楽しい GOLF LIFE

ゴルフギアの口コミサイト「間違わないゴルフ用品選び」

WGCデル・テクノロジーズ・マッチプレーの勝者は?/世界ゴルフ選手権2019

   

2019年3月27日〜31日にアメリカ・テキサス州のオースティンCCで開催された「2019 WGC デル・テクノロジーズ・マッチプレー (WGC Dell Technologies Match Play)」で、ケビン・キスナー(Kevin Kisner)(35歳)が決勝でマット・クーチャーを3&2で下して優勝した。

今シーズンもキャロウェイのギアで戦う K.キスナーは、これが今シーズン初優勝、PGAツアーでは2年ぶり通算3勝目となった。

K・キスナー の最新のクラブセッティングはこちら

wgcマッチプレー

世界ゴルフ選手権・マッチプレー

この大会は、年間4試合ある世界ゴルフ選手権(WGC)の今シーズン第3戦で、PGAツアー唯一のマッチプレー。世界ランキング上位64名に出場権が与えられます。

初日から3日間は1組4名の総当たり戦を行い、その中から1名が勝ち抜いて、ベスト16の決勝トーナメントへ進み、最大5日間で7ラウンドを戦うことになります。

昨年準優勝のキスナー

昨年の大会で B・ワトソン に 7and6の大差で敗れた K・キスナー は、マッチプレーの強さを発揮して見事に雪辱を果たした。

過去3度優勝のタイガー

この大会最多の過去3度の優勝経験を持つタイガー・ウッズは、準々決勝でデンマークのL.ビェルレガード(27歳)に逆転で敗退しました。

日本人選手は決勝に進めず

日本からは2選手(小平智、松山英樹)が出場。2人とも総当たり戦を1勝1敗1分の成績で、惜しくも決勝トーナメント進出を逃した。

ベスト8の結果

《準々決勝》

K.キスナー      2&1   L.ウーストハイゼン
○ F.モリナリ      6&5    K.ナ
○ L.ビェルレガード   1UP   T.ウッズ
○ M.クーチャー    2UP   S.ガルシア

《準決勝》

M.クーチャー   1UP    L.ビェルレガード
K.キスナー       1UP    F.モリナリ

《3位決定戦》

F.モリナリ    4&2    L.ビェルレガード

《決勝》

K.キスナー    3&2    M.クーチャー

※クリックするとクラブセッティングがご覧になれます。

まとめ

2018-19 PGAツアー「WGC デル・テクノロジーズ・マッチプレー 」で優勝したのはケビン・キスナー(Kevin Kisner)(35歳)。これがPGAツアー今シーズン初優勝、通算3勝目となった。

タイガー・ウッズは準々決勝で敗退。松山選手、小平選手は決勝トーナメント進出ならず。

来週もテキサス州で「バレロ・テキサス・オープン」が開催されます。タイガー、松山選手 は出場しません。

 - 2018-19, PGAツアー, トーナメント結果