楽しい GOLF LIFE

ゴルフギアの口コミサイト「間違わないゴルフ用品選び」

タイトリスト TS2,TS3 ドライバー の試打&評価/どっちを選ぶべきか

      2018/09/21

Titleist(タイトリスト)の新しいドライバー 「TS2 ドライバー」と「TS3 ドライバー」を試打しました。
【2018/9/7更新】※シャフトの印象を追記しました。

待ち遠しかった、、、、、

やっと試打が実現したので、どんなクラブなのか、評価と感想をレビューします。

試打クラブ

『TS2 ドライバー』
・9.5°
・10.5°

『TS3 ドライバー』
・9.5°
・10.5°

※シャフトはカチャカチャしながら多品種で打ち比べました。

結論は「どっちも欲しくなった」

タイトリストのワールドワイドモデルは、アイアンとウッド系を1年ごとに交互にリリースさせてきました。昨年(2017年)の秋は「718シリーズアイアン」がデビューしましたが、今年(2018年)は、ドライバーとフェアウェイウッドが登場する年です。またまた心がザワザワする時期がやってきました。。。NEWドライバーはどんなクラブなのかな、、

結論から言っちゃうと、「両方とも素晴らしい!」

どっちにするのか、、それが唯一の悩み。。

その試打の印象をじっくりクチコミします。


それにしても、素晴らしかった!

TS2,TS3 フェアウェイウッドの試打&評価はこちら

TSは「タイトリスト」「スピード」のイニシャル

過去の流れが、、910、913、915、917ときたので、次は「919 D2」「919 D3」かと思ったら、「TS2」「TS3」というお名前。。。

TS は「Titleist Speed」のイニシャル。開発のテーマは”SPEED”(スピード)です。新たなるスピードを実感して想像を超えた飛距離でゴルフを愉しくしてくれる。そんなドライバーを完成させたとのことです。

楽しみになってきました。。。

どんな特徴なの?

2種類の位置付けは、

917 D2」→「TS2」直進性、高弾道、シャローフェース

917 D3」→「TS3」操作性、中弾道、ディープフェース

こんな感じになるのでしょうか。打った印象も間違いないですよ。

でも、メーカーは過去の後継モデルではないと説明してます。

設計上の特徴は、

・ヘッドのサイズは両方とも460cc

・ソールの溝「アクティブ リコイル チャンネル」が姿を消した。

・「TS3」には弾道調節用の「SURE FIT®CGウエイト」が継承されたが、「TS2」には装備されない。
(取り外しが可能なウエイトはあります)

・ライ角、ロフト角がカチャカチャ調節できる「SureFitホーゼル」は装備される。

↑ヘッドの後方に丸い棒が刺さっているのが「TS3 ドライバー」の「SURE FIT®CGウエイト」です。

発売前にPGAツアーで勝利

ジャスティン・トーマス(25歳)は、すでに6月の全米オープンから「TS3 ドライバー」を実戦投入して、8月に開催された「WGCブリジストン招待」で優勝しました。
J・トーマスのクラブセッティング/2018WGCブリヂストン招待優勝・PGA

また、7月に開催された「ジョンディア・クラシック」では、マイケル・キム(25歳)が「TS2 ドライバー」で優勝しました。
M・キム のクラブセッティング/2018ジョンディア・クラシック優勝/PGA

その後、タイトリストの用具使用契約プロが、続々とPGAツアーで使用を開始しています。

構えてみると

引き締まった顔立ち

構えると、どちらも真っ黒な丸型のクラウンが引き締まって見えます。

↑TS2

↑TS3

「TS2」は後方に張り出しが大きくて、どっしりと構えられる。「TS3」は、460ccもあるのかな?って疑問に思うほどコンパクトに見える。

両者ともアスリートっぽい顔だが、「TS3」は吹け上がらない強弾道が打てそうなイメージが湧く。「TS2」はミスに強そうな安心感がある。

フェースの厚みが違う


↑TS2

↑TS3

フェースの厚みを比べると、「TS3」の方が明らかにディープです。スコアラインの最上部からクラウンまでの距離が「TS2」は短いですね。

やさしそうな「TS2」、弾道が強そうな「TS3」って感じ。でも、両者とも、とっても構えやすいです。

試打の評価は

「TS2 ドライバー」と「TS3 ドライバー」を打って比較してみると、

【飛距離】

飛距離はほぼ互角でした。ただし、叩いたら叩いただけぶっ飛んでくれるのは「TS3 ドライバー」です。しっかり目のシャフトでハードヒットした時に、強烈な中弾道でぶっ飛びます。初速も叩いた分だけ速くなる。

軽めのシャフトでゆったりと振ると、どちらも同じぐらいの飛距離になります。

っていうか、、、この2モデル、、めっちゃ飛びますよ!!

