楽しい GOLF LIFE

ゴルフギアの口コミサイト。間違わないゴルフ用品選びで飛距離アップ、スコアアップ。ライバルに差をつけてゴルフをエンジョイしましょう。

プロギア RS ウェッジ (2018) の試打&評価/抜けの良さにビックリ!

   

PRGR プロギア RS ウエッジ 2018年モデル を試打しました。どんなクラブなのか評価と感想をレビューします。

試打クラブ
【ロフト/バウンス】
・50°/ 6°
・56°/10°
【シャフト】
・ダイナミックゴールド 105 (S200)

「プロギア RS ウエッジ (2018)」のロフトバリエーションは、48°、50°、52°、56°、58°  の5種類ある。外観はシルバーの1色のみ。

PRGR RS シリーズ(2018年モデル)

PRGR RS シリーズ(2018年モデル)の試打を順番にレビューしましたが、今回が最後になります。この2018年モデルのRSシリーズは、フルラインナップで同時にリリースされました。レビューは下記をクリックして下さい。

RS ドライバー、RS F ドライバー
RS フェアウェイウッド
RS ユーティリティ
RS アイアン、RS FORGED アイアン

どのクラブも、真剣にゴルフに取り組むアマチュアゴルファーを 存分に満足させる優れた商品でした。

そして、今回最後にレビューする「RS ウェッジ」が、これまた素晴らしい! そこまで期待してなかったので、驚きました。

これら全てのクラブをじっくり試打した感想は、このRSシリーズで全13本(パター以外)をセッティングしてみたいと、マジで考えています。それぐらい好感が持てるクラブですよ。

構えてみると

56°

構えてみると、ストレートネックのミッドサイズ。出っ歯じゃないすっきりしたデザインで、まっすぐに構えやすい。

↑56°を構えると、開きやすい顔なので、アスリートにも好まれそう。フェース面がなぜか寸法以上に大きく見え、構えた時に安心感があります。素晴らしい顔です。

50°

↑50°を構えると、100ヤード以上先のピンにピタッと付けられそうなイメージが湧いてくるし、ピッチエンドランでチップインを狙いたくなるようなスクエア感がある。構えやすさは最高の評価を付けたい。

ソールの形状に特徴がある

ソールを見ると、最近主流のワイド・ソールだが、それが「Wデザイン設計」になっている。ソールの中心部分はワイドで、トゥ側とヒール側は薄くなっている。やさしく拾えて、開きやすくて抜けがいいのが特徴です。

試打の評価は

50°でフルショットを打ってみると、よく拾って、よくつかまってくれる。フェースのセンターから少し低めにヒットしても、弾道が変わらずミスにならない。少々打点がブレても、ピンを刺してくれます。インパクトでソールがよく抜けてくれるので、ヘッドが減速せずに走ってくれる。なんとも気持ちいい感触です。

打感も素晴らしい。ボールを包み込むような軟鉄鍛造ならではの柔らかい打感が手に伝わってきます。

普段私が自分のウェッジで50°を打つと、飛距離が105〜110ヤードですが、この「RS ウェッジ」は、110ヤードに揃ってくれます。少し薄めにヒットしても、同じ距離になるので、手前のバンカーを気にせずにギリギリの距離でもピンを狙っていけそう。

56°でアプローチショットを打つと、70ヤード、50ヤード と、イメージ通りに距離がぴったり合ってくれます。グリーン周りのアプローチも、抜けが良くてヘッドの動きがスムーズ。スピンがかかってピタッと寄ってくれる。。。SWはバウンス角が大きいので、ソールが突っかかって縦距離のミスを誘発することがあるが、これは、ソールの抵抗を感じない。これが「W デザイン設計」の効果なのか、気持ち良くアプローチが打てますよ。

プロギア RS シリーズのドライバーは、強烈な飛距離性能で、毎回発売後はしばらく品薄状態になるし、アイアンも格好良くて打ちやすい。ウエッジはそこまで期待してなかったが、これは、単品で今すぐにでも購入したいと思った。。かなり良い商品です。。。

バンカーの印象は

56°をバンカーで打ってみると、ソールの中心部分のワイドソールが砂に潜らないように抵抗してくれるし、ヒール側の薄いソールがサクッと抜けてくれる。見事に設計通りの効果が体感できます。そして、砂の抵抗が手に伝わってくるので、距離感もつかみやすい。

バンカーショットは、ヒール側のバウンスが砂に突っかかって、砂の抵抗でフェースが開いてボールが右に出ることがあります。抜けが悪くて距離が出ないことがあります。でも、このソール形状「W デザイン設計」は、ソールが邪魔をするようなミスにはなりません。

スピン量はまずまず。抜けがいいので、遠いバンカーでも距離が出しやすい。バンカーが苦手なゴルファーに試してほしいです。

契約プロが使用している

プロギアの用具使用契約プロは同社のウェッジを使用している。契約内容に、そのような縛りがあるのか、定かではないが、一流プロはパターとウェッジは別メーカーも使用可という契約が多い。よって、タイトリスト ボーケイSM7 ウエッジ など別メーカーを使うプロが多い。プロギアはプロを満足させるウェッジを常に送り出しているのかもしれません。

ウエッジはタイトリストやフォーティーンから選ぶだけじゃなく、プロギアも選択肢に入れてみてはいかがでしょうか。この「RS ウェッジ」は、素晴らしいウエッジです。

シャフトは

シャフトは1種類のオリジナルカーボンの「Diamana for PRGR(FOR WEDGE)」と、3種類のスチールシャフト「スペックスチールⅢ Ver,2(FOR WEDGE)」「ダイナミックゴールド 120(S200)」「ダイナミックゴールド 105(S200)」が標準で用意されています。

シャフトのバリエーションが豊富で、幅広いゴルファーに対応していますね。3種類のスチールシャフトを用意している体制から、プロギアのウェッジに対する本気度を感じます。

プロギア RS ウエッジ が安く購入できる。

まとめ

PRGR プロギア RS ウエッジ (2018年モデル) は、打感が良くて、抜けが良くて、ミスに強い。やさしく寄せられる本格的なウェッジです。

・構えやすい
・「Wデザイン設計」のソールが効果的
・抜けがいい
・柔らかい打感
・距離が合いやすい
・バンカーがやさしい

試打した最初の2〜3球で欲しくなりました。こりゃ、素晴らしい。。。

飛距離 5
構えやすさ 5
デザイン 4.5
打ちやすさ 5
操作性 4.5
打感 5

 - PRGR, ウエッジ