楽しい GOLF LIFE

ゴルフギアの口コミサイト「間違わないゴルフ用品選び」

アーノルド・パーマー招待の結果は?/PGAツアー2019

   

2019年3月7日〜10日にアメリカ・フロリダ州オーランドのベイヒルクラブ&ロッジで開催された米国男子ツアー「アーノルド・パーマー招待(Arnold Palmer Invitational)」で フランチェスコ・モリナリ(Francesco Molinari)(36歳)が最終日を−8(64)で回り、2位と2打差の通算−12で優勝しました。

2019シーズンからキャロウェイのギアで戦う F.モリナリは、これが今シーズン初優勝、PGAツアーでは通算3勝目となった。

F.モリナリの最新のクラブセッティングはこちら

アーノルド・パーマー招待

昨年優勝のマキロイは6位T、過去8度優勝のタイガーは首痛で欠場

昨年(2018年)の大会で優勝を飾った R・マキロイ は、優勝候補の1番手として期待されたが通算−8(6位T)に終わった。また、過去にこの大会を8回優勝している T・ウッズ は、首痛のために欠場しました。

D.ジョンソンJ.トーマスJ.ラーム は出場していません。

上位の成績と主な選手の結果

1   (−12)   F・モリナリ
2   (−10)   M・フィッツパトリック
3T  (−9)    S・イム
3T  (−9)    T・フリートウッド
3T  (−9)    R・カブレラベロ
6T  (−8)    M・ウォレス
6T  (−8)    K・ミッチェル
6T  (−8)    S・カン
6T  (−8)    R・マキロイ
10T  (−7)    A・ロング
10T  (−7)    B・アン
10T  (−7)    L・グラバー
10T  (−7)    J・コクラック
10T  (−7)    L・リスト
15T  (−6)    C・カーク
15T  (−6)    C・ハウエルⅢ
17T  (−5)    B・ワトソン

23T  (−4)    I・ポールター
33T  (−2)    松山英樹
40T  (−1)    R・ファウラー
46T  (±0)    B・デシャンボー
50T  (+1)    P・リード
50T  (+1)    B・スネデカー
63T  (+5)    J・ローズ

予選落ち     P・ミケルソンB・ケプカC・チャンプ
棄権           J・デイ

※クリックするとクラブセッティングがご覧になれます。

日本人選手は

日本からは松山選手(33位T/−2)のみが出場。体調がすぐれない中でしっかりと予選を通過するあたりは流石です。今後が楽しみですね。

まとめ

2018-19 PGAツアーの「アーノルド・パーマー招待」で優勝したのは F・モリナリ (36歳)。これが PGAツアー3度目の優勝となった。

松山英樹選手は33位タイ(−2)で4日間を終えた。

次週もフロリダで「ザ・プレーヤーズ・チャンピオンシップ」が開催されます。タイガーも松山選手も出場予定です。

 - 2018-19, PGAツアー, トーナメント結果