楽しい GOLF LIFE

ゴルフギアの口コミサイト。間違わないゴルフ用品選びで飛距離アップ、スコアアップ。ライバルに差をつけてゴルフをエンジョイしましょう。

Titleist タイトリスト TS2,TS3 ドライバー が待ち遠しい

   

毎年秋になると各クラブメーカーが続々とニューモデルをリリースさせますが、今年(2018年)の秋には Titleist(タイトリスト)のNEWドライバーがお目見えします。

タイトリストは、アイアンとウッド系を1年ごとに交互にリリースさせてきました。昨年(2017年)の秋は「718シリーズアイアン」がデビューしましたが、今年(2018年)は、ドライバーとフェアウェイウッドが登場する年です。またまた心がザワザワする時期がやってきました。。。NEWドライバーはどんなクラブなのかな、、ちょっと整理してみます。

それにしても、待ち遠しい!

「917」の後継は「919」じゃなかった

過去の流れが、、910、913、915、917ときたので、次は「919 D2」「919 D3」かと思ったら、「TS2」「TS3」というお名前。。。まぁ、ネーミングなので、そりゃ変わることもあるでしょう。。。テーラーメイドも「R15」の次は「R16」と思ったら「M1 M2」になって「M3 M4」という流れに、、次は「M5 M6」になるのか、、、これは予測不可能です。。

TS は「Titleist Speed」のイニシャル。開発のテーマは”SPEED”(スピード)です。新たなるスピードを実感して想像を超えた飛距離でゴルフを愉しくしてくれる。そんなドライバーを完成させたとのことです。

楽しみになってきました。。。

どんな特徴なの?

名前よりも、気になるのは性能面です。まだ詳細は分かりませんが、、、位置づけからすると、、、

「D2」→「TS2」直進性、高弾道、シャローフェース、大型ヘッド

「D3」→「TS3」操作性、中弾道、ディープフェース、コンパクトヘッド?

こんな感じになるのでしょうか。

はっきりしてることは、

・ソールの溝「アクティブ リコイル チャンネル」が姿を消した。
・「TS3」には弾道調節用の「SURE FIT®CGウエイト」が継承されたが、「TS2」には装備されない。
・ライ角、ロフト角がカチャカチャ調節できる「SureFitホーゼル」は装備される。

早くもPGAツアーで大勢を占める

ジャスティン・トーマスは、もうすでに6月の全米オープンから、「TS3 ドライバー」を実戦投入して満足しているようです。その後、タイトリストの用具使用契約プロが、続々とPGAツアーで使用を開始しています。

【TS3】

ジャスティン・トーマス
アダム・スコット
ウェブ・シンプソン
ジミー・ウォーカー
ラファエル・カブレラ・ベロ
チャーリー・ホフマン

【TS2】

ビル・ハース
キャメロン・スミス
マット・ジョーンズ
アン・ビョンホン
チェソン・ハドリー

発売前から実戦投入が多いクラブは評価が高い

このように、シーズン途中に発売前から実戦投入するクラブは、かなり評価が高いと思われます。昨年は、シーズン途中から「ボーケイ デザイン SM7 ウェッジ」を次から次に実戦で投入するプロが増えました。

逆に言うと、発売されてもまだ前モデルを使っているプロの方が多いクラブは、評価が低いと言えます。ツアープロの動向で、そのクラブの良し悪しが明確に判断できるのです。テーラーメイドの「M1」「M2」で戦うプロはほとんどいませんね。

プロが積極的に使用を開始した事実を見ると「TS2」「TS3」はかなり期待できるドライバーであることは、予想できます。

あとがき

「917D2」「917D3」は、テーラーメイドの「M3 M4」や、ピンの「G400 シリーズ」と比べると、市場での人気は苦戦している。私も「917D2」を所有しましたが、よく飛ぶし、打ちやすいし、悪いクラブじゃない。しかしながらタイガー・ウッズ、ダスティン・ジョンソン、ロリー・マキロイなどが使用する「M3 M4」の方が圧倒的に注目度が高い。

名前を変えたタイトリストのニュードライバーが、新たなる”スピード”を実現して大躍進するのか、注目したいですね。

 - Titleist, ドライバー