楽しい GOLF LIFE

ゴルフギアの口コミサイト。間違わないゴルフ用品選びで飛距離アップ、スコアアップ。ライバルに差をつけてゴルフをエンジョイしましょう。

PRGR Q (プロギア キュー) が窮地を救ってくれる理由とは・試打&評価

      2018/05/08

PRGR Q(キュー) を試打しました。アマチュアゴルファーの窮地を救う新発想のクラブは本当に打ちやすいのか、評価と感想をレビューします。

試打クラブ
【番手】
・Q23 (9番ウッド相当)
・Q28 (6番アイアン相当)
【シャフト】
Qオリジナルカーボン(REG スペック)

Q23 (9番ウッド相当)

この「Q」を手にすると、誰かがどこかで救われる。。。そんな魔法の杖のようなフェアウェイウッド&ユーティリティが新しくデビューしました。

結論から言っちゃいますと、、、これは本当にあらゆる悪いライから打ちやすい不思議なクラブでした。その理由をじっくりレビューしますね。

Q28 (6番アイアン相当)

ロフトバリエーションは4種類

プロギアQのロフトバリエーションは4種類あります。
・Q18 (5番ウッド相当)
・Q23 (9番ウッド相当)
・Q28 (6番アイアン相当)
・Q33 (8番アイアン相当)

ヘッドの素材と大きさが番手によって2種類に別れます。
Q18とQ23は
、チタン×ステンレスで、大きさは一般的なフェアウェイウッドです。
Q28とQ33は、マレージング鋼×ステンレスで、小さめのユーティリティって感じ。

9(キュウ)種のライの窮(キュウ)地から救ってくれるQ(キュー)

プロギアは、多くの新感覚のユーティリティを世の中に送り出してきた長い歴史があります。もう出尽くしたのかなって思っていたのに、またまた新しい提案がなされたのです。

今度の「Q(キュー)」は、アマチュアゴルファーがプレー中に遭遇する悪いライからのショットなどの窮地を救ってくれるフェアウェイウッドとユーティリティの融合です。

窮地から救ってくれるクラブ、、、地、きゅう地、Q地、、Qなんですね。

しかも、9つの場面で救ってくれる、、、きゅうQ、、Qなんですね。。。

・深いラフ
・傾斜地
・フェウェイバンカー
・ディボット
・雨の日
・ベアグランド
・池越え
・苦手なミドルアイアンの代わりに
・もちろんフェアウェイからも

こんな9種のライから「Q」を使えば、やさしくショットが打てるし、グリーンも狙っていける。そんなオールラウンド・ギアです。

「プロギア Q」を構えてみると

構えてみると、同じ「Q」でも、番手によってFWとUTの2種類あると思ってください。

Q23を構えると

Q23を構えてみると、これはフェアウェイウッドですね。投影面積が大きくて球が上がりそうな印象です。

ディープフェースのフェース面を見ると逆三角形になっていて、地面との接地面積を減らした「オールラウンド・ソール形状」を採用しています。いろんなライからミートしやすそうな安心感はありますが、地面にピタッと貼りつくような顔じゃないからフェアウェイのフラットなライから打てるのかなぁ。。。

ヒール気味でヒットするとチョロしちゃうんじゃないかなぁ、、、少し不安な感じがする。。。

クラウンのセンターマークとソールのQの中がオレンジ色で塗られているのがFW系です。

Q28を構えると

Q28を構えてみると、これはユーティリティですね。投影面積が小さくてグースネックで球がつかまりそうな印象です。アイアンからの流れで構えやすい。

フェース面は、Q23と同じく逆三角形の「オールラウンド・ソール形状」を採用しています。ライが悪くても打ちやすそうに見えます。いろんな小細工が出来そうで、お助けクラブになってくれる安心感があります。Q23みたいにチョロするような不安な感じはしません。

クラウンのセンターマークとソールのQの中が緑色で塗られているのがUT系です。

「プロギア Q」の試打の評価は

FW系の「Q23」と、UT系の「Q28」をそれぞれしっかりと試打しました。その評価は、、、

FWっぽい「Q23」から打ってみると、

まずは、FWっぽい「Q23」から打ってみると、薄めにヒットしてもよく拾ってくれるし、めっちゃミートしやすい! そしてフェースに当たれば、軽い打感で大きく弾き返してくれます。センターとオフセンターでは打感が全然違うけど、球筋はほとんど変わらない。。。

とにかくどこに当たっても低スピンの高弾道で真っ直ぐ真っ直ぐ飛んでくれますよ。

メーカーの説明では”9番ウッド相当”の「Q23」だが、飛距離は7番ウッドぐらい飛んでます。9番ウッドよりも明らかに打ちやすい。

これほど打ちやすいFWは記憶にない。不思議だ。。。

でも打ちやすいのは当たり前で、、、

ヘッドがフェアウェイウッド並みの大きさだけど、シャフト長がユーティリティの4番ぐらいと同じなので打ちやすい。これは不思議と言うより、必然的に打ちやすくなっているのです。この長さの(短さの)フェアウェイウッドは世の中に存在しないんじゃないかなぁ。目からウロコが落ちました。。

シャフトが短いのに、飛距離性能のネガを感じないのは不思議です。。よく飛びますよ。

平坦なライでは??

