楽しい GOLF LIFE

ゴルフギアの口コミサイト「間違わないゴルフ用品選び」

ツアー選手権はマキロイが優勝・2度目の年間王者に/PGAツアー2019

   

2019年8月22日(木)〜25日(日)にジョージア州のイーストレイクGCで開催されたプレーオフシリーズの最終戦ツアー選手権(Tour Championship)で、ローリー・マキロイ(Rory McIlroy)(イギリス・30歳)が最終日を−4(66)で回り、2位のX・シャウフェレと4打差の通算−18で優勝し、PGAツアー2018-19シーズンの年間王者になりました。

テーラーメイドのギアで戦う R・マキロイ は、これがPGAツアー通算17勝目となった。

>> R・マキロイの最新のクラブセッティングはこちら

2度目の年間王者は史上2人目

R・マキロイは2016年以来2度目の年間王者になった。これは T・ウッズ に続いて史上2人目の快挙。

プレーオフシリーズ最終戦

プレーオフシリーズは今年から1試合減って全3試合。プレーオフシリーズ第2戦「BMW選手権」の終了後のフェデックス・ポイント・ランキングが30位以内に入った選手が、この最終戦への進出を果たしました。

そして、この大会で優勝した選手が年間王者という分かりやすい形式になったのです。

今年は、ランキング上位の選手にスコアのハンデが付与される形式になった。ランキング1位の J・トーマス は−10、15位の 松山英樹 は首位と7打差の−3から初日をスタートした。

松山選手は9位タイ

6年連続でこの最終戦に出場した松山英樹は9位タイで終了。

昨年の大会で復活優勝した タイガー・ウッズ はランキング30位に届かなかったため出場していません。

上位の成績と主な選手の結果

1      (−18)    R・マキロイ
2      (−14)    X・シャウフェレ
3T    (−13)    B・ケプカ
3T    (−13)    J・トーマス
5       (−9)     P・ケーシー
6       (−8)     A・スコット
7       (−7)     T・フィナウ
8       (−6)     C・リービー
9T     (−5)     P・リード
9T     (−5)     K・キスナー
9T     (−5)     松山英樹
12T   (−4)     B・デシャンボー
12T   (−4)     J・ラーム

15     (−2)    G・ウッドランド
16T   (−1)    M・クーチャー
19T   (±0)    R・ファウラー
21T   (+1)    P・キャントレー
24T   (+2)    B・スネデカー
26T   (+3)    J・ローズ
29T  (+10)   D・ジョンソン

※選手名をクリックするとクラブセッティングがご覧になれます。

まとめ

ツアー選手権(Tour Championship)で優勝したのはローリー・マキロイ(Rory McIlroy)(イギリス・30歳)。これでPGAツアー通算17勝目、史上2人目の年間王者となった。

松山選手は9位タイ、B・ケプカ は3位タイで今シーズンの戦いを終えた。

 - 2018-19, PGAツアー, トーナメント結果