楽しい GOLF LIFE

ゴルフギアの口コミサイト「間違わないゴルフ用品選び」

ロケット・モーゲージ・クラシックはラシュリーが優勝/PGAツアー2019

   

2019年6月27(木)〜6月30日(日)にミシガン州のデトロイトで開催された 第1回 ロケット・モーゲージ・クラシック(Rocket Mortgage Classic)で、ネイト・ラシュリー(Nate Lashley)(アメリカ・36歳)が最終日を−2(70)で回り、2位と6打差の通算−25で優勝した。

今シーズンもPINGのギアで戦う N・ラシュリー は、これがPGAツアー初優勝となった。

ネイト・ラシュリーの最新の使用クラブはこちら

繰り上がり出場の N・ラシュリー

PGAツアーではトップ10入りが過去に1度あるだけで、シード権もない ネイト・ラシュリー。水曜日に繰り上がり出場が決まってから、4日間トップを維持しての優勝。首位でスタートした3日目にノーボギーの63(−9)を叩き出し、最終日を6打差リードで迎えて、そのままぶっちぎり。PGAツアーの選手層の厚さを実感させられる結果となった。

新規大会

ロケット・モーゲージ・クラシックは今シーズンから始まった新規大会。ミシガン州でのPGAツアー開催も10年ぶりとなる。

日本人選手は

日本人選手は 松山英樹(13位タイ)、小平智(予選落ち) の2名が出場。タイガー・ウッズP・ミケルソンローリー・マキロイブルックス・ケプカ は出場していない。

上位の成績と主な選手の結果

1      (−25)     N・ラシュリー
2      (−19)     D・レッドマン
3T    (−18)     R・サバティーニ
3T    (−18)     W・ローチ
5T    (−17)     B・スネデカー
5T    (−17)     J・ニーマン
5T    (−17)     T・ポッターJr
5T    (−17)     B・スチュアード
5T    (−17)     C・トリンガーレ
5T    (−17)     P・リード
11T  (−16)     S・ストレイカ
11T  (−16)     J・T・ポストン
13T  (−15)     松山 英樹

35T  (−11)     A・ワイズ
35T  (−11)     C・ハウエルⅢ
46T   (−9)      K・キスナー
46T   (−9)      R・ファウラー
46T   (−9)      C・チャンプ

予選落ち

G・ウッドランド
B・ワトソン
D・ジョンソン
小平 智

※選手名をクリックするとクラブセッティングがご覧になれます。

まとめ

ロケット・モーゲージ・クラシック(2019) で優勝したのはネイト・ラシュリー(Nate Lashley)(アメリカ・36歳)。これがPGAツアー初優勝となった。

日本からは松山英樹(13位タイ)、小平選手(予選落ち)が出場。

次週はミネソタ州で「3M オープン」が開催されます。

 - 2018-19, PGAツアー, トーナメント結果