楽しい GOLF LIFE

ゴルフギアの口コミサイト「間違わないゴルフ用品選び」

オノフ ドライバー KURO(黒) 2019 の試打&評価/やさしくぶっ飛ぶ

   

ONOFF KURO(オノフ 黒) ドライバー 2019年モデル を試打しました。どんなクラブなのか評価と感想をレビューします。

ONOFF黒ドライバー2019

オノフ KURO ドライバー 2019
by カエレバ

試打クラブ

ONOFF KURO(オノフ 黒) ドライバー
/2019年8月発売モデル
【ロフト】
・9.5°
・10.5°
【シャフト】
・LABOSPEC SHINARI 50K(S)
・LABOSPEC SHINARI 60K(S)

試打を終えた率直な感想は

この3項目が最大のおすすめポイント

打ちやすい!

よく飛んで曲がらない

LABO SPECシャフトが素晴らしい

nao
nao
めちゃくちゃいいですよ!2〜3発で購入を考えました!

気になった点もあります

標準シャフトが1種類しかない

nao
nao
吊るしのシャフトは前モデルも1種類でした。カスタムで豊富な種類が用意されています。

オノフ KURO(黒)ドライバー(2019年モデル)が安く購入できる。

オノフ ドライバー 黒 の評価

【構えやすさ】9.0

ディープフェースで洋梨系の形状につや消しブラックの塗装がアスリート感を演出しています。引き締まって見えるから思い切って叩けます。

ONOFF黒ドライバー2019を構えると

【飛距離】9.5

パワートレンチという深い溝がクラウンとソールに刻まれ、これがよくたわんでいるのかな、、軽く振っても予想より遠くに落下します。センターでとらえると驚きのぶっ飛びになり、ミスに強くて平均飛距離が出てくれますよ。

オフセンターでもこんな感じです。

ONOFF黒ドライバー2019の飛距離データ

【弾道の高さ】8.5

出球が高くて、そこから吹け上がらず強い弾道でグイグイ伸びてくれる。ランも多い。決して低くがないが、ロフトは大きめを選んだ方がいいかも。

ONOFF黒ドライバー2019のパワートレンチ

【つかまり】9.5

よくターンしてよくつかまる。インパクトでしっかりキャッチしてくれます。ドローボールが打ちやすい。右は全く気にならないし引っかかりもほとんど出ない。
さらに「トラジェクトリーコントロール」という3つのウェイトスクリューを入れ替えると、つかまり具合が自由にカスタマイズできます。

【操作性】8.5

曲がりすぎないから小幅な範囲で操作しやすい。

ONOFF黒ドライバー2019のフェース

【打感】9.5

パワートレンチとフェースが一体となって大きくたわんで実に心地いい打感です。音が耳障りじゃなくて大人しい。

【やさしさ】9.5

振り抜きやすいしミスに強い。特にミスヒット時の飛距離と方向性が素晴らしい。芯でとらえるとぶっ飛びます。

右プッシュを怖がらずに思い切って叩ます。引っかかりも気にならない。ドローヒッターは逆球を恐れずに振り抜けます。フェードヒッターはコスリのミスをカバーしてくれるでしょう。

本当に打ちやすい。飛距離もすごい。スイングを変えなくても自然に飛距離アップになります。アスリート感がありながらのこの打ちやすさが魅力的ですね。これはアスリートのみならず、上達思考のあるアベレージゴルファーにも使って欲しい絶品です。

【総合評価 9.2】
構えやすさ  9.0
飛距離  9.5
弾道の高さ  8.5
つかまり  9.5
操作性 8.5
打感 9.5
やさしさ  9.5

nao
nao
某人気ドライバーを購入したらつかまらなくて苦労してるゴルファーが多いけど、これは全然楽ですよ。

オノフ ドライバー 黒 の口コミ

下記の意見も参考にしてください。

「ゆったり振り抜ける」

楽につかまるからゆったり振り抜ける。本当に打ちやすい。

MIURAさん(49)  スコア 80〜89、43〜46m/s、フェード系

「強い弾道」

高弾道だが吹け上がらない。球筋が強い。10.5°は楽に上がる。9.5°はもう少し立ってるような感じがした。

RYOJIさん(51)  スコア 70〜79、47〜50m/s、フェード系

「イメージ通りにドローが打てる」

軽いドローが打ちやすい。イメージ通りの球です。飛距離も5ヤード飛んでます。

KUNIさん(53)  スコア 80〜89、43〜46m/s、ドロー系

シャフトは

1種類のオリジナルカーボンが標準設定。カスタムの「LABOSPEC(ラボスペック)・シャフト」は豊富な種類から選べます。

・LABOSPEC SHINARI 50K(S) 中調子

「SHINARI」はよくしなりながら暴れずにインパクトできる合わせやすいシャフト。標準の50K(S)は42〜45m/sぐらい。私は「SHINARI 60(S)」がピタッとハマりました。

【ラボスペック】
・HASHIRI(先調子)
・SHINARI(中調子)
・TATAKI(手元調子)
40g台〜70g台のバリエーションがあります。

オススメしたいゴルファーは

・安定した飛びが欲しい
・強い弾道が打ちたい
・プッシュ、スライスを減らしたい

商品情報

ロフト 9.5° 10.5°
ライ角 57°
ヘッド体積 460cc
ヘッド素材 ZA010Tiフェース、軽比重811Ti薄肉精密鋳造ボディ、
ウェイトスクリュー(2g=Ti,4g=SUS,7g=タングステン合金)
グリップ ONOFF X HOLD ラバー(BLなし・口径60・49g)
シャフト LABOSPEC SHINARI 50K(S) 中調子
別売り・ウェイトスクリュー 1g, 2g, 4g, 7g, 9g, 12g /各1,500円+税
価格 標準シャフト  ¥70,000+税
カスタムシャフト   ¥75,000+税
nao
nao
LABOSPECシャフトは素晴らしいですよ。あえて有名シャフトメーカーを選択する必要はないと思います。
ONOFF KURO ドライバー 2019
by カエレバ

まとめ

ONOFF ドライバー KURO(黒)2019モデル はよくつかまってミスに強くてぶっ飛びます。アスリートは思い切って叩けるし、アベレージゴルファーにも使えるやさしさがあります。

黒のイメージが変わりました。マジで打ちやすい。私は多分注文します。

オノフ KURO(黒)ドライバー(2019年モデル)が安く購入できる。

 - ONOFF, ドライバー