楽しい GOLF LIFE

ゴルフギアの口コミサイト「間違わないゴルフ用品選び」

CJカップは J・トーマス が2度目の優勝/PGAツアー2019-20

   

2019年10月17日(木)〜20日(日)に韓国 済州島のナインブリッジで開催された米国男子ツアーの CJカップ@ナインブリッジ(THE CJ CUP @ NINE BRIDGES)で、ジャスティン・トーマス(Justin Thomas)(アメリカ・26歳)が最終日を−5(67)で回り、2位のD・リーと2打差の通算−20で優勝しました。

タイトリストのギアで戦うJ.トーマスは、この大会2年ぶり2度目の優勝、PGAツアー通算11回目の優勝となった。

J・トーマスの最新のクラブセッティングはこちら

アジアシリーズ第1戦

PGAツアー2019-20シーズンの第6戦となる「CJカップ(韓国)」は、計3試合あるアジアシリーズの第1戦。翌週の日本、翌々週の中国へと続きます。

この大会には、昨シーズンのフェデックスカップ・ポイントランキングが60位以内の選手と、加えて主に韓国人選手に与えられる様々な出場枠がある。合計78人の招待選手のみの出場で、予選カットはありません。

松山選手は

日本からは松山選手のみが出場。最終日に−7(65)のビッグスコアをマークして通算−15(3位タイ)で4日間を終えました。

上位の成績と主な選手の結果

1      (−20)     J・トーマス
2      (−18)     D・リー
3T    (−15)     松山 英樹
3T    (−15)     G・ウッドランド
3T    (−15)     C・スミス
6T    (−13)     T・ハットン
6T    (−13)     B・アン
8T    (−12)     R・ムーア
8T    (−12)     K・アフィバーンラト
8T    (−12)     J・スピース
8T    (−12)     W・クラーク
12T   (−11)     C・コナーズ
12T   (−11)     R・パーマー
12T   (−11)     J・ニーマン
12T   (−11)     K・ストリールマン

20T   (−9)     K・ナ
20T   (−9)     C・ハウエルⅢ
31T   (−7)     P・ミケルソン
31T   (−7)     J・デイ
43T   (−4)     M・リーシュマン
74    (+11)    M・ウルフ

棄権

B・ケプカ

※選手名をクリックするとクラブセッティングがご覧になれます。

まとめ

ザ・CJカップ@ナインブリッジ(2019-20) で優勝したのはジャスティン・トーマス(Justin Thomas)(アメリカ・26歳)。これがPGAツアー11勝目となった。松山選手は3位タイでした。

次週は日本の習志野CCで「ZOZOチャンピオンシップ」が開催されます。

 - 2019-20, PGAツアー, トーナメント結果