楽しい GOLF LIFE

間違わないゴルフ用品選びで飛距離アップ、スコアアップ。ライバルに差をつけてゴルフをエンジョイしましょう。

PING ピン G400 CROSSOVER(クロスオーバー)の試打&評価

      2018/04/15

ピン G400 CROSSOVER(クロスオーバー) を試打しました。どんなクラブなのか評価と感想をレビューします。

試打クラブ
【番手・ロフト角】
4番・22°
【シャフト】
・ALTA J CB(S)(オリジナルカーボンシャフト)
・PING TOUR 173-TOUR 85(S)(オリジナルカーボンシャフト)
・AWT 2.0 LITE(S)

ピン G400 シリーズのユーティリティには、このアイアン型の「G400 クロスオーバー」と、ウッド型の「G400 ハイブリッド」の2種類ある。「G 400 クロスオーバー」の番手は3種類(U3〜U5)ある。

アイアン型ユーティリティが人気です

最近のウッド型ユーティリティは、ずいぶん球が上がりやすくなった。ヘッドも以前に比べると大型化され、ヘッドだけ見るとフェアウェイウッドと見分けがつかないモデルもある。元来ユーティリティはハイブリッドと呼ばれるように、アイアンとウッドのいいとこ取りのクラブだったが、年々ウッド寄りの位置付けになってきたように思う。シャフトの長さがアイアンに近いだけで、性能はほとんど変わらない。

でもいいことばかりじゃない。大型ヘッドはアイアンからの流れで打ちにくいし、ロフトが大きい番手は、引っかかりや吹け上がりが気になる。一方アイアンは、ますますロフトがストロング化され、5番アイアンのロフトが20度台前半の設定が増えてきた。7番アイアンぐらいまではよく飛ぶし打ちやすいが、ストロングロフトの5番アイアンは簡単なクラブではない。そうなると、ウッド型ユーティリティとアイアンの中間に位置するアイアン型ユーティリティが実に便利で役に立つ。最近はフェアウェイウッド、ウッド型ユーティリティ、アイアン型ユーティリティ、アイアンという組み合わせが主流になってきた。どのメーカーも出すクラブが必ずヒットする状況です。

 構えてみると

構えてみると、面長でグースネックの顔がつかまってくれそうな安心感を与えてくれる。前モデルは、タラコっぽい形で、これぞユーティリティといった外観だったが、これは「i200アイアン」や 「i BLADE アイアン」の流れを踏んだデザインがカッコイイ。 アイアンと番手選びで迷っても、すんなりと構えられる。最近はこのような「やさしいロングアイアン」っていう感じのデザインが人気です。

打ってみると

打ってみると、弾道の高さに驚きです。よくつかまり、よく拾い、高弾道のドローボールで確実にキャリーが稼げる。打ち込まずに地面にソール滑らせるだけで、フェースの上にボールが乗り、フェース面全体が良くたわむ。その効果なのか、フェースをターンさせなくても良くつかまってくれる。薄めのヒットが高弾道になるから、ミスショットでもナイスオンって事になりそう。スライサーが、フケ球になりにくいです。手首をロックしたままボディターンでライン出ししても大きいキャリィーになる。このU4は間違いなく8番アイアンぐらいのやさしさがある。明らかに前モデルの「Gクロスオーバー」よりも球が上がりやすくなった

スピン量はやや多めです。大きくたわみながらスピンがかかってくれる、、、ちょっと未体験の感触で、やさしく飛ばせるロングアイアンっていう感じがする。飛距離性能は◎です。打感はかなり柔らかく薄めにヒットしても手が痺れない。オフセンターでも距離のロスが少ない。操作性を求めるよりも安定感の方が際立つクラブです。私が打つと、高弾道のドロー系の球筋に揃ってくれます。

試打を重ねると、ユーティリティかショートアイアンか分からなくなるぐらい打ちやすい。ユーティリティを試打してる事を忘れそうになります。。。見た目がアイアンっぽいからかもしれないが、これはアイアンの延長線上にある。本当にやさしいハイブリッドです。私イチオシの「i200アイアン」の6I〜PWと、このG400クロスオーバー のU5とU4を組み合わせて使いたい。。。

こちらのランキングも参考にしてください→2018年はこれで200ヤードが狙える!おすすめアイアン型ユーティリティ5選

シャフトは

2種類のオリジナルカーボンと2種類のスチールシャフトがカタログモデルだが、様々なカスタム仕様が用意されています。ALTA J CB(カーボン)は軽くてシャキッとして合わせやすく、よく飛ぶ。アイアンのシャフトがカーボンならスムーズに振り抜けるでしょう。PING TOUR 173-TOUR 85(カーボン)は芯がしっかりしてグニャグニャせず、粘りもあるし暴れない。お使いのアイアンのシャフトがN.S.PRO 950GH ならピッタリです。

スチールシャフトは、AWT 2.0 LITE MODUS3 TOUR 105N.S.PRO 950GH、などが流通されています。アイアンからの流れで打ちたいので、大幅な重量ダウンは避けたほうが打ちやすい。
ピン G400 クロスオーバー が、安く購入できる。しかも合わなかったら9割保証で。

まとめ

PING G400 クロスオーバー は、ショートアイアンのように、よく拾って高弾道。前モデルから大きく進化しました。見た目もカッコイイ!

・高弾道
・よく拾う
・よくたわむ
・つかまる
・安定感
・打ちやすい

このユーティリティは、アイアンからの流れで打ちやすい。違和感がないから、自然に打てる。マジでやさしいですよ。

飛距離 5
構えやすさ 4.5
デザイン 4.5
打ちやすさ 5
操作性  3.5
打感 4

 - PING, ユーティリティ