楽しい GOLF LIFE

ゴルフギアの口コミサイト。間違わないゴルフ用品選びで飛距離アップ、スコアアップ。ライバルに差をつけてゴルフをエンジョイしましょう。

TaylorMade テーラーメイド M4 フェアウェイウッドの試打&評価

      2018/06/11

TaylorMade M4 Fairway (テーラーメイド M4 フェアウェイ) を試打しました。どんなフェアウェイウッドなのか、評価と感想をレビューします。

試打クラブ
【番手】
3W(15°)
【シャフト】
FUBUKI TM5 (S)(オリジナルシャフト)

このFWの番手のバリエーションは「M2 フェアウェイウッド(2017)」と同じで3種(3W15°、5W18°、7W23°)あります。シャフト長は、3Wと5Wは1インチも違うが、5Wと7Wは0.5インチの違いで、シャフトのピッチがイレギュラーになっている。

「M4 フェアウェイ」には、ノーマルモデルとツアーモデルの2種類ある。今回はノーマルモデルの評価をレビューします。M2(2017)シリーズの後半に「M2 Tour フェアウェイ」が加わったが、「M4 Tour フェアウェイ」が最初からラインナップされた。これはカスタム限定商品です。

テーラーメイドは異例の速さで新商品をリリースします。他のクラブメーカーは概ね2年に1度のモデルチェンジなのにテーラーメイドは毎年新商品を送り出してくる。
※詳しくはこちらのレビューで→TaylorMadeテーラーメイド M3&M4 ドライバー が待ち遠しい!

構えてみると

「M4 フェアウェイウッド」は、前モデルと比べるとフェース寄りの白部分がシルバーに変わって丸型の外形はほとんど同じ。シルバー部分が減ってカーボンの面積が増えた。

ヘッドの体積が前モデルよりも僅かに1㎤ 大きくなったが、もちろん肉眼では解りません。

構えると、前モデル同様に投影面積が大きくて、どっしりと構えられ、シャローフェース&シャローバックで球が上がりそうな安心感がある。ちゃんと捕まえてくれそうな雰囲気で構えやすい。

早くも、このシルバー配色が普通に見えてしまうので、M2を見ると白配色が古く感じてしまう。。。「M4ドライバー」と違って、フェアウェイウッドはツイストフェースじゃないいとのこと。

試打の評価は

打ってみると、つかまりが良くなったのが最初の印象。前モデルの「M2 フェアウェイウッド」と比べるとライ角が2度アップライトになったのが大きいのかな。

M2は、ちょっとコスリやすいのが気になったけど、これは良くつかまってくれる。

そして、トップ気味でも良く上がるし、飛距離も落ちない。前モデルの方が弾道が高かったような感じがするが、吹け上がらず前へ前へと飛んでくれる。スピードポケットの効果が、よりパワーアップされた。トップ気味でもヒール気味でも、強い弾道で飛距離を稼いでくれる。

全般的に中弾道のストレートボールで、弾道が強い。バックスピン量もサイドスピン量も少なく左右の曲がりが少ない。

「ちょっとカット気味に入ったかな」と思ったショットが真っ直ぐに飛んでくれる。ここが一番の進化ポイントです。慣性モーメントの高さが球筋に反映されている。これは評価が高い。

飛距離性能は、よく飛ぶし安定感がある。意識的につかまえてもフックにならない。軽くて振り抜きやすいので、振り遅れの心配がないし、コスって右プッシュは全く出ない。トップ気味でもそこそこ飛んでくれるからボールのライにデリケートにならなくて済む。

頑張らなくてもヘッドが仕事をしてくれるから安心して振り抜けるので、ゆったりと、大きなスイングアークで、身体とクラブが一緒に回すことができます。これを手にすると手先で小細工をしようと思わないので、結果として大きな飛距離を叩き出してくれるのです。

打感は、よく弾いてる感触。センターでとらえると力一杯に弾いてくれるが、オフセンターでもまずまずの弾き感。

言い方を変えると、センターかオフセンターか判別しにくい。それがリズムを安定させる効果があります。「なんで芯に当たらないのか」って悩まずに次のショットに集中できそうです。

シャローバックの深重心、そしてスピードポケットの効果、、、なんだか、曲がらない要素がちゃんと球筋として実感できる。しかも吹け上がりません。

こちらのランキングも参考にして下さい→2018年おすすめの打ちやすいフェアウェイウッド8選

ロングホールで確実にパーで上がるには2打目が大事です。2打目のFWで想定外のミスが出てしまうとダボやトリになって、その日が終わってしまうことが、、、

この「TaylorMade M4 フェアウェイウッド 」は、そんな”がっかりショット”になりにくい。信頼感抜群の相棒になると思いますよ。テーラーメイド ゴルフ 直営オンラインショップ

シャフトは

シャフトは「FUBUKI TM5(オリジナル・カーボン) 」と「TourAD IZ-6」「Speeder 661 EVOLUTION Ⅳ」の合計3種類が標準仕様で用意されている。

「FUBUKI TM5」はシャフト全体がよくしなり、よくつかまるシャフトです。スプーンが苦手なゴルファーにお勧め。(S)でドライバーのヘッドスピードが42〜45m/sぐらいかな。このシャフトは税込みで2万円ほどやすいので、コストパフォーマンスが高い。
テーラーメイド M4 フェアウェイウッド が安く購入できる。しかも、打って合わなかったら9割保証で。

まとめ

テーラーメイド M4 フェアウェイ(2018) は、よくつかまるようになった。ミスしても曲がらないし上がってくれる。飛距離の安定感が極めて高い。

・左右に曲がらない
・コスリにくい
・低スピン
・強弾道
・安定した飛距離
・ゆったりと振れる
・やさしい

これならフェアウェイウッドで狭いエリアに運べる。つかまりがいいし、曲がりません。
その後、購入しました→テーラーメイド M4 フェアウェイウッド はミスに強くて飛ぶ/購入後の評価
飛距離 5
構えやすさ 5
デザイン 4.5
打ちやすさ 5+
操作性  4
打感 4.5

 - TaylorMade, フェアウェイウッド