構えた時の懸念どおりで、平坦なライでヒール気味にヒットすると、「オールラウンド・ソール形状」のデメリットが顔を出してくる、、、センターからほんの少しだけヒール寄りの打点なのに、大きなミスをしたような打感になります。逆三角形の泣き所かなぁ。。。

ところが、打感が悪いのにミスにならずにちゃんと真っ直ぐに飛んでくれる。これは、ちょっとコツがありまして、、少しダフリ気味に打つと、ヒール気味でも分厚い打感になります。ダフリ気味でも地面の抵抗が少ないから失速しないので心配は、いりません。ダフリのミスが出やすいゴルファーは、そのままナイスショットになりそう。

ライが悪い時は??

っていうことは、、、ライが悪い時にはこのソール形状が圧倒的な効果を発揮すると予測できます。かなり抜けがいいので、深いラフ、ディボット、濡れた芝、フェアウェイバンカー、前上がり、、、きっとこんな場面で楽チンショットが打てるでしょう。

そして、トップしても球が上がるしダフっても失速しないので、池越えなんて怖くないと思います。
プロギア Q キュー(Q18,Q23 )が、安く購入できる。しかも合わなかったら9割保証で。

UTっぽい「Q28」を打ってみると、

次にUTっぽい「Q28」を打ってみると、ややスピン量が多めの中高弾道でラインが出しやすい。ショートアイアン並みに打ちやすいです。メーカーの説明ではこの「Q28」は6番アイアン相当のクラブだけど、飛距離は5番アイアンぐらい。しかもミスってもしっかりとキャリーが出てくれます。

ほどよいヘッドのターンがしっかりとボールをつかまえて、多めのスピン量で狙い通りに飛んでくれます。6番アイアンの球筋よりも強くて、風に負けない弾道です。オフセンターでも左右にブレにくいから、軽くミートすればグリーンに乗っちゃう感じがする。。

5番アイアンや6番アイアンが問題なく打てるのであれば、買う必要はないけど、ミスに寛容なのはアイアンと比較にならないですよ。

これは楽です。一般的なユーティリティよりもしっかりとつかまってくれるし、球がよく上ります。

お助けクラブになります

これなら、林の中のベアグランドから手打ちでヒョイと出したり、前上がりがキツい傾斜からグリーンを狙ったり、春先の砂がいっぱいのフェアウェイからでも、ちょっとアゴが高いフェアウェイバンカーからでも、困った時のお助けクラブになります。

アイアンとはレベルが違うショットが打てますね。

平坦なライでは??

UTっぽい「Q28」と「Q33」は、平坦なライで打っても「オールラウンド・ソール形状」のデメリットは感じません。フェアウェイのど真ん中からミドルアイアンでグリーンに乗らない心配があるなら、こらがビシッと乗せてくれます。マジで打ちやすい。。。
プロギア Q キュー(Q28,Q33 )が、安く購入できる。打って合わなかったら、9割保証で。

どんな使い方がいいのか

私なら、とりあえずどれか1本購入して、ライが悪い時のお助けクラブとして使います。

どのクラブの代わりにするのか、、

アイアンが苦手なら、残り距離が5〜6番アイアンの時に「Q28」を、7〜8番アイアンの時に「Q33」を使います。どれくらい飛ぶのか距離が把握できるまでは、アイアンの本数を減らさずに FW か UT を1本抜いて、アイアンと重複させた方がいいと思います。

フェアウェイウッドが苦手なゴルファーは、3W、5W の代わりに「Q18」を、7W、9W の代わりに「Q23」を入れると効果的です。これはそのまま入れ替える形になります。

何しろこの”短いシャフト”と”ヘッドの形状”が過去にない打ちやすさを約束してくれるのです。

かなりゴルフが変わりますよ。

シャフトは1種類だがなかなかいい

シャフトは「Q(キュー)」専用のオリジナルカーボンシャフトの2種類のフレックス「REG」と「LIGHT」から選択することになります。中央部分から先にかけて速くしなり速く戻るので、振り遅れになりにくいシャフトです。ねじれが少ないからフェース面が安定してくれるし、つかまり過ぎる気持ち悪さもなくてタイミングが取りやすい。

「REG」フレックスは、ヘッドスピードを上げて振っても、遅くして振ってもミート出来ちゃいますよ。なんとも不思議なシャフトです。ヘッドスピードが遅い人から、45m/sぐらいまでの広範囲のゴルファーに適合しそう。

価格は2段階ある

価格は2種類あり、チタンボディのFW系がちょっと高い設定になっています。

FW系の「Q18」と「Q23」は35,000(税抜)
UT系の「Q28」と「Q33」は30,000(税抜)

この価格は、このパフォーマンスを考えると、お値打ちな設定だと思います。

まとめ

PRGR Q(プロギア キュー) は、悪いライから窮地を救ってくれる不思議なクラブです。FW系とUT系からベストな1本を選べば、やさしいショットでスコアアップを実現。誰もがどこかで救われる。

・悪いライから打ちやすいソール形状
・フェアウェイウッドの代わりに
・ミドルアイアンの代わりに
・よく拾う
・芯を外しても飛ぶ
・ダフリもトップも怖くない

ゴルフは、必ずアンラッキーな場面に遭遇します。そんな時にも助けてくれるクラブですよ。

飛距離 4.5
構えやすさ 4.5
デザイン 4
打ちやすさ 5+
操作性  4
打感 4

ご存知ですか?
Yahoo!ショッピングでお得にお買い物するなら
Yahoo! JAPAN カードが絶対おすすめ!

 - PRGR, ユーティリティ