楽しい GOLF LIFE

ゴルフギアの口コミサイト「間違わないゴルフ用品選び」

RBCカナディアン・オープンの結果・マキロイの独走/PGAツアー2019

   

2019年6月6〜6月9日に カナダ・オンタリオ州のハミルトンG&CGで開催された米国男子ツアーの RBCカナディアン・オープン(RBC Canadian Open)で、ローリー・マキロイ(Rory McIlroy)(イギリス・30歳)が最終日を−9(61)のビッグスコアで回り、2位と7打差の通算−22で優勝した。

今シーズンもテーラーメイドのギアで戦う R・マキロイ は、これが3月の ザ・プレーヤーズ・チャンピオンシップ 以来の今シーズン2勝目、PGAツアー通算16勝目となった。

カナダの国旗

R・マキロイの最新のクラブセッティングはこちら

U.S.オープンの前週にスケジュール変更

PGAツアーで唯一カナダで行われるカナディアン・オープンは、1904年に第1回が開催され、全英、全米に次ぐ世界で3番目に古いオープン大会である。

毎年7月の後半に開催されていたが、今年度のスケジュール変更で6月前半になり、全米オープン前週の開催になった。

前年の覇者は D・ジョンソン

昨年のこの大会ダスティン・ジョンソン が優勝。今年は残念ながら20位タイで4日間を終えた。全米オープンの前週で調整のために出場を見送るビッグネームが多い中で出場した B・ケプカ は50位タイ、B・ワトソン は63位タイ、S・ガルシア は予選落ちに終わっている。

日本人選手は

この大会に日本人選手は出場していません。

上位の成績と主な選手の結果

1       (−22)    R・マキロイ
2T     (−15)    S・ローリー
2T     (−15)    W・シンプソン
4T     (−13)    B・スネデカー
4T     (−13)    M・クーチャー
6       (−12)    A・ハドウィン
7       (−11)    S・イム
8T     (−10)    D・ウィレット
8T     (−10)    G・マクドゥエル
8T     (−10)    H・ステンソン
11T    (−9)     S・ムニョス
11T    (−9)     W・ローチ
11T    (−9)     C・トリングル

20T    (−7)     D・ジョンソン
20T    (−7)     J・トーマス
27T    (−6)     J・フューリク
44T    (−3)     K・ブラッドリー
50T    (−2)     B・ケプカ
63T    (+2)     B・ワトソン

予選落ち

S・ガルシア

※クリックするとクラブセッティングがご覧になれます。

まとめ

RBCカナディアン・オープン(2019) で優勝したのはローリー・マキロイ(Rory McIlroy)(イギリス・30歳)。これでPGAツアー16勝目となった。

日本人選手の出場はありません。

次週はカリフォルニア州のペブルビーチで「全米オープン」が開催されます。タイガー・ウッズ、松山英樹 が出場予定です。

 - 2018-19, トーナメント結果