか良い、、、気候が暖かくなってから結論を出そうかなって思ってます。。。この4メーカーを細かく探すと必ずピッタリくるシャフトと出会えますよ。

まとめ

新たなヘッドとシャフトの組み合わせで、ベストな一本を作り上げるのは膨大な組み合わせの中から選ばなければならないので難しい。「エースシャフト」と巡り合えたらヘッド選びに集中できます。ぜひ「エースシャフト」と出会って、最強のドライバーをエースにしてください。

近年、クラブメーカーのカスタム対応が充実しているので、こんなわがままがアマチュアゴルファーにも可能になりました。是非「エースシャフト」でビッグドライブして楽しいゴルフライフをエンジョイして下さい!

 - シャフト, ドライバー