楽しい GOLF LIFE

ゴルフギアの口コミサイト「間違わないゴルフ用品選び」

PING ピン G400 シリーズ が待ち遠しい!

      2018/09/08

各クラブメーカーが発売した2017年モデルはドライバーもアイアンも例年以上にレベルが高く、まだまだ進化は止まらないことを再確認しました。

そんな2017年モデルに目移りしてる間に、早くもまたニューモデルのシーズンがやってきた。間もなく秋から2018年モデルのリリースが続々と始まります。

ツアープロがシーズン途中で投入するクラブは

すでに2018年のニューモデルをツアーに投入して戦っているツアープロがいます。早くもピンやブリジストンやタイトリストの新作をトーナメントで使用し始めているみたいだが、発売前にもかかわらず契約プロの大半がシーズン途中から新作に切り替えるクラブは、間違いなく優れたモデルであると推測できます。しかも投入後すぐにトーナメントで良い結果を残すとかなりの説得力があります。オフにクラブの調整をしながらじっくり練習をしてきたはずなのに、ニューモデルですぐに結果を出すというのは「このクラブは前モデルよりいい」という証明になりますね。

ピン G400 シリーズ

そんな2018年モデルの中で、今一番注目したいのが「PING G400 シリーズ」のドライバーです。今度のモデルも前モデルと同様に、「G400 ドライバー」、「G400 SF テック ドライバー」、「G 400LS テック ドライバー」の3種類のヘッドがあります。ヘッドのサイズは全て445ccと小ぶりになったのに慣性モーメントが高くなった事と、新素材の高反発フェースとさらなる空気抵抗で、飛距離アップが実現した事が特徴のようです。簡単に言えば、飛んで曲がらない小ぶりのドライバーに生まれ変わったようです。

国内男子ツアーのドライビング・ディスタンス No.1のチャン・キム選手は、「長嶋茂雄 INVITATIONALセガサミーカップ」で「G 400LS テック ドライバー」を使用して今季2勝目をマークしました。いや〜、テレビ中継で観た圧倒的な飛距離には驚きました。。。用具使用契約がフリーの宮里優作選手も前モデルの「ピン G ドライバー」から切り替えたようです。USPGAでも、バッバ・ワトソン、ダニエル・サマーヘイズ、アーロン・バッデリー、アンヘル・カブレラ、ハンター・メイハン、デイビッド・リングマース、、、、ほとんどのトッププロが実戦投入済みです。鈴木 愛 選手もそろそろ投入するのかな、、、、

前モデル同様のフルラインナップ

「G400 シリーズ」は、前モデルと同じようにドライバーに3タイプ、フェアウェイウッドに3タイプ、ハイブリッド、クロスオーバー、アイアン と、フルラインナップされます。ドライバーも素晴らしいが、Gシリーズは全部見逃せない。前モデルの「Gアイアン」は素晴らしかっただけに、これ以上の伸びシロがあるのか「G4OO アイアン」も楽しみです。

ピンは見逃せない

もともと素晴らしかったPINGの商品の魅力が、ここ数年でさらに熟して来たように思います。2017年は、i BLADE アイアンi200 アイアン に驚かされました。今度の「G400シリーズ」も期待が膨らみます。待ちきれない、、、、

近日中に試打の評価と感想をレビューします。少々お待ちを。。。

 - GOLF GEAR, PING, ドライバー ,