楽しい GOLF LIFE

ゴルフギアの口コミサイト「間違わないゴルフ用品選び」

テーラーメイド M3アイアンの試打&評価/悪いところが見当たらない

      2018/09/09

TaylorMade M3 アイアン を試打しました。どんなクラブなのか、評価と感想をレビューします。
(2018/9/4追記)

試打クラブ

【番手】
7番(30.5°)
【シャフト】
N.S.PRO 930GH (S)
ダイナミックゴールド (S200)

4つの特長

「M3 アイアン」には4つの特長があります。

①リブコア

リブコア(フェースのヒール側とトゥ側の2本のバー)によってフェース外側の強度を高めることで、ボールに伝わるエネルギーロスを低減し反発力を高めた。(4番〜8番)

②フェーススロット

フェースの両端に「フェーススロット」という縦溝が4番〜8番に刻まれている。

③スピードポケット

テーラーメイドのアイアンの最大の特徴であるソールの「スピードポケット」という溝がもちろん配備されている(4番〜7番)。この溝がいい仕事をしてくれるから、よく拾ってくれてトップしてもボールスピードが落ちにくい。

④タングステン・ウエイト

トゥ側の下部に15gのタングステンウェイトを埋め込むことで、フェース面状の重心位置を調整。(4番〜7番)

構えてみると

やや小顔でストレートのネック形状がピンの方向に真っ直ぐに構えやすい。弾道がイメージしやすく操作しやすそうだが、やや厚めのトップブレードが安心感も与えてくれる。

シャープな顔にやさしさが融合して、とっても構えやすい。

試打の評価は

打ってみると、気持ちよくフェースがターンして高弾道でよく飛ぶ。これは打ちやすいぞ!

7番アイアンのロフト角が 30.5° なのに、ノーマルロフト(34°)のアイアン以上の高さで飛んでくれる。しかも「スピードポケット」の効果なのか、めっちゃ拾ってくれますよ。

打ちやすさの評価は満点をつけたい。

薄めにヒットしても持ち上げてくれるし、振り遅れてもググッとフェースがターンして軌道修正をしてくれる。

飛距離は、まずまず。飛び系アイアンではないけど、楽につかまるから、ちょっとしたミスでも狙い通りの飛距離になる。

非常にバランスが良くて振りやすい。払い打ちでも大丈夫。コスって手前のバンカーっていう心配が減りそうですよ。

打感も悪くない。フェースとの接地時間が長く、まるで軟鉄鍛造アイアンのようなホールド感がある。

いろんな打ち方をして試したけど、直線的な飛距離性能の「M4 アイアン」とはキャラクターが違います。

操作性もいい。つかまえようとすると思い通りの”さじ加減”でつかまる。ちょいドローからフックまでイメージ通りの曲がり幅で飛んでくれます。フェードボールも打ちやすい。

弾道の高低を打ち分けたい上級者は「P700シリーズ」をお勧めするが、それ以外のアスリートからセミアスリートまで、このアイアンを選べばパーオン率が上がりそうです。

テーラーメイド ゴルフ 直営オンラインショップ

シャフトは

シャフトは「Dynamic Gold」と「NS PRO 930 GH」の2種類のスチールから選ぶことができる。

M1 アイアン」に設定されたカーボンシャフトが標準ラインナップから外れた。

テーラーメイド M3 アイアン が安く購入できる。しかも、打って合わなかったら9割保証で。

まとめ

テーラーメイド M3 アイアン (2018) は、よくつかまり、ミスに強く、操作しやすく、打感もいい。悪いところが見当たらないアイアンです。

・よくつかまる
・よく拾う
・心地よい打感
・操作性がいい
・キャリーが安定する

衝撃的でした。マジで打ちやすい。

【総合評価 9.1】
飛距離  9
やさしさ  10
弾道の高さ  9
つかまり  9
構えやすさ  9
操作性 8
打感 9

 - TaylorMade, アイアン