楽しい GOLF LIFE

ゴルフギアの口コミサイト「間違わないゴルフ用品選び」

タイトリスト 620 CB アイアン の試打&評価/伝統が継承されています

      2019/10/11

Titleist(タイトリスト) 620 CB アイアン を試打しました。どんなクラブなのか評価と感想をレビューします。

Titleist 620CB アイアン
by カエレバ

試打クラブ

Titleist(タイトリスト)
620CBアイアン/2019年8月発売モデル
【番手  (ロフト)】
・7番 (34°)
【シャフト】
・AMT TOUR WHITE (S200)

試打を終えた率直な感想は

この3項目が最大のおすすめポイント

よくつかまる

柔らかい打感

操作性

nao
nao
718 CB の後継です。打感がさらに向上しました。

気になった点もあります

すっきりしないデザイン

nao
nao
ほんのわずかですが、バックフェースのデザインが複雑になりましたね。 

私はCBアイアンをいつも所有していますが、前モデルの 718CB も現在サブで使用しています。
※上の画像の右が前モデルです。

タイトリスト 620CBアイアン の評価

【構えやすさ】9.0

顔だけ見てると前モデルとの違いが分かりません。美しい顔です。ターゲットにフォーカスしやすいストレートネックの伝統的な顔。きっとメーカーもこれは大きく変えられない。アスリートアイアンのスタンダード的な顔が継承されています。

球を操りたくなる顔です。

【飛距離】8.0

7番で34度のノーマルロフトとしてはよく飛びます。よくつかまるから、右足寄りに置いてドローを打つと簡単に1番手以上飛びます。これも前モデルから継承されている。

【弾道の高さ】9.0

ロフトなりの高さが出しやすい。よく上がります。意外によく拾ってくれますよ。スピン量も多い。

【つかまり】9.5

フェースがよくターンして、気持ちよくつかまります。いつでもドローが打てる感じ。

【操作性】10.0

素晴らしい。ドローもフェードも高さもイメージ通りのさじ加減で操作しやすい。

【打感】10.0

軟鉄の柔らかさがしっかり体感できる。ホールド感があり、極上の打感です。フェースのどこでどんな回転でヒットしたのか、細かい情報が伝わってくる。素晴らしい!

【やさしさ】8.0

3番〜7番のタングステンの挿入が3番と4番のみになったのが一番大きな改良点です。5番からは球が上がりにくくなっているのかと懸念したけど、全然そんなことありません。むしろ返り過ぎたり、返らなかったりのミスが軽減され、実に自然な動きをしてくれるから 前モデルよりも微妙なタッチの操作が可能になった。

ずっと歴代モデルを買い換えてきた私にはこの違いがしっかり解ります。CBらしい味付けが戻ってきたと言えるかも。

操作性は満点。打感も満点。意外によく上がるし、方向性もいい。2〜3世代前のCBアイアンほどの難しさはないけど、やはりしっかりとダウンブローに打ち込めるゴルファーのみがターゲットになります。

T100アイアン の方が圧倒的にスイートエリアが広いしミスに寛容なので、競技で戦う上では迷う余地がないと思うが、、、

「この打感と操作性が少し削られてもいいなら」

という注釈が付きます。

CBアイアンやMBアイアンは、今の自分の技量や飛距離が確認できるからどうしても持ち続けたくなります。この打感も捨てがたい。

私はCBアイアンを使用した方が他の最新技術満載のアイアンよりも平均スコアがいい。無理せず自分らしい攻め方が出来るからだと分析しています。

【総合評価 8.8】
構えやすさ  9.0
飛距離  8.0
弾道の高さ  9.0
つかまり  9.5
操作性 10.0
打感 10.0
やさしさ  8.0

nao
nao
この打感と操作性があってMBほど難しくない。そこが魅力です。

タイトリスト 620CB アイアン の口コミ

下記の意見も参考にしてください。

「硬いグリーンで攻めやすい」

打ち込むとかなり高弾道になる。硬いグリーンで狙いやすい。

SYOTAさん(45)  スコア 70〜79、43〜46m/s、フェード系

「引っかかり過ぎない」

自由に曲げられるが手首を返しても引っかかり過ぎない。

KUNIさん(53)  スコア 80〜89、43〜46m/s、ドロー系

「意外にやさしい」

打感がいい。意外にやさしい。打ち比べたら前モデルとの大きな違いは感じなかった。

RYOJIさん(51)  スコア 70〜79、47〜50m/s、フェード系

シャフトは

1種類のスチールが標準で用意されています。

・AMT TOUR WHITE (S200)

オススメしたいゴルファーは

・打感にこだわる
・操作性を重視する
・上級者

商品情報

番手(ロフト) 3(20°) 4(23°) 5(26°) 6(30°) 7(34°) 8(38°) 9(42°) P(47°)
ライ角 5(62°)  7(63°)
ヘッド素材 【3I,4I】軟鉄+タングステン・ニッケル
【5I-PW】軟鉄
製法 鍛造
グリップ ゴルフプライド ツアーベルベット・ラバー 360° フラットキャップ(60)
シャフト ・AMT TOUR WHITE (S200)
長さ 5I/38″、7I/37″
価格 5本セット (6I-PW) ¥120,000+税
単品 (3I〜5I)    ¥24,000+税
nao
nao
CBアイアンも6番からの5本セットになりました。時代が変わりましたね。
タイトリスト 620CB アイアン
by カエレバ

まとめ

タイトリスト 620CB アイアンは極上の打感と操作性をしっかりと伝統を引き継いでいます。過去の難しさは感じないがアスリートのみが所有することを許される存在感も継承されています。

完成されたシリーズなのでメーカーもこれ以上大きく変えられないのかもしれませんが、大きく変わっていないから安心しました。やっぱり欲しい。

 - Titleist, アイアン