楽しい GOLF LIFE

ゴルフギアの口コミサイト。間違わないゴルフ用品選びで飛距離アップ、スコアアップ。ライバルに差をつけてゴルフをエンジョイしましょう。

PING ピン G400 STRETCH3 フェアウェイウッドの試打&評価

      2018/08/07

ピン G400 STRETCH3 FW (ストレッチ3 フェアウェイウッド) を試打しました。どんなクラブなのか評価と感想をレビューします。

試打クラブ
【番手】
3番(13°)
【シャフト】
・PING TOUR 173-65(S)(オリジナルカーボンシャフト)
・ATTAS CoooL 6(S)
・Speeder 661EVOLUTION Ⅳ(S)

番手のバリエーションは1種類で、3番(13°)のみの設定。ロフト角はスタンダードタイプの3番よりも1.5°ストロングな設定となる。

重心位置とロフト角が違う3タイプ

前作と同じように3タイプのヘッド形状が存在する。

スタンダードタイプ
SF TEC(SFテック) 抜群のつかまりと上がりやすさで、ドローが打ちやすい。
③STRETCH3(ストレッチ3) ティーショットでも使いやすく、吹き上がりを抑えた強弾道で飛ばすスプーン。

3タイプとも試打しましたが、今回は ③STRETCH3(ストレッチ3) を詳しくレビューします。

ドライビング・スプーン

アスリート系のモデルには、ドライビング・スプーンとかドライビングFWなどと呼ばれる存在がある。通常の3Wのロフト角は15°ぐらいだが、13°前後の吹き上がりを抑えたスプーンが設定されている。

フェアウェイウッドは球が上がりやすく設計されているので、ある程度ヘッドスピードが速いと、3Wでも上がりすぎることがある。高弾道が持ち球のゴルファーは風に負けないショットを打ちづらいものです。ティーショットで使うとなると、スピンコントロールが上手くできないと不安になります。私の持ち球もかなり高弾道なので、風が強い日のフェアウェイウッドはイヤ〜な予感が、、、でも、ドライビング・スプーンがあれば安心できるのです。

タイトリスト 917 F3」は、その中の代表的なモデルです。「スリクソン Z F65 フェアウェイウッド」「ブリヂストン TOUR B XD-F」には 3+という番手がある。「オノフ フェアウェイ アームズ KURO」の3Wは15°だが、ドライビング・スプーンの要素を備えている。

構えてみると

構えてみると3案弟の中で一番大きいヘッドが、地面に吸い付いているかのようにペッタンコに見える。ロフトが13°なのに、この低くて薄い形状がボールを持ち上げてくれそうで、球が上がらない不安がない。

つや消しブラックのクラウン部に空気抵抗対策の凸凹があるが、シリーズ共通の造形です。それがボールにフォーカスしやすくて構えやすい。直ドラ(ジカドラ)みたいな強弾道が、楽に打てそうなイメージが湧く。

打ってみると

最初にマットに置いて打ってみると、よく拾ってよくつかまって力強い中弾道のストレーボールで大きなキャリーになり、落ちてからのランもかなり出る。13度なのに弾道の高さは一般のアスリートモデルの3Wと同じレベルです。

もともとスタンダードタイプが高弾道なので、これでちょうど普通の高さといった感じです。13°というロフトなので上がらないのではと先入観があったが、気持ち良くつかまって前へ前へと飛んで行きます。無理につかまえようとせず、左足下がりのライから低い球を打つような感じで低いフォロースルーを出すと、強烈な弾道で230ヤードの先のネットに突き刺さります。飛距離性能はかなりのもの。

フェースのターンは控えめでスクエアを維持したまま長いインパクトゾーンを作ってくれる。出球の方向性がいいので狭いホールでも正確なショットが打てそう。打感はスタンダードタイプよりもさらに分厚い打感になる。オフセンターでヒットしてもちゃんと球が上がるし、方向もブレない。

ティーアップして打ってみると、中高弾道の低スピンのストレートボールでぶっ飛びます。地面すれすれの低いティーアップでドライバーよりコンパクトに振ると、より安定するし、十分な飛距離になる。

カット軌道で振ると低いフェードになるし、ドローボールも打ちやすい。このドライビング・スプーンがあれば、狭いホールが、全部コレになりそうです。ドライバーショットは飛距離に集中できる。

G400 フェアウェイウッド の3兄弟は見た目が変わらないのに、打つと全く違う球筋になる。打ち方を変える必要もなければ、セットアップを変える必要もない。ヘッドの機能がそのまま球筋にそのまま現れる。しかも全部楽チンです。この3種類の中から、自分の求めるフェアウェイウッドが必ず見つかります。

シャフトは

オリジナルカーボンシャフトが3種類ある。ヘッドの性質上、50台を選びたいゴルファーにはこのクラブはキツイかも。60g台の「PING TOUR 173-65」は、しっかりしたシャフトだが、よくつかまり振り抜きやすい。オリジナルシャフトとしてはかなり性能がいい。(S)でヘッドスピードが43〜46m/sぐらい。ハードヒッターには70g台の「PING TOUR 173-75」 もある。

その他、Speeder 661EVOLUTION Ⅳ、ATTAS CoooL 6 がチョイスできる。

ATTAS CoooL 6 はスピーダー661エボ3 に似た感じで、先がよく走り、しよくつかまる。これはなかなかいいシャフトです。Speeder 661EVOLUTION Ⅳ は、エボ1、エボ2、エボ3 とは一変、中調子のシャフトでかなり打ちやすい。この秋イチオシのニューシャフトです。
ピン G400 STRETCH3 フェアウェイウッド が、安く購入できる。しかも合わなかったら9割保証で。

まとめ

ピン G400 ストレッチ3 フェアウェイウッド は、ティーアップすると狭いホールが安心できる。フェアウェイからもよく拾ってくれる。13度のロフトなのに楽に打てる。

・ブレない
・よく拾う
・よくつかまる
・超強弾道
・フェアウェイからも打ちやすい
・方向性がいい
・安定した飛距離

本当に打ちやすい。アゲンストでも気にならない。センターで捉えやすいし、飛距離も、方向性も安定する。こんなに打ちやすい13°のスプーンなかなか無い。

【総合評価 8.7】
飛距離  10
やさしさ  9
弾道の高さ  8
つかまり  8
構えやすさ  8
操作性 9
打感 8

 - PING, フェアウェイウッド