楽しい GOLF LIFE

ゴルフギアの口コミサイト「間違わないゴルフ用品選び」

ウェイストマネジメント・フェニックスオープンの結果は?/PGAツアー2019

      2019/02/09

2019年1月31日〜2月3日にアメリカ・アリゾナ州のTPC・オブ・スコッツデールで開催された ウェイスト・マネジメント・フェニックス・オープン(Waste Management Phoenix Open)で、リッキー・ファウラー (Rickie Fowler)(30歳)が最終日を+3(74)で回り、2位と2打差の通算−17で優勝しました。

今年もコブラのギアで戦うR.ファウラーは、これが今シーズン初優勝、PGAツアーで通算5勝目となった。

リッキー・ファウラーの最新のクラブセッティングはこちら

フェニックスオープン

念願の初優勝

この大会では、松山選手にプレーオフで敗れるなど過去に2度の2位を経験しているリッキー・ファウラーは最終日の11番ホールで池ぽちゃの後にドロップしたボールが、打つ前にコロコロと池に入るアクシデントでトリプルボギーに。一時は2位に後退したが、その後盛り返して、この大会は念願の初優勝となった。

観客動員数がすごいフェニックスオープン

毎年PGAツアー最大の観客数を記録する「ウェイスト・マネジメント・フェニックス・オープン」は、今年もこの1試合で日本ツアーの1年間の合計観客数の2倍を軽く超えるギャラリーが入場しました。

松山選手の相性のいい大会

この大会は松山選手の相性がいい大会ですが、3連覇がかかっていた昨年は、初日に痛めた左手の親指痛のために棄権しました。もう、あれから1年になるんですね。

2016 優勝
2017 優勝
2018 途中棄権

上位の成績と主な選手の結果

1  (−17)   R・ファウラー
2  (−15)   B・グレース
3  (−14)   J・トーマス
4T  (−12)   M・クーチャー
4T  (−12)   C・リービー
4T  (−12)   B・ワトソン
7T  (−11)   S・イム
7T  (−11)   C・ストラウド
7T  (−11)   G・ウッドランド
10T  (−10)   J・ラーム
10T  (−10)   X・シャウフェレ
10T  (−10)   R・ノックス
10T  (−10)   J・ベガス
10T  (−10)   H・バーナーⅢ
15T  (−9)   松山 英樹
20T  (−8)   W・シンプソン
55T  (−2)  B・スネデカー
67T  (+1)   C・チャンプ

予選落ち  P・ミケルソン

※クリックするとクラブセッティングがご覧になれます。

日本人選手は

日本からは松山選手と小平選手の2名が出場しまた。先週の「ファーマーズ・インシュランス・オープン」を3位タイでフィニッシュした好調な松山選手は15位タイ(−9)で、久しぶりに予選を通過した小平選手は72位(+4)で4日間を終えた。

まとめ

2018-19 PGAツアーの「ウェイスト・マネジメント・フェニックス・オープン」で優勝したのはリッキー・ファウラー(30歳)。これがPGAツアー今シーズン初優勝、通算5勝目となった。

松山英樹選手は15位タイ(−9)で4日間を終えた。

次週はカリフォルニア州で「AT&Tペブルビーチ・プロアマ」が開催されます。

 - 2018-19, PGAツアー, トーナメント結果