楽しい GOLF LIFE

ゴルフギアの口コミサイト「間違わないゴルフ用品選び」

スリクソン Z785 ドライバーの試打&評価/すぐに戦えるやさしさがある

      2018/09/12

スリクソン Z785 ドライバー を試打しました。どんなクラブなのか評価と感想をレビューします。

試打クラブ

DUNLOP SRIXON(ダンロップ スリクソン) Z785 ドライバー/2018年9月発売モデル
【ロフト】
9.5°
【シャフト】
・Miyazaki Mahana (S)
・Miyazaki MIZU 6 (S)(X)
・Miyazaki MIZU 7 (S)
・Speeder 661 EVOLUTION Ⅴ (S)

何もかもが新しくなったスリクソンのドライバー

ゼロから設計を見直して新しく生まれ変わったスリクソンのドライバーは「ZERO SRIXON」というキャッチコピーが、とっても印象的です。

ゼクシオ10」と同じカップフェースを採用したり、クラウン素材をカーボンにしたり、構造も、素材も、やさしさも一変して、そのターゲット層は幅広くなりました。

アスリート・ゴルファー

エンジョイ・ゴルファーからトッププロまで

こんな感じになったのかな。確かに幅広い!

結論から言っちゃうと、これ、メッチャやさしいですよ。これまでの「スリクソン=アスリートオンリー」っていうイメージはリセットしてください。

2タイプ同時にリリースされたけど、どちらも素晴らしい出来ですよ。今回はちょっぴりアスリートっぽい位置付けの「Z785 ドライバー」です。これが夢に出そうなぐらい気に入ってしまったのです。

試打の最初の2〜3発で、すぐに欲しくなりました。。その詳細をじっくりクチコミします。。。

「Z585 ドライバー」の試打レポートはこちら↓
スリクソン Z585 ドライバー の試打&評価/誰もが打ちやすい

構えてみると

構えてみると、クラウンのカーボン素材がくっきり。前モデルの「Z765 ドライバー」の真っ黒で難しそうな顔とは別物です。「生まれ変わったよー!」ってメーカーのささやきが聞こえてくるような、、これも演出なのかな。。

でも、フェース面にはバルジがあり、クラウンの盛り上がりも感じられ、ディープな造形です。引っ掛かったり、吹け上がったりするネガティブなイメージはありませんね。アスリート目線で言うと、最高に構えやすい顔です。

「Z785 ドライバー」はカチャカチャ付き

「Z785 ドライバー」はカチャカチャ付きなので、シャフト交換、ロフト、ライ角調整、などが可能。「Z585 ドライバー」には付いていません。カチャカチャ代なのかな、、5,000円(税抜)高くなります。

試打の評価は

【飛距離】

かなり飛距離性能が高くなった。振ったら振っただけ飛んでくれるような分厚さがあります。

なかなか飛んでます。中級者以上なら問題なく使いこなせるが、ハードヒッターの方がこのドライバーの飛距離性能を最大限に引き出せるかも。

【打感】

打感はかなり柔らかくて、しっとりとしています。カーボンコンポジットは概ね硬い打感がになるけど、まるでフルチタンのような味わい。そこにしっかりとした感触もある。これはお見事です。

【弾道】

理想的な低スピンの力強い中高弾道。意識しなくてもライナー性で糸を引くような風に負けない球が打ててしまう。気持ちいい球筋です。

【つかまり】

よくつかまります。つかまるっていう表現が誤解を招くかもしれないけど、ドローが打ちやすいとか、引っかかりやすいとかじゃなく、フェース面がしっかりとキャッチしてくれる感じ。ヘッドがターンしすぎないから、ぶっ叩いても左のミスは心配しなくて大丈夫です。

”よくつかまる”っていう表現は紛らわしいけど、、、ボールが横滑りしないから、右回転がかかりすぎるスライスボールになりにくい。コスった弱々しい弾道は出ませんでした。

つまり、つかまったフェードボールが打ちやすいのです。

【操作性】

操作性も素晴らしい。ドローはナチュラルにかかる。フェードは曲がりが少ないので、フェアウェイの幅の中で操作できそう。

【安定感】

このドライバーを手にしたら、最初からナイスショットでした。複数のシャフトを試したが、そのシャフトの違いを明確に分析できるぐらいの安定感があったのです。

ミスに強いのも特徴です。オフセンターでも左右の曲がり幅が変わらないし、飛距離のロスも少ない。まわりからは、ほとんど全部「ナイスショット!」と言われるけど、これはクラブの性能です。。。。

慣れる必要がないっていうか、すぐに競技で使っても不安がないっていうか、、、長い期間使い込んできたエースドライバーのような安心感がある。気になる箇所は1つも無かった。。本当にいいバランスです。

シャフトは

標準の在庫商品は「Miyazaki Mahana」と「Miyazaki MIZU 6」の2種類。

カスタムで各シャフトメーカーの新商品から選ぶことができるし、ミヤザキシャフトも計4タイプある。今回のミヤザキシャフトはレベルが高い。

「Miyazaki Mahana」は軽くてよくしなる感じ。あばれないけど、トルクが多めでソフト。(S)でヘッドスピードが40〜43m/sぐらい。非力なゴルファー向けって感じがする。このヘッドにはアンバランスかも。

「Miyazaki MIZU 6」はコシがあって、粘りがある。気に入りました。めっちゃ合わせやすいし、球がよく上がります。普段、スピーダー 661 エボリューション シリーズやTOUR AD の60g台の(S)を使ってるなら、(X)がちょうどいい感じがした。

さらに、Speeder 661 EVOLUTION Ⅴ(エボ5)を初試打したけど、先調子に戻った感じ。しかもエボ3よりも少し柔らかく感じた。よく飛んでました。

でも私は「Miyazaki MIZU 6」がオススメ。飛距離も一番だったし、やっぱり価格がお値打ちです。

スリクソン Z785 ドライバーが安く購入できる。しかも合わなかったら9割保証で。

オススメしたいゴルファーは

・左を気にせずに強い弾道が打ちたい。
・スライスやプッシュを減らしたい。
・ある程度フォームが固まっている。
・カチャカチャ付きが欲しい。

まとめ

スリクソン Z785 ドライバー は、見事に生まれ変わって、幅広い層におすすめしたい、やさしいドライバーになった。このやさしさで、強い弾道、操作性、打感、を犠牲にしなくてもいい。

・低スピン
・強弾道
・よくつかまる
・コスらない
・オフセンターでも曲がらない
・打感が柔らい
・やさしい
・オリジナルシャフトの「Miyazaki MIZU 6」が素晴らしい

アスリートが求めるドライバーを形にするとコレになった、、そんな出来栄えです。

SRIXON Z785 ドライバー
by カエレバ

【総合評価 9.0】
飛距離  9
やさしさ  9
弾道の高さ  9
つかまり  9
構えやすさ  9
操作性 9
打感 9

 - SRIXON, ドライバー