私のエースドライバー「M4」と打ち比べたら、、、

↑ TS3 ドライバー/661 エボ5(S)

TS3 ドライバー が安く購入できる。合わなかったら9割保証で。

↑ TS2 ドライバー/661 エボ5(S)

TS2 ドライバー が安く購入できる。合わなかったら9割保証で。

↑ M4 ドライバー/661エボ4(S)

うーん、、、なんてことでしょう。。ずっと苦楽を共にしてきた信頼するエースの「M4」が、負けてしまうなんて、、ショックです。。。。

道場破りに行ったら、返り討ちにあった武士の気持ちがよく分かる。。

その後も数回チャレンジしたけど、手探りで打ったTS2とTS3の飛距離を、自信満々で打ったM4が、初速も飛距離もなかなか超えられなかった。ヤバい。

【打感】

打感はかなり柔らかくて、音もいい。2モデルとも最高の評価を付けたい。

「TS2」は、柔らかさと、軽快感がなんとも心地いい。気持ちよくつかまって、長く接地してるような打感です。
「TS3」は、柔らかさの中に分厚さがあり、叩いた時にズシッと伝わって来る。917D3 をさらに柔らかくしたような打感です。

これは好みの問題ですが、私は「TS3」の打感がたまらなく好きです。

【弾道】

「TS2」は中高弾道、「TS3」は中弾道。オフセンターでも曲がり幅が小さくて、どちらも弾道のばらつきが少ない。「TS3」は、かなり低スピンなのでロフト角は大きめを選んだ方がよく飛んでくれます。

【つかまり】

2モデルともコスリ球が出ないし、よくつかまってくれる。大型ヘッドにありがちな捕まりにくくてイライラする心配はないですよ。「TS3」の方が重心距離が短く感じ、よくヘッドがターンしてくれる。

【操作性】

「TS2」はつかまりすぎないから小幅なドローボールが打ちやすかった。フェードボールも曲がりすぎないので安心できます。直進性を重視しながら、少しだけ曲げたいゴルファーにお勧めしたい。

積極的にフェースローテーションを使いたいなら「TS3」になる。コレ、めっちゃコントロールしやすい。右に出て戻って来る理想的なドローボールが打ちやすかったし、その計測値が最も飛んでました。低いフェードも打ちやすいから、風に強そうな印象です。

【安定感】

「TS2」の方が、弾道が大人しいし、やさしくて安定感がありますね。「TS3」は、振り遅れた時に少しだけプッシュを警戒しなきゃいけない。ちょっぴりハードな味付けです。

【オリジナルシャフト】

オリジナルカーボンが、どれもやさしくて振り抜きやすい。なかなかいいですよ。

TS2
『Speeder 519 EVOLUTION』  粘りがあって先がよく走る。
『KURO KAGE 50』   全体がしなってよくつかまる。

TS3
『Tour AD 60』   軽くてしっかり。このシャフトはTS3と相性がいい。よく飛びます。

まとめ

Titleist(タイトリスト)の「TS2 ドライバー」と「TS3 ドライバー」を試打しました。

どっちを選ぶべきか、、、

直進性を重視しながらやさしく飛ばしたいなら「TS2」、操作性を求めつつ、ぶっ叩きたいヒッターは「TS3」がおすすめです。

でも、両方欲しくなっちゃう。。。打ち比べると、悩みますよ〜。

それぞれの評価は下記を参考にしてください。

「タイトリスト TS2 ドライバー」

やさしくて、打感が良くて、ぶっ飛びの、直進安定型ドライバーです。

・低スピン
・初速が早い
・中高弾道
・よくつかまる
・オフセンターでも曲がらない
・打感が柔らい
・やさしい

アスリートがやさしくストレート系の弾道で飛ばせる。ミスを最小限にしたいならこちらがおすすめ。楽チンです。

【総合評価 9.3】
飛距離  10
やさしさ  9.5
弾道の高さ  9
つかまり  9
構えやすさ  9
操作性 8.5
打感 9.5

タイトリスト TS2 ドライバー
by カエレバ

【総合評価 9.3】
飛距離  10
やさしさ  9.5
弾道の高さ  9
つかまり  9
構えやすさ  9
操作性 8.5
打感 9.5

「タイトリスト TS3 ドライバー」

打感も操作性もやさしさもフル装備。アスリートが叩けば叩くだけぶっ飛んでくれるドライバーです。

・低スピン
・初速が早い
・中弾道
・よくつかまる
・コントロール性
・打感が分厚くて柔らい
・やさしい
・弾道調節が可能

しっかりと叩いて攻めたいアスリートに使って欲しい。操作性もいいし、打感がたまらない。
コッチを買いました。。。

タイトリスト TS3 ドライバー
by カエレバ

【総合評価 9.3】
飛距離  10
やさしさ  9
弾道の高さ  8
つかまり  9.5
構えやすさ  9
操作性 9.5
打感 10

 - Titleist, ドライバー