楽しい GOLF LIFE

ゴルフギアの口コミサイト「間違わないゴルフ用品選び」

Steelhead XR PRO アイアンの試打&評価②/ラウンド編

      2018/09/10

Callaway(キャロウェイ) Steelhead(スチールヘッド) XR PRO アイアン をゴルフ場でラウンドしながら試打しました。

名器が見事に復刻したアスリート用ぶっ飛びアイアンは、実際にラウンドしたらどんな印象なのか、評価と感想をレビューします。

試打クラブ

【番手】
7番(31°)
【シャフト】
MODUS3 TOUR 120(S)

このアイアンを発売当初に試打をした時、偉大なる名器「スティールヘッド X-14 プロシリーズ アイアン」が見事に復刻したと、太鼓判を押しました。これは、打ちやすく、操作しやすく、ぶっ飛ぶアイアンです。

(以前のレビューはこちら

実際に芝の上からグリーンを狙うと、どんなパフォーマンスを見せてくれるのか検証したくなったので、1日お借りしてコースに出向き、5I〜PW を全番手試打しました。

キャロウェイのアイアンは全米売上NO.1

アメリカでは、キャロウェイのアイアンが売上NO.1です。

タイトリスト、テーラーメイド、ピンと激しい争いを勝ち抜いての1位は、すごいですね。ゴルフクラブがよく売れる要素は、間違いなく「飛び」です。

アイアンは飛べばいいってもんじゃないけど、ゴルファーはアイアンも、やっぱり「飛び」にこだわりたい。飛ぶアイアンが売れるアイアンなのです。

元々アメリカ人は飛ぶアイアンが好みのようで、日米共通ですね。ざっくりした印象ですが、ハイバウンスの影響なのか、アメリカのメーカーのアイアンは全般的によく飛びますが、特にキャロウェイのアイアンは、よく飛びます。

構えると

構えると、ストレートに近いセミグースネックの小顔です。普段使用してるタイトリストやミズノののアスリートアイアンから持ち替えても、違和感なく構えられる。顔は問題なしです。ブラックのカラーリングはボールに集中できるし、なかなかカッコイイ。

打ってみると

パー4のセカンドショットで芝が薄いライでも、よく拾ってくれます。フェアウェイバンカーから7番アイアンのショットがハーフトップ気味になっちゃったけど、ちゃんとキャリーが出てナイスオンです。

フェアウェイで打ち込んでもスピン量が多すぎないから、逆風に負けない高弾道でよく飛ぶ。ラフからも打ちやすく、球が上がりやすい。ダフリ気味でもトップ気味でもミスに寛容なアイアンですね。

「タイトリスト716CBアイアン」と比べると、1番手以上の差があり、飛距離はちょっと飛びすぎる感じがする。。

やっぱりカップフェースのアイアンは、ぶっ飛びますね。自分のアイアンと比べると、ロフト角の違い以上に飛ぶし、ミスに断然強いので、楽だなぁって思う。しかも弾道が高いからストロングロフトっていうのを感じない。

なんだか、使わないと時代に取り残されてしまうような焦りさえ覚えるのです。。。

当初の印象と変わらず、操作性がいい。フェードボールでピンを狙いたい場面があったが、うまく打てた。ただ、やっぱり飛んでしまうのでピン奥13メートルから、3パットになってしまった、、、

パターが下手くそっていう事です(涙)、、

距離感は慣れの問題ですね。スルーボア構造の球の上がりやすさは独特で、こんなに気持ちよく拾ってくれるなら、他のメーカーがなんで採用しないのか不思議です。ショートホールはティーアップを地面すれすれにした方が打ちやすかった。

欠点は

このアイアンの欠点は、鋳造でライ角が変えられないことと、打感です

。打感はとってもいいけど、軟鉄鍛造アイアンの打感とはずいぶん違う。これも慣れるまでに時間がかかるかも。打った瞬間にグリーンの手前に乗るのか、奥に乗るのか、ベタピンなのか、微妙な差が伝わってこない。でも柔らかく心地よい感触です。

それ以外の欠点は見当たらない。

軟鉄鍛造アイアンの打感がない代わりに、飛距離、方向性、ミスに強い、どんなライからでも打ちやすい、、、、得られるものが大きいのです。それをどう考えるのか。

残念ながら、カップフェースの飛距離性能は認めざるをえません。

この飛距離を体感してしまうと、軟鉄鍛造アイアンの飛ばない切なさが我慢できるのかな、、、一度使うと忘れられない飛距離性能です。

キャロウェイ Steelhead XR PRO アイアン が、安く購入できる。

まとめ

「キャロウェイ スチールヘッド XR プロ アイアン」は、実際にラウンドしたら、想像通り素晴らしいアイアンでした。ミスに強く、ぶっ飛んで、操作性がいい。どんなライからでも打ちやすい。

・よく飛ぶ
・柔らかい打感
・ミスに強い
・操作性がいい
・よくつかまる

軟鉄鍛造アイアンと比べると、メリットとデメリットが両方あるが、断然メリットの方が大きい。競技で使いたくなった。。。使わなきゃ損って思いました。

飛距離 5
構えやすさ 4.5
デザイン 4
打ちやすさ 5+
操作性 4.5
打感 4.5

 - Callaway, アイアン