楽しい GOLF LIFE

ゴルフギアの口コミサイト「間違わないゴルフ用品選び」

スリクソン SRIXON Z765 ドライバー の試打&評価

      2018/09/16

新しい DUNLOP ダンロップ スリクソン Z765 ドライバー を試打しました。前モデルは購入したので、どんな進化を遂げたのか楽しみです。評価と感想をレビューします。

試打クラブ

【ロフト】
9.5度
【シャフト】
Speeder 661EVOLUTION Ⅲ(S)

img_5138

結論を先に言っちゃうと、『進化に驚き』です。打感、インパクトの音、スピン量、飛距離、方向性など、すべて前作のZ745を超えたかも。

前作の Z745 ドライバー と比べると、

ソール形状は大きく変わりました。

kasukawa_go-z745dwmjZ745ドライバー


ds-srixon-z765-dr-soleZ765 ドライバー

このソール形状が進化のカラクリです。

「パワーウェーブソール」
ソールを複数の段差をつけた波型にすることで、フェース下部でも大きなたわみを生み出せるようになり、フェース下打点での反発性能が向上。その結果フェース全体での飛距離向上を実現しました。

またこの「パワーウェーブソール」は、低重心を維持することが出来、球の吹け上がりを最小限に抑えます。前モデル比でヘッド左右の慣性モーメントが18%、ヘッド体積が15cm³アップ。よりしっかりと叩けるヘッド形状で、安定した中弾道を実現します。

ds-srixon-z765-dr-face新肉厚設計「ストレッチフレックス・カップフェース」

フェース周辺の剛性が低くなりフェース全体の反発エリアが拡大。オフセンター打点での飛距離ロスを低減しました。

s13-07特に下打点では「パワーウェーブソール」との相乗効果によって反発性能アップを実現し、大きな飛距離を得られるようになりました。

ヘッド体積は 430cm³→445cm³ に。

147218_600400引き締まった上級者好みの顔つきです。フェアーウェイにしっかりとロックオンできる安心感があります。
それにしてもいい顔!こんな顔が好きなゴルファーが多いと思います。

打ってみると

インパクトの打感が、パーンと弾き飛ばす印象です。捕まえてドローボールを打つという感じではなく、高弾道で低スピンのフライヤーのような球筋です。風に強くて、ランの出る理想的なショットが連発しました。振り遅れてもプッシュアウトしない、捕まえてもフックしない。。。なんでだろう?? ホント、ラフからアイアンでフライヤーになったような感じです。

上げて下ろすだけで簡単に力強い弾道が打てます。シンプルスイングがベストであると教えてくれるようなクラブです。まだまだ進化は止まらない感じですね。進化に驚きました。

シャフトは

img_5140

Z765 ドライバー は、スピーダー エボⅢ との相性が抜群にいい。あばれず、よく走る。すごくいいです。エボⅠとエボⅡのいいとこ取りの性能。Fujikuraの『Speeder 661EVOLUTION Ⅲ』は、来年戦うための注目のシャフトなので、後日じっくりレビューします。

『Miyazaki Kaulaシャフト』(MIZU) も抜群にいい

ただし、新しい 『Miyazaki Kaula』(MIZU) も抜群にいいんですよ。価格もお値打ちです。s13-11
計測したら、『Miyazaki Kaula』の方が初速が早くて、高弾道のドローが打ちやすいです。飛距離は、同じレベルでした。シャフト選びは迷いますね。コストパフォーマンス的に、Miyazaki Kaula を選びたくなるかな。
スリクソンZ765ドライバーが安く購入できる。

 まとめ

新しいスリクソン Z765 ドライバー はアスリートゴルファーや、これから腕を上げたいゴルファーにとって非の打ち所がない武器になるでしょう。簡単に強い球が打てるヘッド形状に驚きました。またまた悩みが増えました(汗)

飛距離 4.5
構えやすさ 5+
デザイン 5
打ちやすさ 5
打感 4

 - SRIXON, ドライバー